SONYから新発売されたh.ear in Wireless MDR-EX750BTレビューです。

実はこれのBluetooth無しのh.ear in Wireless MDR-EX750APも所有していて(参考記事)、音の良さは知っていたので、我慢できずに発売当日に購入してしまいましたw

PC作業中はヘッドフォンを使う事が多かったのですが、ヘッドフォンは禿げるとか禿げないとか論争があるのを知って、ヘッドフォン怖いってなってたのでww

MDR-EX750BT LDAC接続レビュー

h.ear in Wireless MDR-EX750BT レビュー

音質に関してはあまりイヤホンに詳しくないので専門用語とか使えないし、聞き比べとかも出来ないけど、クリアですごくキレイで沢山の音が聞こえて私は好きです。

クラッシックやヒーリングミュージックを聞くことが多い私は、この全体的にキレイにまとまった感じが好きです。

ヘッドホンはもっと優しい感じだけど、カナル特有のメリハリがあるというか。

初めは低音弱いかなーとか思ってたけど、聞いてたものが悪かっただけで、nasneで録画したドラマをXPERIAでBluetooth接続しながら見てたら、低音部分の迫力が凄くて驚きました。

MDR-EX750BTの特徴としては、SONY自慢のBluetooth規格のLDACが使えること。

今までLDACが使えるのは、ヘッドフォンタイプのMDR-1ABTだけだったので、カナル型が出たのは嬉しいです。

冬場はオーバヘッドフォンは耳が暖かくて良いのですが、夏場は汗だくになってしまいますからね。夏前にカナル出てよかったです。禿げたくないしw

MDR-EX750APで感じた、イヤーピースの合わない感じは不思議と全くなくて、付属のイヤーピースのLで丁度良く使えます。

ハウジングの形は一緒のはずなのに、あれだけ悩まされた純正イヤーピースが、ノイズアイソレーションイヤーピースと同じレベルでフィットするのが不思議。

MDR-EX750AP MDR-EX750BT ハウジングの形の比較

ほぼ一緒ですよね?

違いとしてはコードの短さと、左にリモコンがついているかどうかなのですが、mdr-ex750apがどうもダメだった人でも、私のようにMDR-EX750BTならフィットする人はいるかもしれないです。

特筆すべきはXPERIA Z4タブレットとのLDAC通信時の通話の安定度。

Bluetoothイヤホンで通話をすると、相手から声のこもりとノイズが不愉快と言われることが多かったのですが、MDR-EX750BTで試してみたら、声に抑揚がなくなったけど聞きやすい声になったと言われました。

音声に騒音をカットしてくれるデジタル処理がされているようで、Androidアプリ通話中に掃除機かけてみても一応私の声はしっかり聞き取れるほどのノイズキャンセルをしてくれるようです。

MDR-EX750BT自体には、「エコーキャンセレーションとノイズサプレッションに加えて、従来より広い帯域での通話を可能にする高音質化技術「HD Voice」を搭載。Bluetooth HFP/HSP対応スマートフォンや携帯電話での高音質なハンズフリー通話を実現」とSONYのホームページにあったのですが、アプリでの音質の向上はLTE由来のHD Voiceは関係ないので、エコーキャンセレーションとノイズサプレッションの機能が素晴らしいのだと思います。

Bluetoothヘッドセットはモノラル音声になるので、聞き取りにくいと言われる事あると思うのですが、MDR-EX750BTは飛躍的に改善されているので、もし通話目的でBluetoothのヘッドセットを探している人にも良い商品だと思います。

HD Voiceに関しては、LTEの携帯での通話のようで、HD Voice対応機種の場合、とてもクリアな音声でしゃべることができるようです。

MDR-EX750BTのBluetooth規格は4.1で、LTE通話との干渉を改善されたバージョンだそうです。なるほど!

Bluetooth標準規格はClass2で、見通し距離10mまで大丈夫です。

Bluetoothは2.4GHzなので電子レンジとは干渉します。

それは仕方ないですが、もしwifiと干渉している場合はwifiの方を5GHzでつなぐと音飛びなどは解消されるはずです。

通話のことばかり書いてしまいましたが、LDACで音楽を聞くと、もう普通のBLUETOOTHに戻れないというほど圧倒的に音が良いです。

ヒーリング系の音楽は音の劣悪がすごく分かってしまうのですが、MDR-EX750BTは水の音や風の音なども有線接続時とほぼ変わらない音で聞くことができます。LDACの転送量はすごいです。

充電も連続使用7.5時間と大容量だし、待ち受けは200時間とバッテリーに関しては大容量と言えると思います。

MDR-EX750BTは喋ります。言語は英語ですが。

接続した時にコネクトとか、バッテリーがなくなった時にチャージしてくれとか、女性の声で喋ってきます。驚きましたw

首にひっかける形状なので、コードがぶらぶらする事なくて、断線しにくそうって思ったけど、髪の毛を後ろにやる時に手がひっかかるので、そこは気を付けなければいけないと思いました。

だけど、SONYストアは不注意での破損にも対応のワイド保障がつけられるので、私は5年ワイド保証をつけたので安心です。

NFC搭載で、NFC機器となら、マークをタッチするだけで「ペアリングしますか?」と設定が出てきてYESを選択するだけでつながってくれます。

切断もタッチするだけでOK。

8台までマルチペアリングできるので、1度ペアリングしてると後はタッチするだけで機器の乗り換えができるので、わずらわしさがありません。

iPhoneやAndroidなどの通話機器と、ウォークマンなどと同時接続できるので、電話の取り逃しもなく、首元のリモコンでさっとポケットの中の携帯の通話に出ることもできます。

携帯とウォークマンなどの同時接続のコツは、先に音楽再生機器の方を接続させてから、携帯の方を接続させるとうまくいきます!

MDR-EX750BTレビュー

LDACのことばかり書いていましたが、充電を刺すマイクロコネクタに同色の付属のコードを刺せば、電源OFF時は有線でハイレゾを聞くこともできます。

ハイレゾを聞くだけなく、バッテリーが切れてしまった際に有線接続できるという意味でも便利ですね。

MDR-EX750BT付属のポーチ

SONYらしいキャリングポーチがつきます。

少し厚めの綿が入った丈夫なナイロンポーチになるので、水や衝撃からMDR-EX750BTをしっかり守ってくれそうです。

MDR-EX750BT 最安値

まだ発売されたばかりなので、SONYストア価格とほぼ変わりません。
2万円以上だったら、3年ベーシック保証が無料でつくSONYストアがおすすめになります。

MDR-EX750BTの物があるかはその時々で違いますが、SONYストアには入会した瞬間もらえる定期割引クーポンがあります
詳細はこちらをどうぞ⇒定期クーポンについてicon

SONYストアリンクはこちら
h.ear in Wireless MDR-EX750BTicon

MDR-EX750BT使用方法 マニュアル

Xperia Z3と、Xperia Z4とのペアリングを切り替えまくって居たら、さっそくばぐってしまい、音楽は聞けるのですが、通話用のハンドセットとして利用できなくなってしまいリセットで復活したので、その方法を追記したいと思います。

MDR-EX750BT自体はすごく簡単な操作しかないので、マニュアルなんかほぼほぼいらないのだけど、初期化とかリセットとかになるとやり方が分からないですよね。

一応WEBマニュアルもあるのでリンク貼っておきます
MDR-EX750BTのWEBマニュアル

リセットの方法は簡単で、MDR-EX750BTとPCをUSBで接続して、音量ボタンの「-」と電源ボタンを同時に長押し7秒だそうです。

これで「MDR-EX750BTの電源が入らない」や、「MDR-EX750BTの操作ができない」を解決できるそう。

でもパソコン持ってない人も居ますし、接続するの面倒な人も居ますよね。

そういう時人は、初期化です。

初期化のやり方は、一度、ペアリング設定をしているタブレットや携帯からペアリングを解除や削除してしまって、MDR-EX750BTの電源をoffにします。

そして、音量の「-」と電源ボタンを7秒長押ししたら、ランプが青く4回点滅するので、それで初期化完了です。

もう1度デバイスとペアリングしないといけなくなるのですが、これで症状はなおりました。

初期化した場合は、ペアリングはやり直す必要があるので、面倒くさがらずにデバイスから一度削除してくださいね!

本来ならばリセットして、それでもダメなら初期化という手順だそうですが、面倒な人はBluetoothのペアリングを全部やりなおさないといけなくなるけど、初期化も手っ取り早いです。

私はこの初期化で、ヘッドセットとして通話ができなくなるというバグが解消されましたので、もし同じように音楽は聞けるけど電話ができないとかいう不具合エラーが出た人は、この方法を試してみてください。

もう1度「MDR-EX750BT最安値」に戻る場合はここをクリック!