先週末に手に入れたLeEco Le Max 2に、さっそくカスタムROMを導入してみたので、やり方を書きたいと思います。

説明はしますが、失敗して文鎮化しても責任は持てませんので、導入は自己責任でお願いします!w

私のPCはwindows8.1 64bit メモリ8GBです。32bitやメモリ4GBじゃ失敗してしまう可能性がありますので、ご注意ください。

LeEco Le Max 2はROM焼きは必要?

OTAや指紋認証ができるはずの機種です。
既にカスタムROMが入っていますが、それができない場合は、違うカスタムROMを焼きたくなりますよね。
焼かなければならないかならNOですが、焼きたいなら文鎮覚悟で焼けば良いという感じです。

ちなみにこのページはGearBestで買った方ようのROMの焼き直しの方法です。他のショップの場合、twrpがうまく起動しない場合があります。
知り合いのLeEco Le Max2は、twrpを起動した際パスワードを求められて起動できませんでした。
確実にROM焼きしたいのならばGearBestでご購入をお願いします。でも文鎮化までは責任負えないので、くれぐれも自己責任でお願いします。

twrpのエラー対処法は別記事に記載しています。この方法がダメな人は読んでみてください。GearBestで購入の人は読む必要ありません。
twrpでパスワードを求められ、ROM焼きができない時の対処法 LeEco Le Max 2

参考にしたリンクは、以下の3つ。

  1. http://forum.xda-developers.com/le-max-2/development/twrp-root-14s-rom-x820-t3382221
  2. http://forum.xda-developers.com/le-max-2/development/twrp-3-0-2-source-based-off-t3388695
  3. http://forum.xda-developers.com/le-max-2/how-to/rom-cuoco92-multilanguage-debloated-t3395175

私の説明は私なりの翻訳になりますので、このリンクにも目を通して、照らし合わせた方が確実だと思います。

主なフラッシュの方法は1つめのリンクを採用で、2つ目3つ目のリンクからは最新のtwrpや、日本語対応のROMを引っ張って来たりなので、結局3つともちゃんと読んだ方がいいです。下記説明の中でこの3つのリンクを、リンク1、リンク2、リンク3と呼びます。

LeEco Le Max 2 リカバリーモードでのROMの焼き方

ROMを焼く前の下準備(必要ファイルのダウンロード)

まずは、上記3つのリンク中の初めのリンクであるリンク1の中にある、2つめのリンク(https://dl.dropboxusercontent.com/u/…wrp%2Broot.rar)をダウンロードして、デスクトップに解凍します。

twrp.imgファイルと、root権限を取得する(SuperSU)のZIPファイルのパッケージです。ADBファイルを同梱しています。

そして、リンク2から、最新のtwrpをダウンロードして、デスクトップに解凍しておいたファイルの中のLe_X820_TWRPと差し替えます。

※最新のtwrpは、リンク2個人のブログっぽいリンク(http://revolutionlemax2.blogspot.jp/)右サイドバーにある「LeMax2 X820 TWRP 3.0.2 by bbs.ydss.cn/」をダウンロードです。

ちなみに私はこのクラウドみたいなのを利用していませんので、Download through browserの方を選択しました。

ダウンロードした最新のtwrpに差し替える際は、名前をLe_X820_TWRP.imgになるように「Le_X820_TWRP」と書き替えます。あとでfastbootでコマンド叩いてこれを呼び出すため、絶対にこの通りに変更してください。

※最近のGearBestやEverBuyingのカスタムROMでは私が紹介している上記のtwrpでは作動しないという事例があります。
その際は以下のtwrpをダウンロードして作業してみてください。名前はコマンドで焼けるように「Le_X820_TWRP」に書き替えてくださいね。

EUI version 5.9.016S (Stable):http://forum.xda-developers.com/showpost.php?p=68066800&postcount=37

それでもダメな場合(16S用):http://revolutionlemax2.blogspot.jp/2016/08/firmware-oficial-leeco-58-16s-version.html

LeEco Le Max 2  リカバリーでカスタムROMを導入する方法 twrpの作り方

pkkkというファイルは最後まで用途が不明でした。気にしなくて良さそう。

リンク1のページにある1つ目のリンクのROMは、今回私が焼きたかったROMではないので、ダウンロードはしません。ですが、一応リンク1の手順通りにやれば、このROMも焼けます。

代わりに、リンク3から、ROMをダウンロードします。

ページ内リンク1つ目からジャンプした先に、ROMが2つあるのですが、最新ROMである方のLe2_X820-MAX_ROW-5.6.014S-v3_V28_CUOCO92.zipにしました。これは解凍せずにそのまま使用します。初めてROM焼きした日から時が経ち、今は29があるので、29を。

ダウンロードは以上ですので、これを今度は携帯にあらかじめ転送しておきます。

LeEco Le Max 2の設定の一番下にある「端末情報」から「ビルド番号」という項目を連打でタップして、デベロッパーモードに入れます。

設定に戻ると、端末情報の上に「開発者向けオプション」という項目が増えているので、USBデバックを有効にします。

そして、LeEco Le Max 2のメモリ直下に、先ほどダウンロードしておいた「Le2_X820-MAX_ROW-5.6.014S-v3_V28_CUOCO92」と、「BETA-SuperSU-v2.72-20160510112018」のzipファイルを転送します。

LeEco Le Max 2  リカバリーでカスタムROMを導入する方法 twrpするファイルの導入方法

ファイルの転送が終わったら、LeEco Le Max 2の電源を切ります。次はfastbootで起動です。

Fastbootモードでブートローダーアンロックとリカバリイメージ(twrp)を焼く

まずデスクトップに解凍している「twrp+root」フォルダを開いてshiftを押しながら右クリックして「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックして、コマンドプロンプトを開きます。

デスクトップに解凍している「twrp+root」フォルダを開いてshiftを押しながら右クリックして「コマンドウィンドウをここで開く」をクリックして、コマンドプロンプトを開くやり方

次に先ほど電源を落としたLeEco Le Max 2を、音量の「-」と電源ボタンの同時押しで起動し、Fastbootモードに入れます。

Fastbootモードでブートローダーアンロックとリカバリイメージ(twrp)を焼く fastbootモードの参考画像

この状態がfastbootモードに入っている状態です。

この状態でPCにUSB接続すると、ドライバーのインストールが始まるので、しばらくデバイスの更新を見守り終了したら、次の工程に。

もしここで自動でドライバーのインストールが始まらない人は、次のリンクにアクセスして、8つめにある「LeTV LeEco Le Max 2用のドライバ」をダウンロードすると解決するようです。

読者様より頂いたリンクです:https://www.skyneel.com/letv-leeco-usb-driver

先ほど開いていたコマンドプロンプトの画面に、 ”fastboot oem unlock” と入力して、ENTERを押します。

次は、 ”fastboot flash recovery Le_X820_TWRP.img” と入力して、ENTER。

LeEco Le Max 2ROM焼き工程 コマンドプロンプトの参考画像

こうなってればOK。

次が大事で、Fastbootモードからそのままの状態で、音量ボタンの「+」と電源ボタンを押してリカバリモードに入れます。

一度普通に電源を押して起動しまうと通常起動になって、リカバリに入れません。

(もし失敗して通常起動してしまった場合は、もう1度コマンドで”fastboot flash recovery Le_X820_TWRP.img”と入力して、ENTERからやり直せばOK)

LeEco Le Max 2 を recovery mode でCuoco92ROMをフラッシュ

LeEco Le Max 2 を recovery mode でCuoco92ROMをフラッシュする方法

うまくリカバリに入れたらこの状態なので、まるで囲んだ言語設定のところタップして日本語を選んで、「スワイプで編集の許可」で次に進みます。

dsc08724

これがtwrpのメニューです。
1と2の作業が終わるまでは再起動とかせずに、とにかくLeEco Le Max2の戻るボタンや、メニューの戻るボタンでここに戻ります。
再起動してしまったらtwrpから離れちゃうのでまたやり直しになるし、作業でOSをフルワイプしてしまうので下手したら文鎮化します。細心の注意を!
作業が終わるまで、PCと携帯もUSB接続したままです。外しません。

そして、私は当初中国語のtwrpで読めない文字にノリで初のROM焼きをやったので、バックアップを取るという作業を行いませんでした。
しかしOSごとフルワイプしちゃうので、もし失敗した時に「OSがありません」となって起動できないという不具合を避ける為に、OSのワイプをする前にまずは「OSのバックアップ」が大事です。
インストールの下にある「バックアップ」でしっかりバックアップを取って、もしもに備えてくださいね!

ではバックアップが済んだ方はまずは、1の消去から行います。これをしないと、GearBestのカスロムが中途半端に残ります。
携帯の中の写真とか以外はフルワイプでOSを消してしまうので、再起動はもうできなくなります。ここからは慎重にお願いします。

「wipe:消去」メニューから「Advanced Wipe:高度な消去」を選択します。

LeEco Le Max 2 を recovery mode でCuoco92ROMをフラッシュ ワイプのやり方参考画像

項目が沢山出てくるので、次の画像の通りにチェックを入れる

LeEco Le Max 2 を recovery mode でCuoco92ROMをフラッシュ 古いROMをフルワイプする

写真のように「internal storage:内部ストレージ」と「U(USBストレージ)」のみを残して、「スワイプで消去を」で全てのデータをフォーマットする。
もう後戻りできません。OSも消えました。

LeEco Le Max 2 を recovery mode でCuoco92ROMをフラッシュ ブートローダーへ移行する手順

戻るメニューがあればメニューの戻るを優先ですが、メニューに戻る無い場合は、LeEco Le Max2の三角の戻るボタンでいったんtwrpのメニューまで戻る。

次にインストールをタップして、内部ストレージに入れておいた「Le2_X820-MAX_ROW-5.6.014S-v3_V28_CUOCO92.zip」を探します。「上層の階へ」みたいなのを押しました。
「ZIPのインストール」の中の下から2つ目にありますので、タップで選択します
(下の写真で私はOTA-Updaterの中に入っていますが、これは別のやり方で焼いているところの写真の転載です。通常は違います。紛らわしくてすみません。)

LeEco Le Max 2 を recovery mode でCuoco92ROMをフラッシュする方法

ROMのフラッシュが始まります

twrpエラーの機種と同時に再度フルワイプして焼き直しを行い記事を訂正しましたので、頭の中が少しごっちゃになってしまってます。
もしもここでZIPファイルがどうしても見当たらない場合は、一度twrpメニューの「インストール」や「消去」があったところの一番右下の「再起動」をタップして選択して、ブートローダーを立ち上げたら、この記事のfastbootの起動と同じ状態で立ち上がるので、パソコンに作業を戻して、コマンドでfastboot flash recovery Le_X820_TWRP.imgを叩いて、 電源と+を押してリカバリーに入れ、PC側でLeMax2のストレージにカスロムを入れてみてください。
この工程は、twrpエラーの回避の記事で詳しく書いていますので、分かりにくい場合は参照してください
この際私はきっと写真のように、OTA-Updaterの中に入れて成功してるのだと思います。分かりにくくてすみません)

リカバリモードでCuoco92ROMをフラッシュする方法 twrpの使い方5

焼けてるところ。。。数分が永遠に感じる時間w ROMが焼けたら勝手に再起動してくれます

DSC07821

この後は普通に起動し、アプリが増えてました。supersuとかが。多言語ROMなので、日本語は変わりなく問題なく使えます。LTEも問題なく読み込みました。やってよかった!

もし途中で失敗して、PCにつながらないとか、ROMの入れ替えができないとかのトラブルがある人は、「LeMax2がtwrpでのflashに失敗して、PCと接続ができない場合の対処法を読んでみてください。

DSC07822

指紋認証も使えるようになってご機嫌ですが、とりあえず、このOTA付きのROMにアップデートがないかアップデートで確認します。

セキュリティー的に、このままROOTEDの状態でいるのが嫌だったので、UNROOTを思い立ち、superSUアプリで簡単にUNROOTできると思ってトライしたのですが、そうはいきませんでした。次はアンルートする為の対策法です。

Cuoco以外のROMについての注意

Cuocoも公式Stock ROMもAUのLTEは掴まないようですが、MoKee, CM13はつかむようです。

なのでAUのLTE欲しい人は。Cuocoに拘らず、XDAなどで他のROMを当たった方がいいかもです。

私は焼いたことがないので、コメント貰ってもサポートはできないのですが、PRなどのROMは、twrpを選びます。

「VERY IMPORTANT. We use EUI 5.6 kernel, so into ROM script installation we install TWRP 3.0.2 for EUI 5.6.
If you wants install after another ROM based on EUI 5.8 (Indian 15s, USA 16s, Chineses 16s…) you must install before TWRP TeaMSpaiN 3.0.2」
”EUI5.6のカーネルを元に作ってるから、EUI5.8ベースのロム使ってたやつは、TWRP TeaMSpaiN 3.0.2を使わないとブリックするよ”と書いてあります。

なので、私と違うROM、Cuoco以外を焼く人は、twrpもちゃんとそこで紹介されているリンクからダウンロードしてから行ってください。

そして、バックアップから復元できるようにバックアップをしっかり取ってからROMを焼いてくださいね。私はもうこの機種は手放してしまったので、再現などはできずにアドバイスもできそうにないですので、、

ROM焼き後、ブートローダーアンロックを解除(アンルート)したい

まずその前にMoreLocale2を導入したい人は入れて、適応させておいてください。アンルートしたらコマンドたたく必要があり、私は色々試したけどADBでの接続ができませんでした。

通常ならば、ROOTEDに使用したsupersuファイルというか、アプリで、さっとROOT権限を放棄すればいいのでしょうが、システムアプリで導入しているからか、そう簡単には行かずでした。

10分たってもずっとグルグルまわったままで一向にアンルートできないので、タスクキラーからアプリを止めようとしても、システムアプリなのでタスキキラーには表示されません。仕方ないので、設定のアプリから、supersuを強制停止させました。

そしてもう1度supersuアプリを開き、再インストールを行うために一度アプリを削除します。

一旦LeEco Le Max 2の中から削除させたら、再起動をしたのち、googleplayからまたsupersuを再インストール。この時普通で入れますか、それとももっと便利に使える・・的な事を聞かれるので「普通」で入れます。

そして、もう一度「root権限を放棄する」をタップしたら数秒で完了し、再起動を促されるので再起動したら、アプリもルート権限もなくなっています。

これで安心して使えます。作業の工程は以上です。お疲れさまでした。

Screenshot_20160703-094819

LeEco Le Max 2 購入

LeEco Le Max 2は、GearBestでセール中です!

2016-09-02_23h16_50

GearBestリンク

EverBuyingリンク

※Gearbest初回購入の方は、事前に会員登録すると更にお得なGearBestの割引ポイントがもらえます。「GearBest会員登録」から入会してgetしちゃってください。

登録する前に消えちゃったって人は、シークレットモードなどでこのページを開きなおすともう1度メール登録のポップアップが表示されます。

在庫が無い場合はこちらのリンクも参照してみてください

クリックでジャンプ⇒LeEco Le Max 2の購入へ戻る