この度、EC TECHNOLOGY社様から、iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホンの商品提供をして頂いたので、使用レビューを書かせて頂きたいと思います。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン 外観参考写真

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン イヤーピースの装着感レビュー

まずは開封の儀で、付属品の説明です。イヤホンと別に、マイクロUSBコードに、イヤーピースが数種と説明書がつきます。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン 付属品説明

イヤーピースは色々な種類があるのですが、残念ながら私の耳にはどれも合いませんでした。ちなみに、私はSONYのウォークマン純正とかも合わない特殊な耳の持ち主です。耳の穴が小さめで、左右の耳の穴の形も大きく違います。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン 付属イヤーピースの説明

こんなにたくさんの付属のイヤーピースがあり、耳にひっかけるスポーツタイプのやつとかもあるのですが、スポーツタイプは耳の穴に入れる部分が変えられず、それが小さいのだけど形が楕円で、私の耳にはあまりフィットせずに低音が潰されてました。

このイヤホンはイヤーピースをつける部分が私が持ってるイヤホンより太目です。私が持っている3種のイヤホンが全てSONYなので、標準より太めかどうかは判断しかねるのですが、この太さに加えて、付属のイヤーピースの付け根もSONYに比べて太目なので、耳の穴が小さい人はイヤーピースに不満を感じるかもしれない。

でもイヤーピースが合わないっていうのは、どんなに高いイヤホンを買ってもままあることなので、iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホンが特別悪いとかではないと思うし、これが合う人も居ると思う。合わない人はイヤーピースを替えればいいので、あまり気にすることはないかなと思います。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン 付属イヤーピース スポーツタイプ参考画像

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン付属のスポーツタイプのイヤーピースを付けたところ。

ちゃんと耳にはまるし、ひっかかりがあることで外れにくくはなるんですが、なんか違う感がある音になるので、これが合う人は羨ましい・・

ラニング用と書かれていますが、このイヤーピースの合う合わないで使えないと感じる人も居るかもしれない。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン 使用感レビュー

カラーは赤と黒と白とあって、私は派手なのが好きなのでビビットな赤にしたのですが、思った通り可愛いです。

外でイヤホンをして通話をしたりしてると、不審な目で見られがちなので、イヤホンしてまっせーとアピールできるように、なるべく派手な色を選ぶようにしていますw

上の写真のように、右と左のイヤホンの背面がマグネットで引っ付くようになっているので、きし麺みたいなコードのネックレスみたいにして首にかけておくことができるので、ちょっと耳から外した時とかはコードが絡まず便利です。

私はイヤホンには結構こだわりがあって、1万円以上のやつを平気でポンポン買うんですが、これは2,699円という値段からは想像できない良い音がして驚きました。

でもAmazonレビューみたら、結構評価が低かったので私の耳がポンコツなだけかもしれないけど、私はそんなに音が悪いとは思いません。このイヤホンに低評価つけてる人は、どのクラスのイヤホンと比べているのだろうかと疑問に思うほど、3千円以下のイヤホンとは思えない良い音です。それとも私が3千円イヤホンをなめすぎなのだろうか?w

正直クラシックを聞けば、1万円以上のイヤホンとの違いは明確に分かります。音に迫力がないというか、楽器の優しい音色とか、伸びやかな高音域なんかは弱い感じです。低音と中音はなる気がする。

私の好きなBIGBANや嵐などのあまりバラードではない音楽を、例えばお茶碗を洗いながらとか、洗濯物を干しながらで聞いてるだけだと、正直1万円以上のやつとの違いは明確には分かりません。

ゆっくり座って騒音の無いところで、じっくりバラードを聴きこむと分かりますが、ながらで聞く場合は、低音がしっかりキレイになるからか、マジ?これ良い音くない?ってな感じです。つまりはそれなりの音で楽しめる方にはコスパの良いイヤホンになります。

一つ明確な欠点があって、このイヤホンつけた時、耳がバカな私でも分かる違和感がありました。その違和感の理由は、イヤホンの左右が逆になっていたからでした。

正直左右が違うぐらいでこんな違和感あるとは思わなかったけど、いつも聞いてる音楽だったら違和感半端ないです。なんか聴きづらい音に感じるという人が居るなら、それはLとRを逆にしてつけることで解決します。

あと、ボリューム1の音量が通常より大きめなので、かなり絞った小さい音で聞きたい人はちょっと不満に思うかもしれないなと思います。

友達に協力してもらって、スカイプ通話で通話品質をチェックしてみたのですが、私の2万越えのBluetoothイヤホンとの違いは静かなところで通話してたら分からないと言われました。通話には向いてるっぽい。

違いがあるのがノイズキャンセリング発動時のようで、騒音の代表の掃除機をかけてみたのですが、このイヤホンは騒音がある時は少しモノラル特有のこもり音になるようですが、全く掃除機の音を消し去っていて、掃除機かけてる事に気づかないって言ってました。

2万円越えのノイキャンが自慢のイヤホンの場合は、後ろで微かに掃除機の音がしながら、音声の品質を落とさない感じだそうです。極端なキャンセリングという印象はありますが、この価格でノイキャンされる事自体がすごいので十分だと思います。

更にこのiEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホンは3千円を切る低価格なのに、マルチペアリングに対応しています。これもすごい!

ウォークマンなどの通話機能がない音楽再生機器と携帯を同時にペアリングしたい場合は、ウォークマンから先にペアリングして、その後携帯をペアリングすれば、ウォークマンで音楽を聞いている時に携帯に着信があれば、イヤホン側のスイッチで着信に応答する事ができます。

その際もちろんウォークマンの音楽は一時停止されており、通話を終了すると、またウォークマンの音楽に戻るという感じなります。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホンレビュー マルチペアリングの説明

問題はXperiaなどのAndroid搭載のタブレットなどで、アプリで通話もできる機種と携帯を同時に接続させるマルチペアリングをする時ですね。

まずXperiaの設定を行い、Xperia側の「通話の音声」のチェックを外します。メディアの音声のみにすると、音楽を聞くだけに使用するという事で、通話の方の接続が空くので、そこに携帯を接続させると同時にペアリングさせることができます。

Xperiaで音楽を聞いている時に、携帯に通話があるとイヤホン側のスイッチで切り替えて通話に出ることができます。とても便利です。

デバイスの電源が切られた場合や接続が解除された場合は、15分後自動的にイヤホンの電源が切られるそうです。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホンのBluetooth規格は4.1なので、省エネです。連続音楽再生は4.5時間、通話は最大5時間、最大待ち受けは250時間となっています。

充電時間は2時間で、機器との接続距離は10mです。本体は首にかけられるマグネット式になっているのも便利だし、14gという軽さで重さを感じず快適です。リモコン付きですが、イヤーパットさえ合えば、動いてる最中に耳から落ちることなどはありません。

接続時の注意なんですが、初めのペアリング時は引っ付ける程の近距離にさせてないと認識しません。ペアリングに手こずらないように、引っ付けるぐらいの気持ちで近くいおいた方がいいです。あと、音量が普通より大きいので、音量注意ですね。

iEC Bluetooth4.1 ワイヤレス イヤホン 認証マークの説明

認証マークは上の写真の通りです。

これはリモコンの裏側の写真なんですが、表側には音量のプラスとマイナスと電源ボタンがついていて、音量ボタンを長押しする事で曲送りもできますし、電源ボタンを押すことで着信に出ることもできます。