EC Technology 様からサンプル提供頂いた、スポーツ用イヤーフック付きBluetoothイヤホンのレビューです。
イヤーフックが優秀で、ぴったり耳に固定できるので、ランニングなどで激しく動いても外れたりせず、快適に音楽を聴き続けることができると思います。
防水等級IPX4で、水の飛まつに対して保護されますので、プールやお風呂では使えそうにないですが、汗ぐらいは平気だと思います。

EC Technology 防滴IPX4 Blutoothスポーツイヤホンレビュー

防滴IPX4 Blutoothスポーツイヤホン バランスよく鳴るタイプ

主要スペック

  • 型番:S1041105
  • 充電時間:約1.5時間
  • 連続待ち受け:約100時間
  • 連続再生:6時間
  • 電池容量:3.7V/90mAh
  • 周波数:20Hz~20KHz
  • 敏感度:98± 3dB/1KHz
  • 重さ:20g
  • サイズ:50×50×28mm
  • 動作距離:10m

イヤーピースはS・M・Lのサイズがついています。
通常カナルのイヤーピースがなかなか合わない私ですが、優秀なイヤーフックのお蔭でフィット感が良く、どんなに動いても外れません。

当初Mでつけたら耳の奥に入りすぎて、圧迫感から耳が痛くなってしまったのですが、Lに替えて奥に入らないようにしたら、長時間聞いていても耳が痛くならないようになりました。
密着しすぎるイヤーフックのせいと思っていたけど、イヤーピースのせいでした。違和感を感じるならイヤーピースで調節すればOKかなと思います。
スポーツイヤホンは、イヤーピースにイヤーフックがついている物もありますが、これは別々なので、自由に自分の好きなイヤーピースに変更できるので自由度が高まります。

音は全体的にバランス良くなります。
低音が強めな物ばかりを使っていたので、初めは音がのっぺりに感じて良くない印象を受けたけど、しばらく聞いていたら印象が全く変わって、バランス良く色々な音がなっているのだなと思いました。
中音よりですが、忠実にそのままの音を鳴らしている気がします。音質は良いです。BGMとしてはこれぐらいの方が邪魔にならないかも。ホワイトノイズも少ないです。
Bluetooth接続は、高音質タイプのAPT-Xに対応です。

wifiを2.4GHzを利用しているスマホと接続してAmazonミュージックを聞いていたのですが、10分に1度ぐらいで接続が切れてしまいました。
これはスマホ側の問題かもしれませんが、途切れがひどい場合は、スマホ側のwifiを5GHzを利用するなどすると改善されます。

ノイズキャンセリング力は、価格の割には高いと思います。
カナル型というのもあると思いますが、ヒーリング系や作業用BGMをさほど大きくない音で聞いていても、背後の音があまり気になりません。

防滴IPX4 Blutoothスポーツイヤホン バランスよく鳴るタイプ

ペアリングの操作方法はとても簡単で、真中の資格のマークがついたボタンを、青と赤のLEDがチカチカするまで数十秒長押しして、スマホなどの接続機器に「S10400105」と出るので、それをタップして接続を許可するだけです。もしパスを聞かれたら「0000」です。
音量ボタンの「+」と「-」は長押しで音量の調節ができます。短押しの場合は曲送りになります。日本語の説明書がついているので、操作方法は詳しく書いてあります。

音楽を聴いている最中に着信を受けたら、通話着信モードに切り替わり、真中の■ボタンで着信に応答できます。■ボタンを2秒長押ししたら着信を拒否できます。■ボタンを2回押しするとリダイヤルできます。
マルチリモコンは全て本体についていて、コードには何も付いていない為、激しく動いても揺れたりすることもなく、イヤーフックでしっかり耳に固定されている為とても軽く感じます。

防滴IPX4 Blutoothスポーツイヤホン バランスよく鳴るタイプ

ここがちょっと分かりにくかったのですが、今オレンジっぽく光っているライト、これが青と赤にチカチカ光る部分です。本体に小さい穴ついてるけど、そこは光りませんので、こっちを探してみてください。
充電時に挿しこむマイクロUSBポートの真横にあります。マルチリモコンの真裏になります。

まとめ

価格の割には音も良いし、満足度は高いイヤホンになると思います。
が、低音よりのドンシャリな音が好きな人は気に入らないかなーという印象。低音好きな人は、同じぐらいの価格帯のワイヤレスイヤホン EC Technology Bluetooth スポーツイヤホンの方が良いと思います。
このイヤホンは作業BGMとして聴くには良いイヤホンですが、テンション上げていこうって時は、ドンシャリのが好きな私はそう思います。