キングモバイル製SIMロック解除アダプタ、スマートキングの最新作「X」を、キングモバイル様よりサンプル提供頂きましたので、私の手もちのAUのiPhone5Sで動作検証させて頂きました。

AUのiPhone5SをDocomoの電波で使えるSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXレビュー

商品リンク:http://amzn.to/2osFrN3

この商品は、iPhone5移行のAUとSoftbankとDOCOMOのiPhoneのSIMロックを解除して、まるでSIMフリーiPhoneのように、全てのキャリア系の格安SIMで使えるようにするという画期的な商品です。全キャリアのiPhone7/7Plus/6s/6s Plus/6/6 Plus/5s/5c/5 で利用可能です。

安くて種類が豊富なDOCOMO系格安SIMをAUやSoftbankで契約終了したiPhoneで、mineoのAプランやUQモバイルをSoftbankやDOCOMOで契約終了したiPhoneで、YmobileをAUやDOCOMOで契約終了したiPhoneで等と、どのキャリアのiPhoneとか考えずに、このSIM下駄をかませるだけで、全ての格安SIMが使えるという便利なSIMロック解除アダプターになります。

iPhoneはiOSのバージョンによってSIM下駄の使用の可否が分かれたりしちゃうのですが、このSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXでは、現在最新のiOS10.3.1で使用できました。最新のiOSを使いたい人でも利用できます。

最新でiOSで使えるとは書きましたが、いつAppleが対策打ってくるかわからないので、iOS10.3.1迄でやめておいた方が賢明ではあります。私はレビューの為に使用させてもらってるので、コメント頂ければ、新しいiOSとの相性は私が検証しますので、コメントでアップデートを促してください。最近iPhone使ってないのでアップデート気づきませんw

SIM下駄の使い方はとても簡単で、トレイとSIMの間に乗せるだけで、特に難しい設定などはありません。

ちなみに、キャリアSIMを入れる場合は、特に設定はないのですが、キャリアSIMではなくMVNO系の格安SIMを入れる場合は、それぞれのSIMの会社のAPN設定が必要になります。

wifiに接続した状態で、「プロバイダ名+iPhone APN 」などで検索すると、ダウンロードするだけのプロファイルが出てくるので、それをそのページの指示通りにダウンロードするだけで基本的に設定は完了します。SIM下駄入れる前にやっておきましょう。

一応ここをバーコードリーダーで読むと、このSIM下駄の取り扱い説明は出てくるのですが、私がこのブログで書いてるような感じの事です。

SIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingX 付属品の説明参考画像

SIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXについている付属品はこの通りです。
透明のプラスチックケースに入っているのがSIM下駄で、袋に入っているのは、iPhoneのSIMトレイを開ける為のPINです。

 

画像サイズが違って見にくいですが、SIMトレイにSIMを乗せる際の注意です。

左の画像は裏から見たところです。左の方にちょっとひっかかるみたいに黒いパーツが出ていると思うのですが、これを表の方から裏の方に通してから、SIMを乗せます。右の画像がSIMを乗せる方の表の面です。この状態の上に使いたいSIMを乗せて、SIMトレイに戻します。

おそらくiOSのアップデートは、キャリアのSIMが必要になります。解約したものでOK。

先にアップデートしちゃったので、絶対必要か分かりませんが、今までの流れでは、iOSのアップデートの際は、キャリアSIMを入れてアクティベーションしてくださいとなっていたので、抜き出したSIMは捨てないで大事に保管しておいてください。

元の解約したキャリアSIMなどに戻すと、再度アクティベーションしなおして、元のキャリアのiPhoneに戻ります。キャリアを元に戻してからiOSのアップデートをして、またSIM下駄のアダプターをSIMトレイに載せて、使いたいSIMを入れなおせば、またアクティベーションしなおしてSIMフリー状態に戻るので、iOSのアップデートの事も心配しないでSIM下駄を使用できます。

ここまで書いておいてなんですが、なんと私がサンプル提供いただいたものは、試作版だったようですw
このたび、Kingmobile様より新たに製品版をサンプル提供いただきましたので、この記事で私がレビューしている試作版との違いを書きたいと思います。
結果からいうと、見た目が若干違うだけで、動作や使い方などは全く一緒ですので、あまり真剣に見なくてもいいかもです。

AUのiPhone5SをDocomoの電波で使えるSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXレビュー

パッケージは変わります。パッケージの裏側。バーコードなどが読み取りやすくなった感じです。

AUのiPhone5SをDocomoの電波で使えるSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXレビュー

表から見たところ。
フィルムを外して中身を取り出します。nanoSIMをマイクロSIMの大きさに変更できる、製品版にはSIMアダプターがつくようです。

AUのiPhone5SをDocomoの電波で使えるSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXレビュー

左が製品版で、右が試作版。上部のペロッと出ているところは変わらないので、差し込むようにセットするのは変わりません。

AUのiPhone5SをDocomoの電波で使えるSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXレビュー

左が製品版で、右が試作版。見た目は違うけど、動作は一緒なので、だからなんだって話ですが、届いたものがたらこさんがブログで紹介してたものと違うんだけど!っていう混乱を避けるために、一応載せてみましたw

AUのiPhone5SをDocomoの電波で使えるSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXレビュー SIMアダプターの説明

先ほど書きました、製品版にはついているという、nanoSIMをマイクロSIMに変換するアダプターです。
白いnanoSIMって書いてあるのが、通常のnanoSIMのサイズサンプルです。黒いのがキングモバイルさんのアダプターで、こんな感じではめ込んで使えば、nanoSIMがマイクロSIMのサイズになるので、便利というわけです。
例えばこれからSIMを契約する人は、SIMに関しては大は小をかねないので、nanoを契約したほうがいいです、このアダプターさえあればnanoSIMをマイクロSIMサイズにできるので。逆だとnanoSIMサイズにたたき切るしかなくなってしまいます。

このアダプターは白いSIMが埋まっているところは、薄い透明のトレイになっていますので、両面テープなんかをトレイに貼って、SIMを固定することができます。
私的には安心でおすすめのアダプターの形です。これが裏に透明のトレイがない場合は、きれいにはめ込んでも裏に支えがないので、トレイのピンで押されていつ外れるかわからない恐怖の中、SIMトレイに差し込まないといけなくなるので、アダプターを買うなら絶対このタイプ!っていう形なんです。事故防止にはこの形が必須。

製品版と試作版との違いはこの程度で、ほぼ一緒です。では、一応どんな感じで使用するのか、動画を撮ってみましたので、想像が湧かない人は見てみてください。

今回紹介したSIMロック解除アダプタ「SIM下駄」最新版SmartKingXのリンクは以下になります。
Amazon内をウロウロした際に、誤って類似品の購入には気を付けて下さい。リンクでジャンプしたそのままの商品を購入頂ければ間違いありません。


http://amzn.to/2osFrN3

iPhone4SのMicoSIMのアダプターはiPhone4S用SIM下駄(SIMロック解除アダプター)で紹介しているので、参考にしてください。

SIM下駄+iPhoneで使える音声通話付き格安SIM

見出しの ▼ と ▲ をクリックするとソートします。右上のsearchのところにドコモやau、3GBなどと入れて頂ければ絞り込みキーワード検索もできます。表が横長になってしまったので、下にスクロールバーつけてます。

回線 SIM会社 500MB 1GB 2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 8GB 10GB 12GB 15GB 20GB 無制限
ドコモ iconmineo 1400円 1500円   1600円   2280円       3220円        
au iconmineo 1310円 1410円   1510円   2190円       3130円        
ドコモ DMMモバイルicon   1260円 1380円 1500円   1910円   2560円 2680円 2890円   4300円 5980円 1140円/200kbps
ドコモ 楽天モバイルicon       1600円   2150円       2960円       1250円/500Kbps
ドコモ OCNモバイルONEicon 1800円   2150円       2960円   2500円/500kbps  
ドコモ IIJmio(みおふぉん)icon       1600円     2220円     3260円      
au IIJmio(みおふぉん)icon       1600円     2220円     3260円        
ドコモ NifMoicon       1600円   2300円       3500円        
ドコモ BIGLOBE SIMicon 1600円     2150円       3400円      
ドコモ b-mobileおかわりSIM   1300円 1550円 1800円 2050円 2300円                
ドコモ DTI SIMicon   1200円   1490円   1920円 2900円/225Mbps
ドコモ iconU-mobile     1580円   1980円                
ドコモ iconU-mobile(Wフィックス)        ~1480円 1780 ~1780円                
ドコモ TONEicon                           1950円/500kbps
au iconUQモバイル       1680円                   2680円/500Kbps

もっと詳しく見る⇒格安SIMおすすめプラン比較