KKmoonさんより、Bluetoothキーボードの提供をして頂きましたので、レビューをさせていただきます。
フル充電から90時間利用可能な、充電式のBluetoothキーボードです。
パンダグラフで打鍵感がしっかりあるので、打ってる感強めなのが好きな人におすすめ。私はパンダグラフ好きなので、打ってる感が心地よくて好きです。

15インチ タッチパット付き 英語配列Bluetoothキーボード アイソレーション+パンダグラフ

ペアリングは、このトグルを挿すだけという面白いキーボードでした。
USBポートがついていない場合は使えないので、マイクロUSBポートしかない場合は、マイクロに変換する必要ありで面倒ですが、接続が挿すだけと簡単なのが良いです。

15インチ タッチパット付き 英語配列Bluetoothキーボード アイソレーション+パンダグラフ

私の愛用のAppleのキーボードとの比較ですが、キーピッチはほぼ一緒で、強い違和感などなく移行できました。
パンダグラフのキーボードで、しっかり打ってる感はあるけど、どこを打ってもしっかり入力できて、誤字は少な目。マットな表面はまるでVAIOのS13のようでした。
静音タイプで、ぽくぽくといった打鍵感で、ガチャガチャうるさくありません。
Enterが小さいのとBackspaceの横にもいろいろあるので、慣れるまではそこのエリアで誤爆するのですが、慣れたら良さそうです。

例えば、タッチパット式のタブレットなどを使っている場合、マウスは要らないけどたまにほしいという時は、右クリックなどの動作だと思うのですが、そういうのは2本指でタッチパットをタップしたらさっとでてきてくれてカナリ快適でした。
パソコンではというか、私のようにデュアル大画面とかやってたらタッチパットでは目標までの到着に時間かかりすぎてあまり良さが分からなかったけど、タブレットとかの場合はタッチパット最強。

d15インチ タッチパット付き 英語配列Bluetoothキーボード アイソレーション+パンダグラフ

どこまでもAppleと比較したがりますがw、KKmoonのこのキーボードに足りないところと言えば傾斜です。
このAppleの絶妙な傾斜に慣れているので、斜め度が足りないだけで少し打ちにくさを感じるんですね。キーが遠くなる感じがする。まあ慣れなんでしょうけど。って、まるでAppleが素晴らしいみたいな書き方したけど、KKmoonは薄さも売りだからわざとかもしれないけどw

15インチ タッチパット付き 英語配列Bluetoothキーボード アイソレーション+パンダグラフ

あとEnterが小さいので今まで右手薬指で適当にタンタンやってたのが、結構慎重にやる必要が出たのが少しだけ不満だけど質感はものすごく良いです。
タッチパットって掌の腹で触っちゃってイライラするけど、2本指でスクロールできる機能がすごく便利ですよね。これは横についてるからいいとこどりなはず!慣れたらだけど。

15インチ タッチパット付き 英語配列Bluetoothキーボード アイソレーション+パンダグラフ

スイッチは背後に物理スイッチついてます。
90時間タイプし続ける人はなかなかいないと思うけど、待機時間入れてどのぐらい持つかが気になりますね。使おうと思った時に充電切れってのがつらいので。おそらく5日ぐらい?
この記事書くのにキーボード変えてみてるのですが、もうすっかり慣れました。なれって怖いですね、傾斜もどうでもよくなりましたよっとw

KKmoon キーボードはLED付き!

かっこいいー!なんとKKmoonのキーボードはLED搭載!
普段これつけてると目がちかちかして集中力を奪われるんですけど、例えば入院中や、同じ部屋で誰か寝てるとか、電気をつけられない状況でタイプする時ってこのLEDはものすごく便利です、
ブラインドタッチできるとしても、ファンクションキーなどは、キーボードによって違うのもあって目で追いますからね。私は。←どうでもいいですかねww

パンダグラフでアイソレーションで、タッチパットが横についてるフルキーボードってなかなかないんですよね。
フルと言ってもテンキーはタッチパットになってますけど。これはカナリいいです。大きいので持ち歩きという感じではないけど、タブレットにセットで使うキーボードにおすすめです!