wifi規格のaとgとgwの違い

  • a:5GHz/433.5Mbps(11ac)
  • a:5GHz/300Mbps(11a/n)
  • g:2.4GHz/300Mbps(11g/n)
  • aw:5GHz/54Mbps(11a)
  • gw:2.4GHz/54Mbps(11g)

wifiの電波にはこの5つがあります。

古いwifiには2つしかないこともあり、私の持っているwimaxには g と gw しかないのですが、無線LANのホームルーターに接続する事によって、a と aw も使えるようになりました。

aとawは同じで5GHz、gとgwは同じで2.4GHz。
何が違うかというと、wがついたら接続方法、セキュリティーの仕様が変わります。

 スポンサードリンク

wifiのaとgの違い

aは5GHzで、gは2.4GHzという周波数の電波を使っています。

gの2.4GHzのデメリットは、電子レンジやbluetoothやコードレス電話などもこの周波数を使っている為、電子レンジを使用した際電波が途切れたり、速度が低下したりという事態に陥りがち。

マンションなど集合住宅の場合は、壁の薄さや場所によっては自分の家だけじゃなく、隣の家や上下の家の電子レンジとも干渉することがあります。

gの2.4GHzのメリットとしては、5GHzより電波が遠くまで届くということ。

障害物があっても回り込んで電波が追いかけてくるという規格で、wifiルーターから離れた場所でwifiを利用する場合は、5GHzだと電波が届かない場所でも2.4GHzだと切れずに使用する事ができるという事になります。

aの5GHzのメリットは、なんと言っても使っている機器が少数なため、電波干渉を受けにくい。

bluetoothでマウスやキーボードを接続していても電波干渉しあう事が少なく、更には電子レンジを使用しても速度低下などを招かず安定した通信を続けることができます。

ですが、そのwifiが届く範囲は、gの2.4GHzには劣ってしまうのがデメリット。

wifiの g と gw の違い

通信方式には、「WPA2-PSK(AES)/WPA-PSK(AES)」「WPA2-PSK(TKIP)/WPA-PSK(TKIP)」「WEP」などがあり、左から順に安全度が高い順番になります。

その安全度が高いAESというのが俗にいう「g」のこと。

一番最後にランキングしている脆弱性が認められているできれば使いたくないwifiアンテナが「WEP=gw」となります。

gwは比較的古い通信方式になります。

つまりはAESのwifiアンテナ、「Aterm-××-g」などという「g」アンテナに対応している機種では、新しくより安全なセイキュリティー規格である「g」というwifiを使った方が良いという事になります。

「WPA2-AES」と「WPA2-TKIP」の場合も一緒で、TKIPよりもAESは更に安全に進化したものになるので、AESを選びましょう!

とにかく「WPA2-PSK(AES)/WPA-PSK(AES)」というwifiが選択できる場合は、「WPA2-PSK(AES)/WPA-PSK(AES)」に限るということです。

なんか「w」ってついてたら良さそうな気がするけど、wはダメだと頭に叩き込んでくださいね。

私は初めは知らずにwってすごそうってイメージで使ってました・・orz 

無知怖いww

11acとは

5GHzの最新規格の電波です。

11a/nの5GHzの電波は、太い1本を繋いだ台数で分け合うので、繋ぐ台数が多い分混線しますが、11acはそれぞれ独立した電波で分け合わずにつなぐという規格なので、沢山つないでも速度の劣化が11a/nより緩やかです。

もちろん大元を繋いだ台数で割るので、少しは劣化しますが、11acは現段階で一番wifiの速度を実感できる電波という事になります。

11ac対応の無線LANホームルーターというのは、こういう機械です。wifiの電波の表示は「a」となりますが、433.5Mbpsという速度でつながります。

wifiルーター紹介記事はこちら
⇒「鉄筋コンクリート2階建てでも使えるwifiルーターWG2600HPレビュー