iPhoneのiOSのアップデートは、パソコンに接続してiTunesから行わないと、データが欠損する場合があります。

そして、iTunesにバックアップを取ってると、iPhoneに何かあっても中の設定はバックアップから復元することができます。

このブログで口酸っぱくiPhoneを買ったらまずiTunesに繋いでバックアップ取得&アップデートと書いてるのは、上記の理由からです。

もしもの時のバックアップ!

姪はiPhone6を使っているのですが、ふとバックアップ状況とか今のiOSは何かとかを聞いてみたんですね。

「wifiでiOSのアップデートやってるよ!iTunes?バックアップ?何それ?」
とか怖い事を言うので、私のパソコンにつないで一度データの修復をやることにしました。

iTunesでiPhone内のデータをバックアップして、
新しくiTunesにダウンロードした最新のiOSからiPhoneのiOSを復元してiPhoneのシステムデータをクリーンにし、
アプリや元のiPhoneの設定をiTunesに取っておいたバックアップから復元するという単純簡単な作業。

久しぶりすぎたのと、iTunesの仕様が大幅変更していたので手間取りすぎて、かれこれ5時間ぐらいかかりましたw

そんなに長い時間何やってたかと言いますと、今まで通りの手順でやっていったつもりのに、なぜかアプリが消えちゃいまして。

失敗したつもりないのに、大事なデータが一つもなくて、そこから大奮闘w

普通にiOSの復元終わって、iPhoneをバックアップから復元という風にしたのだけど、
それがまずかったようで、アプリが全部消えてて姪涙目ww 私、土下座3秒前www

何か間違ったのかな?とか思って、何度か同じ復元の工程やったけど、全く状況は変わらず・・

結局iTunesでiOSの復元をした後、
「バックアップから復元」
ではなく、

新しいiPhoneとして進む」
にしたら、次に進めて命拾いできました。

えww 前からそんなだった??

ここ新しいiPhoneとして進むにしてたかなー?

うーーん・・違うよね?

「新しいiPhoneとして進む」で、iTunesでiPhoneの設定変更ができる画面にいけたので、今さっきとっていたバックアップを復元。

このバックアップから復元にする前は、iPhoneから消したはずのアプリデータとかまで全部入っていたので、どこのバックアップからiPhoneが構成されたのかが分からない。

なにこの意味不明な現象怖い・・


ちょっとまとまりのない文章になりましたので、要点をまとめます。

「iTunesでiPhoneのiOSの復元をしたら、バックアップから復元ができない」という人は、まずはiOSの復元終了後に出てくる画面で、

「新しいiPhoneとして使用する」

だっけかな、とにかく新しいiPhoneのほうで進めばその後の操作ができるようになります。

私はここでバックアップから復元するべきだと思って、何度もやってできなくて涙目でしたw

てか、今まではそうやってバックアップから復元していたし・・

そしてiTunesでiPhoneが認識できる画面にいけたら、バックアップから復元を押すと、復元前のiPhoneの状態まで戻すことができました。

iTunesの仕様が変わりすぎて、バックアップの取り方も全然変わってて分かり悪すぎて大変だったー

Appleさん、なんでこんな分かりにくくしたんですか。

前に戻してほしいー