VAIO Fit 15E mk2の購入レビュー

VAIO Fit 15E mk2の購入レビューです。

デスクトップパソコンからの買い替えだったので、ノートパソコンは非力というイメージからフリーズなどの不安があったのですが、メモリ8GBを購入した事もあってカナリ快適に動作しております。

デュアルモニターにして使用していますが、メモリ不足の表示は一度も出たことなく快適です。私の使い方では16GBは要らないのだな思っているところです。

私の使い方は、ソフトを2つぐらい同時に開いて、高画質の写真を編集して、更にGoogle Chromeでタブを10個ぐらい同時に開いていたりするのですが、デュアルディスプレイで使用していても特にファンがうるさく回ったこともないし、まだまだパワーを余らせている感じです。メモリ4GBだと画像読み込み時にフリーズしてたけど、VAIO FIT 15Eはそんなことない。

VAIO® Fit 15E mk2使用レビュー

テンキー付きで、Excelなどの数字入力が多い人にはとても便利に使えるのではないかと思います。

デスクトップからの移行だったので、このキーの浅さに違和感を感じたのですが、軽いタッチで入力するのに慣れてからは、逆に入力しやすいと感じます。

VAIO S13との併用をしておりますが、テンキーの有る無しの違いだけで、キーピッチはほぼ一緒の為、違和感なくどちらも利用する事ができます。

打鍵に関しては不満はないのですが、NumLkキーとBackspaceをよく打ち間違える事が15インチのイラつくところですw

VAIO Fit 15E mk2 キーボードカバー

VAIO Fit 15E  mk2 レビュー

VAIO Fit 15E mk2には専用のキーボードカバーがあります。

私は可愛さを求めてミッキーバージョンにしたのですが、シックな白や紫などのカバーもあり、乗せてるだけですぐに外せるのですが、すっぽりキレイに隙間なく覆うので、キーボードをうっかりこぼす液体や汚れなどから守ることができます。

専用で作られただけあって、違和感なく使える押し易さは維持されていて、爪などがキーに引っかかってキーや逆に爪を傷めるという事が回避できるのもいいところ。

・シンプルな方⇒キーボードウエア CC-JNKBV17icon
・ミッキー仕様⇒キーボードウエア CC-JNKBV17icon

キーボードウエアの定価は3980円ですが、VAIO Fit 15E mk2とセットで購入すれば、シンプルな方は2980円で、ミッキーの方は3480円で購入できます。
私は後からやっぱり欲しくなって定価で買う羽目になって勿体ない事をしました。

キーボードウエアを買った当初は少し違和感ありましたが、すぐに打鍵感にはなれるので、キーボードが汚れるのが嫌という神経質な人は購入するのもいいと思います。私は画面を閉じないので埃防止の為に買いました。

VAIO Fit 15E mk2の外部接続端子は位置が微妙

VAIO Fit 15E mk2レビュー 外部端子写真右側

外部接続の端子は、右側にはUSB2つとDVD/ブルーレイがつき、手前真ん中部分にはSDスロットがあります。

左側には、USB1つと有線LANポートと、HDMIとミニD-Sub 15ピンと、ステレオイヤホンジャックとマイクのジャックがあります。

VAIO Fit 15E mk2レビュー 外部端子写真左側

これが左側の外部端子写真なんですが、ミニD-Sub 15ピンとHDMIコードが隣接してるの分かりますでしょうか?

これのスパンが狭すぎるせいで、スリムタイプのHDMIコードを利用しても、ミニD-Sub 15ピンとの同時使用は、通常のコードでは干渉で使用不能です。

VAIO Fit 15E mk2 外部端子の欠点写真

こんな感じです。なぜこの位置につけたのかと小一時間ですよ!!

当初ミニD-Sub 15ピンの方も、探せばHDMIコードのようにスリムタイプがある事に気づかず、ハブでHDMIコードを分配するかとすごく悩みました。

VAIO S15 VAIO FIT 15E のHDMIとD-sus15ピンが干渉して使えない問題を対処する方法

写真のように上の2つのコードだと無事同時に使用が可能になります。

ご購入の際はコードの長さを自分の環境に合わせて選ぶことをご注意くださいね。私はHDMIを間違って1mにしちゃって設置に関して自由度が減りましたので。2mが無難かなと思います。

VAIO Fit 15E mk2のwifiは2.4GHzのみ

VAIO Fit 15E mk2のwifiは、IEEE 802.11 b/g/n準拠。

2.4GHz帯の電波しか使えない為、電子レンジを使われるとたまに遮断されて発狂しそうになりますw

5GHzが使えると速度も出て、家電との干渉もなく電波も安定するのに・・と不満な点の一つです。

ただ、wifiルーターは1階に設置して、2階でパソコンを使用している為、5GHzで接続してるiPhoneなどはwifiが途切れてしまう時もあるので、そういう距離による遮断がないのが2.4GHzの良いところなので、両方使えないのが残念だけど致命的な欠点とは思いません。

wifiルーターから距離のある場所で使用する場合は、結局2.4GHzでつなぐことになるだろうし。

と思っていましたが、5GHzの11acで簡単につなげられて、しかもかなりwifi感度がよくなるトングル的なものを発見して、今は11acで繋いで快適に使用しています。

VAIOのwifiが2.4GHzのみというのが不満な人はこの記事を読んでみてください。

PLANEXの無線LAN子機 GW-450D KATANA レビュー

VAIO Fit 15E mk2はブルーレイをつけたらタッチパネルにできない

私はブルーレイをつける為にタッチパネルを付けなかったのですが、ブルーレイなんかUSBで外付けのものを用意すればいいのだから、私のように外部ディスプレイを使わない人はタッチパネルはつけるべきだと思います。

同じくVAIO S13をタッチパネル付きで購入して痛感しました。タッチパネルはめちゃくちゃ便利です。

VAIO Fit 15E mk2 メモリとCPUの選び方

Core i5からは、解像度1920×1080のフルハイビジョンになりますが、Core i3以下はWXGAで1366×768と解像度が低くなります。

もしCoreのサイズで悩んでいるなら、予算が許すなら、Core i5を選んだ方が無難でしょう。

私は大きな画像の編集や動画の編集をしたかったので、動きが少しでも素早くなるようにCore i7にしたのですが、SSDを使用した際の圧倒的な速度の違いに驚きましたw

Coreは頭の回転の良さに例えられ、セレロンはほぼエントリーモデルでPCに負荷を全く与えない人向けになり、Core3 << Core5 << Core7 と数字が上がるに連れて、処理速度が速くなります。

ですが、SSDとHDDには圧倒的な差があるので、どうしても処理が早いのが良い人はHDDではなく、VAIO15インチに新しくハイブリットSSDとか言うのが出てるので、そっちのが良いでしょう。HDDでの最速を願うならばCore7ですが。
VAIO® S15 SSD搭載モデルicon

メモリの方は、机の広さに例えられます。

4GBの机より、倍の8GBの机の方が広くなるので、作業スペースが沢山あると考えてOK。

8GBにした方が、タブを沢山開いて作業をしたり、ソフトを2つも3つも開くような作業をしても、PCがメモリ不足によるクラッシュをしません。

VAIO Fit 15E mk2はグレア液晶

VAIO Fit 15E mk2は、ハイビジョンで美しい画面なのですが、グレア画面だと思います。タッチパネルつけてなくてもギラギラ。

映り込みが激しく、光を反射してしまうので、季節によって陽が部屋に入ってくる場合、反射で見えにくさがやばいです。

これでタッチつけてたら表面はガラスになるだろうし、もっと映り込みがひどいのではないでしょうか。テレビとかも映り込みひどいけど、あんな感じです。

そういうのが気になる人は、次号機のVAIO® S15の方がおすすめ。

アンチグレア液晶で、左右で約80度、上下で約100度視野角が広がったそうです・・広がったそうです・・広がったそうです・・(遠い目ww)

しかも今見たら、wifiもIEEE802.11acに対応してきてて、5GHz使えるとかwww

って、最後最新機種の方がおすすめみたいな〆になってしまいましたが、価格が高いので、背に腹変えられない人や、そこまでハイスペック求めてない人は、価格がお得なVAIO Fit 15E mk2はまだまだ戦える機種ですのでおすすめです!

VAIO Fit 15E mk2購入 最安値

VAIO Fit 15E mk2の詳細はこちらをご覧ください。リンクはSONYストアです。
VAIO Fit 15E mk2スペック詳細icon

SONYストアなら不注意での故障にも対応の3年ワイド保証がつけられて安心です。

更にSONYストアには入会した瞬間もらえる定期割引クーポンがあります
詳細はこちらをどうぞ⇒定期クーポンについてicon

VAIO Fit 15E mk2のSONYストアリンクはこちら
VAIO Fit 15E mk2icon