格安SIMを利用する人が増えてきて、この機種にこのSIMは使えますか?という質問が出てきたので、3キャリア別のバンド(band)対応周波数帯域をまとめたいと思います。

3キャリアの対応BANDをまとめてみましたので、自分が使いたい格安SIMがドコモならば、下記にまとめたドコモのところに記載しているBANDが、使いたい機器に対応しているかを見れば、使用の可否がわかります。


3キャリア対応周波数BAND表

バンド 周波数 docomo AU softbank
BAND1 2.1GHz 通話・LTE・3G 通話・LTE・3G 通話・LTE・3G
BAND3 1.8GHz LTE LTE
BAND6 800MHz 通話・3G
BAND8 900MHz 通話・LTE・3G
BAND9 1.7GHz 3G 3G
BAND11 1.5GHz LTE・3G 通話・3G
BAND18 800MHz 通話・LTE
BAND19
(LTEはBAND6を内包)
800MHz 通話・LTE・3G
BAND21 1.5GHz LTE
BAND26
(BAND18を内包)
800MHz LTE
BAND28 700MHz LTE LTE LTE

ドコモのLTE・3GのBAND周波数は?

  • LTE:BAND1,BAND3,BAND19(BAND6を内包),BAND21,BAND28
  • 3G:BAND1,BAND6,BAND9,BAND19

ドコモはBand1とBand19はエリア対策用の周波数で、この2つを網羅するのであればだいたいストレスなく使えます。山間部などに強いBANDのfomaプラスエリアというのがあって、具体的には3GのBAND6という周波数になります。山の趣味がある人、プラスエリアが必要な人は3GのBAND6に対応があるかは結構大事。

Band21とBand3は速度対策用の周波数なのだけど、それぞれの対応エリアが、北海道・東北・四国・北陸など地方都市限定か、東名阪限定と比較的狭いのが難点。

プラチナバンドと呼ばれる、屋内環境などでも障害物を回り込んで強度の高いと言われる電波はBAND19(LTEのBAND6を内包)とBAND28です。

AUのLTE・3GのBAND周波数は?

  • LTE:BAND1,BAND11,BAND18,BAND26,BAND28
  • 3G:BAND1,BAND18,

AUは特殊で、Band1の2GHz帯または2.1GHz帯は都心部のみなので、ちょっと田舎に行くと電波を受信しませんので、Band1は使えるうちにカウントしないのが良いです。

AUは800MHzが主力なので、Band18かBAND26を使える機種を選ぶのが良いです。どちらか一方でも十分高速通信ができます。

プラチナバンドと呼ばれる、屋内環境などでも障害物を回り込んで強度の高いと言われる電波はBAND18,BAND26,BAND28です。

通話に関してはCDMA2000での対応と特殊になるので、AUの通話を利用したい場合はCDMA2000 BC0という表記があるかどうかをご確認ください。

softbankのLTE・3GのBAND周波数は?

  • LTE:BAND1,BAND3,BAND8,BAND28
  • 3G:BAND1,BAND8,BAND11

プラチナバンドと呼ばれる、屋内環境などでも障害物を回り込んで強度の高いと言われる電波はBAND8,BAND28です。

ソフトバンクのメインはBand1とBand3。

Y!mobileのLTE・3GのBAND周波数は?

  • LTE:BAND1,BAND3,BAND8,BAND28
  • 3G:BAND9

プラチナバンドと呼ばれる、屋内環境などでも障害物を回り込んで強度の高いと言われる電波はBAND8,BAND28です。

Y!mobileのメインはBand1とBand3になります。

Band別の周波数の違い

  • Band1 (2GHz帯または2.1GHz帯)
  • Band3 (1.8GHz帯)
  • Band6 (800MHz帯)
  • Band9 (1.7GHz帯)
  • Band11 (1.5GHz帯)
  • Band18 (800MHz帯,プラチナバンド)
  • Band19 (800MHz帯,Band6を内包する周波数)
  • Band21 (1.5Ghz帯)
  • Band26 (800MHz帯,Band18を内包)
  • Band28 (700MHz帯)

一般的に700~900MHz帯の周波数がプラチナバンドと言われる、障害物に強い電波になります。

Badnd1はソフトバンクやドコモのメインではあっても、AUではほとんど使えないので要注意。

Band19しか使えないwifiルーターでもBand6を内包している場合はしっかり800MHz帯のアンテナを掴むので使用可能な場合もあります。

周波数BANDに関するまとめ

各キャリアごとに対応するBANDが違うため、wifiルーターを選ぶ時に、このSIMは対応しているか?と悩んだ時は、上記BANDに対応しているかを考慮した上で選ぶと失敗がないです。

Y!mobileはほぼLTEはソフトバンク系という事もあって対応BANDは一緒なのですが、3Gが若干違いますので別に表記してみました。

もしAUをデータSIMではなく通話SIMにする場合、AUの通話は3Gを利用する為、3Gの方のBANDを対応しているかをご確認の上、機種選びをされてください。