【クーポンで$689.99】Vivo NEX スクリーン指紋認証&内側ポップアップカメラで斬新なスマホが登場

Vivo NEX スペックレビュー

6.59インチのAMOLEDディスプレイ搭載、スクリーン指紋認証とフロントカメラがポップアップ式というガジェット好きの心をえぐるような斬新なスマホが登場しました!

Vivo NEXシリーズには、Vivo NEXとVivo NEX旗舰版とありますが、今回紹介するのはNEX旗舰版の方です。両者見分け方は。SoC(CPU)の違いです。NEX旗舰版はSnapdragon 845を搭載で背面に指紋認証無し、NEXの方はSnapdragon 710で背面に指紋認証があります。

Vivo NEX のスペックレビュー

Vivo NEX スクリーン指紋認証&ポップアップカメラで斬新!B18/B19対応

OS Android 8.1
CPU Qualcomm Snapdragon 845 Octa Core 2.8GHz
メモリ 8GB
ストレージ 128GB/256GB
ディスプレイ 6.59インチ AMOLED
カメラ リア:12.0MP+5.0MP、フロント:8.0MP
バッテリー 4000mAh
インターフェース 2 x Nano SIM Slot,3.5mm Audio Out Port,Micophone,Speaker,Type-C
wifi 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth V5.0
センサー E-Compass,Gravity Sensor,Gyroscope,Proximity Sensor
GPS BDS/GPS/Glonass
言語 日本語対応あり
GooglePlayStore 初期インストール不明
サイズ 162×77×7.98mm
周波数 ● 2G: 850/900/1800/1900MHz, CDMA: BC0/BC1/BC10
● 3G: B1/B2/B4/B5/B8/B34/B39
● 4G: B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B17/B18/B19/B20
  /B25/B26/B28A/B28B/B34/B38/B39/B40/B41

スペックから判断すると・・
DOCOMO:B6非対応・B19/B28対応で結構快適
AU:BC0通話非対応・通信はB18/B26/B28対応で結構快適
Softbank:B8/B28対応で結構快適

それぞれのキャリアのプラチナバンドなどの説明は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでください。
※当ブログは電波の受信状況や使用可否を説明していますが、電波法違反を助長する意図はありません。

Vivo NEX スペックレビュー

左右のベゼルはわずか1.71ミリ、上面ベゼルは2.16ミリと3辺狭額縁になります。赤外線距離検出装置、 光感知装置は、画面の上部と下部に微妙に隠されており、画面占有率は91.24%となっています。ディスプレイ比は19.3:9の縦長のスマホです。

Vivo NEX スペックレビュー

フルスクリーンのサウンド技術で、サウンドは微振動ユニットによって駆動されており、見た目は受話口が見えません。どんな音がなるのか興味が止まりませんね。

Vivo NEX スペックレビュー

ホログラフィックカラーボディは、 ナノレベルの光と影で高級感のある仕上がりになっています。ナノスケールのレーザー技術を使用し、数千個の錯視回折ユニットが裏表紙に彫刻されています。

NEXのフラッグシップバージョンのStar Diamond Blackのみがホログラフィックイリュージョンプロセスを使用し、NEXの主力バージョンのGems Redはマイクロクリスタルレイプロセスを使用します。

Vivo NEX スペックレビュー

ボディーは2.5Dカーブで、上面にはイヤホンジャックを搭載。こちらはNEX旗舰版のスクショになりますので、背面に指紋認証がついていません。

Vivo NEX スペックレビュー

Vivo NEXの売りは、こちらのポップアップ式のフロントカメラ。フロントカメラをONにしたら自動でポップアップしてくるカメラは、約50,000回の動作確認をパスしているそうです。

カメラをあげたまま落とした場合は、落とし方によっては厳しいかもしれませんが、引っ張ったりねじったりするテンションには耐えられる設計になっています。

Vivo NEX スペックレビュー

Vivo NEX旗舰版に搭載されたスクリーン認証はかなり期待が高いです。デスクの上に置いて使用したい場合や、手帳カバーを利用したい場合は背面指紋センサーだと使いにくさを感じる場合があるのですが、Vivo NEXはスクリーン指紋認証を搭載しているので、画面をタッチしてロックを解除させる事ができます。

NEX Ultimateが最初に搭載した第3世代のスクリーン指紋技術は、従来の技術と比較し精度が50%向上したとのこと。

Vivo NEX スペックレビュー

フロントにホームボタンを設けないスタイルで、ジェスチャーによってナビゲーションバーの代わりを果たします。ジェスチャーナビゲーションに慣れるまではとても使いにくく感じましたが、慣れたらこれはこれで便利です。なにより画面を大きく使える利点はとても大きいです。

Vivo NEX スペックレビュー

Vivo NEXはJovi Smart Voice Assistantという、SiriやGoogleの音声アシスタントのようなAIシステムを搭載。

Vivo NEX スペックレビュー

搭載のSoCはQualcomm Snapdragon 845でメモリ8GBの恩恵を受け、前世代より最大30%の性能の向上を達成しました。ゲーム固有のSDKを継続的に最適化し、ゲームモード4.0に匹敵します。

Vivo NEX スペックレビュー

本体左サイドにはJovi AIを起動させるボタンを搭載しており、AIアシストを素早く起動させ利用する事ができます。

Vivo NEX スペックレビュー

Jovi AIを搭載した背面カメラはは、知識、検索、買い物、掃除、翻訳などの機能を搭載しています。AIアシスタントをカメラと併用する事により、ウェブページ、チャットなどの他のインターフェース上のテキストや画像を認識し、対応するカードを表示することができます。

Vivo NEX スペックレビュー

背面には、ソニーIMX363センサー、12.0MP+5.0MPのフルカラーデュアルコアフォーカスカメラを搭載。4軸光学手振れ補正でブレのない写真を撮影する事ができます。更にAIシーン認識でオートで撮影しても、場面に合わせた素敵な写真にカメラが勝手に機械処理をしてくれます。

Vivo NEX スペックレビュー

Vivo NEX スペックレビュー

この3枚は公式からお借りした撮影サンプルです。人物・花・夜景とAIが判断して撮影しています。食べ物をより魅力的に、花をより美しく、女性の肌は明るく美しくAIが判断して調節してくれます。

Vivo NEX スペックレビュー

また逆光の場合でも、AIが光の量を判断し、複数の写真を合成して良い塩梅の写真にしあげてくれます。

Vivo NEX スペックレビュー

Vivo NEX スペックレビュー

夕日などの難しい写真もとても美しく撮影できていますよね。海のやつやばい、とてもキレイです。

Vivo NEX スペックレビュー

Vivo NEXはP3色域標準に準拠していて、従来のカメラよりより色鮮やかな写真が撮影できるようになりました。6.59インチのSuper AMOLED HDディスプレイは、真のカラフルな水平線を示すP3色域表示をサポートします。

Vivo NEX スペックレビュー

少しだけ残念なのがUIです。中国語のアプリがわりとてんこ盛りで、言語自体は日本語に対応がありますが、日本語にならないものがあるようです。Google Play Storeが見えないので、もしかして自分で入れる必要があるかも。

それかショップが親切でカスロムを焼いてくれるかもしれないですが、XDAを見てきたところ、現時点はまだ導入できそうなカスROMなどは公開されてありませんでした。ただ今後予定があるとは記載があったので、気になる人は自分で焼き替えてもいいかもしれない。

Vivo NEX スペックレビュー

このUIも悪いところばかりではなく、天気情報に気温に合わせた服装のアドバイスなどもあり、さらに日焼けを防いでくれるアドバイスをくれたりもするそうです。

Vivo NEX スペックレビュー

歩数計なども搭載しており、1日の運動量をVivo NEXが記録してくれます。

Vivo NEX 日本からの購入

現在GearBestでクーポンセール中!
購入リンク:Vivo NEX 4G
割引クーポン:(クーポンクリックでコピー可能)
クーポン割引価格:$689.99

Vivo NEX 日本からの購入

サイト リンク/価格
GearBest $689.99 
Banggood $799.99
GeekBuying 検索リンク
TOMTOP 検索リンク
CAFAGO 検索リンク

※情報は記事執筆日のものです。現在価格は各自リンク先でご確認ください。

割引クーポン&セール情報 毎日更新中
GearBest Banggood GeekBuying TOMTOP Cafago
欲しい機種が決まっている人は5社分まとめてクーポン検索
5社最安クーポン価格比較

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください