iPhoneやiPadをアップデートする時に、バックアップは取ると思うのですが、それでも復元に失敗する事があります。

私がやった失敗は、iPhoneのアップデートをする時の些細な選択ミスから、データがが吹っ飛ぶという恐ろしい経験でしたので紹介したいと思います。


iPhoneのバックアップをしっかり取り、臨んだアップデート。

iOSのアップデートが終わり、さあ今からバックアップしておいたデータを復元しようという時に、うっかり復元するより前にiTunesの同期のボタンを押してしまい、バックアップのデータが消えてしまって、アップデート後のまっさらなヤツがバックアップの場所にあって、バックアップからの復元ができなくなるという悪夢でしたw 

やばい、うっかりにもほどがあるww

でもまだこの段階では、バックアップの全データ消去というわけではなく、古いバックアップの場所にちゃんとバックアップがあるので慌てなくて大丈夫。

古いバックアップから復元をすれば、元通りに戻ります。

ただここに問題があって、バックアップパスワードが分からなかった時は、ご愁傷さま状態になります。私がそうでしたw

気をきかせて「暗号化する」とかにチェック入れちゃって、逆にマイナスになるっていうねww

暗号化のバックアップは、デバイスが破損した際別のiOSデバイスに復元できるという利点がありますので、バックアップを取る際は暗号化がおすすめなんですが、その際気を付けなければならないのが、パスワードの保管。

パスワードは自分の記憶力を信じず紙に書く事ですね。ホントこれ大事!こういう大事なパスワードほど他のものと別の独立したものにしようという心理が働くので、失念しやすいです。

話戻して、このパスワードの失念から過去のバックアップが引き出せない状況の打開策は、iCloudにあるバックアップ

wifi接続したまま充電したら、バックアップを作成するっていう設定にしてないとダメなんですけど、そういう設定にしていたらiCloudにバックアップが残ってます。

iCloudのバックアップは暗号化された奴ではないので、他のiOSデバイスにはあてられないのですが、自分のその元のデバイスに復元させてあげることは可能です。

パスワードはiTunesにログインできていれば大丈夫なので、バックアップパスワードを失念してしまっていたとしても、iCloudのバックアップから復活させる事ができます。

私はこれで救われました。

それからiOSをアップデートする際は、普通にバックアップと、iCloudにバックアップを残すと2ヵ所に最新のバックアップを取ってからやるようになりました。バックアップはいくつあっても良いので、ちゃんとやっておきたいですね。

iCloudさまさまです。