TOMTOPでLDAC対応のUMIDIGI A1 PROが最安価格の$99.99、Zenfone 5が$394.99、SHARP Z2が$108.99でセール中!

TOMTOPでZenfone 5が$394.99、SHARP Z2が$108.99、UMIDIGI A1 PROが$99.99でセール中です!

デイリー更新分のセール&クーポン情報は「TOMTOPクーポンまとめ」で書いていますが、中でもお得なセール情報をピックアップして紹介したいと思います。

まとめ記事ではTOMTOPのアカウント作成方法とクーポンの使い方も記載していますので、分からない方はそちらを参考にしてくださいね。

ASUS ZenFone 5 ZE620KL $394.99

画面占有率90%で5.5インチ程度の大きさで6.2インチのディスプレイを搭載した「Asus ZENFONE 5 ZE620KL」。ボディーは2.5Dカーブで高級感のある強化ガラス仕上げ。背面のデュアルカメラは背景のぼかしだけでなく、AIを搭載しシーンに合わせた高画質な写真撮影が可能になります。NFC・LDAC対応で、日本語にも対応で、Google Play Storeの初期インストールもあるので、使いやすいスペックです。

Asus ZENFONE 5 ZE620KL

OS Android 8.0 Oreo
SoC(CPU) Qualcomm® Snapdragon™ 636
RAM/ROM 4GB・6GB/64GB
画面 6.2インチ IPS 2246×1080 550nits
カメラ リア:12.0MP+8.0MP フロント:8MP
wifi 802.11 a/b/g/n/ac 2.4 & 5GHz
インターフェース TYPE-C、3.5mmイヤホン、MicroSD最大2TB
サイズ 153×75.65×7.7mm、155g
参考記事 Asus ZENFONE 5 ZE620KL スペックレビュー

周波数については公式ページには3種類あるのでBバージョンを記載しています。今回TOMTOPのHPにはB34/B38/B39の記載がありませんが、この周波数は日本では直接関係ないのであまり気にしなくていいと思います。

2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: B1/B2/B3/B5/B6/B8/B19/B34/B38/B39
4G LTE: B1/B2/B3/B5/B7/B8/B18/B19/B28/B38/B39/B41

DOCOMO:B6対応、B19/B28対応で超快適
AU:通話非対応・通信はB18/B28対応で快適
Softbank:B8/B28対応で超快適

SIMサイズは2枚ともnanoサイズ、MicroSDカードのトレイがSIMトレイと排他仕様のため、MicroSD入れる場合は実質シングルSIMになりますが、どちらのSIMトレイも4G対応です。

リンク:【 Global Version】ASUS Zenfone 5 ZE620KL 4GB/64GB
フラッシュセール価格:$394.99 有効期限:06/30/2018

SHARP Z2 4GB/32GB $108.99

前面に広角82度のカメラ搭載でセルフィー向きの「SHARP Z2」。SHARPと言えば日本のメーカーですが、台湾向けの商品になるので技適はないかもしれません。Google Play Storeへの対応と日本語への対応はあるようなので日本人にも使いやすい仕様ですね。

スペック的にはHelio X20 MT6797とミドルスペック程度に見えますが、Antutuスコアは総合9万点超えとスナドラ8××に迫る性能になります。充電ポートはTYPE-Cで3.5㎜イヤホンジャックも搭載していて使いやすくコスパも良いと思います!

SHARP Z2 スペックレビュー

OS Android 6.0
SoC(CPU) Helio X20 MT6797 2.3GHz 10コア
RAM/ROM 4GB/32GB
画面 5.5インチ LTPS液晶 1920×1080
カメラ リア:16.0MP PDAF デュアルLEDフラッシュ
フロント: 8.0MP F1.8 広角82度
前後ともフルハイビジョン録画が可能
wifi 802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
バッテリー 3000mAh Type-C 高速充電対応
ネットワーク 2G: 900/1800/1900MHz
3G: B1/2/5/8/34/39 CDMA: BC0
4G: B1/3/5/7/8/12/17/28/34/38/39/40/41
参考記事 SHARP Z2 スペックレビュー

DOCOMO系はプラチナバンドであるLTEのB19とFomaプラスエリアである3GのB6への対応はないですが、街中で使うには普通に使えるスペックです。
Softbank系は、LEDプラチナバンドであるB8への対応もあるし、一致する周波数が多く快適に使えると思います。
AU系は、CDMA2000の3G通話は対応あり。LTE通信はB1とB28で対応あり。B18の対応がないので微妙ではあると思います。ちょっと調べてみましたが使えたって人はいないので、AUのLTE狙いならやめた方が良さそうです。

購入リンク:SHARP Z2 4GB/32GB
価格:$108.99

UMIDIGI A1 PRO $99.99

UMIDIGI A1 Proは、背面13MP+5MPデュアルレンズカメラ搭載、3.5mmオーディオジャック&Type-Cポート搭載、4G同時待ち受け、顔認証機能搭載、Android8.1対応など魅力的な端末なのにこの価格というのがすごいです。デザインも4Dカーブで光沢のあるボディーが美しく洗練されています。搭載のSoCはMediaTek MT6739 processorでAntutuスコアでは36500点前後となり、ローエンド端末になります。

UMIDIGI A1 Pro 日本からの購入最安値

OS Android 8.1
CPU MTK MT6739 4x Cortex-A53 up to 1.5GHz
GPU IMG 8XE 1PPC 570MHz
ストレージ 16GB
メモリ 3GB
外部ストレージ MicroSD 最大256GB
ディスプレイ 5.5インチ 画面占有率85%
解像度 720 x 1440 HD+, 293 PPI 18:9 
カメラ リア:13MP + 5MP f2.0開口
フロント:5MP f2.4開口
ビデオ:1080p/720p video, 30fps
WIFI IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth V4.0, Bluetooth HID対応
センサー Pセンサ/Lセンサ/加速度センサ/ジャイロスコープ/地磁気センサ
GPS GPS/GLONASS/BeiDou
GooglePlayStore 初期インストールあり
サイズ 145.3×69.1×8.5mm、173g
インターフェース TYPE-C、MicroSD(排他仕様)、3.5mmオーディオ
バッテリー 3150mAh 5V/2Aクイックチャージ対応
ネットワーク 2G: 2/3/5/8
3G: 1/2/4/5/8
4G: 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/38/40/41
参考記事 UMIDIGI A1 Pro スペックレビュー

DOCOMO系はFomaプラスエリアである3GのB6への対応はないですが、プラチナバンドであるLTEのB19への対応はあり、街中で使うには普通に使えるスペックです。
Softbank系は、LEDプラチナバンドであるB8への対応もあるし、一致する周波数が多く快適に使えると思います。
AU系は、3G通話は対応なし。LTE通信はB1で対応がありますが、プラチナバンドであるB18/B26への対応がないのでエリア極小の為ほぼ使えないと思ったほうが良いですね。

SIMサイズは2枚ともnanoサイズ、MicroSDカードのトレイがSIMトレイと排他仕様のため、MicroSD入れる場合は実質シングルSIMになりますが、4Gでの同時待ち受けが可能という事です。 Dual 4G VoLTEに対応です。

リンク:UMIDIGI A1 PRO 3GB/16GB
価格:$99.99
割引クーポン&セール情報 毎日更新中
GearBest Banggood GeekBuying TOMTOP Cafago
欲しい機種が決まっている人は5社分まとめてクーポン検索
5社最安クーポン価格比較

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください