ABOAT 様よりサンプル提供頂いたUSB Type-C変換アダプタ付きマイクロUSBコードのレビューをさせて頂きたいと思います。

dsc00324

このアダプターはただのTYPE-C変換アダプターではなく、Type-Cアダプタに56kΩの抵抗(USB Type-Cケーブル給電規格の技術仕様により)を実装し、接続したデバイスが過電流しないように保護する機能を搭載したアダプターのようです。
56kレジスタを使用しないアダプターの場合、デバイスに3A以上の電流を送る可能性があるそうです。そうなるとどうなるか、デバイスが過電流で壊れます。怖いですねー。

逆に56kΩの抵抗を実装したことにより、nexus 5Xやnexus 6Pなどの3Aで充電して構わない機種の場合に、3Aで充電できません。
3A以上の電流を流したい場合には不向きという事になります。

dsc00338

アダプターのメス側はマイクロUSBコネクタ、オス側はTYPE-Cになっています。

更にこのアダプタはUSB On-The-Go(OTG)には対応していませんので、キーボードやマウスなどを接続させたい場合にも、このアダプタは利用できないので注意が必要。
充電とデータ転送は大丈夫なので、その用途でお使いください。

dsc00336

液晶が指紋でベタベタな上に、充電できているのがよく見えない写真になってしまいましたがw、問題なく充電しデバイスをPCでスマホの内部ストレージの認証もできました。
マイクロUSBを挿すメスの挿し口の径が少しシビアな為、挿す時に力が要ることと、同社が出している両側接続できるタイプのマイクロUSBは入らない感じだったけれども、通常のノーマルなマイクロUSBコードで使えないものはないと思います。
径がシビアな為、弾みで抜けたりの心配はなく、データ転送にも安心して利用できるので返っていいのではないかと思います。

マイクロUSBコードやアダプタは、何個あっても助かるものですので、線とアダプタがそれぞれ2つずつも入っていてこの価格はお安いのではないでしょうか。
アダプタは使いまわせるし、マイクロUSBコードをTYPE-Cとして変換利用できるという意味では、お買い得かなと思います。