CZUR Lens Pro レビュー 超軽量多機能ポータブルスキャナー

CZUR Lens Pro レビュー 超軽量多機能ポータブルスキャナー

スキャナー専門メーカーとして、シリーズ累計出荷台数30万台の実績を持つCZUR(シーザー)ブランドから、シリーズ最軽量&便利機能満載のポータブルスキャナー『CZUR Lens Pro(シーザー・レンズ・プロ)』が日本初上陸。日本初の正規販売ルートとして、応援購入サービス『Makuake』にて先行販売中です!

Makuakeプロジェクトページ:CZUR Lens Pro

CZUR社独自のアルゴリズムなど高機能な技術満載のスマートスキャナーは、商用モデルから一般家庭向けのポータブルモデルまで幅広く展開されており、その品質・機能性の高さで、書類作成作業の多いオフィスワーカー・在宅ワーカーや、手持ちの本をデジタル化したい方などに愛用されています。

今回レビューする最新モデル『CZURレンズプロ』は、すごい機能が盛り沢山ですが、今回はその中でも特に筆者イチオシの機能を交えながら紹介していこうと思います!

CZUR Lens Proの特徴と仕様

CZUR Lens Proの特徴と仕様

CZUR Lens Proの特徴

  • シリーズ最軽量427g
  • わずか1秒の高速スキャン
  • OCR(光学式文字読取)、マルチターゲットページング、文字方向認識、ウォーターマークなど多機能
  • 置く場所を選ばないミニマルデザイン
  • webカメラとしても使用可能

CZUR Lens Proの仕様

製品名 CZUR Lens Pro(シーザー・レンズ・プロ)
画素数 1200万画素
解像度 3968*2976
DPI 330DPI
センサー CMOS(SONY製)
スキャンスピード 1秒/1回
スキャン対応サイズ A4まで
エクスポートフォーマット JPG、Word、Excel、PDF、検索可能なPDF、TIFF
動画エクスポートフォーマット MP4
カラービット数 24ビット
OCR 180種以上の言語対応
ソフトウェア対応 OS Windows XP/7/8/10/11 32-bit/64-bit、MacOS 10.11 以降
製品サイズ 78.5×105×352.5mm(長さ×幅×高さ)
製品重量 427g
同梱物 スキャナー×1
Type-C ケーブル×1
ドキュメントマット×1
スタートガイド
インストール CD

CZUR Lens Proの実機レビュー

開封~パッケージ内容・付属品~

CZUR Lens Proの実機レビュー

ダンボールにほぼジャストサイズで収まっていました。

CZUR Lens Proの実機レビュー

CZUR Lens Proの実機レビュー

外箱には持ち手が付いていたり、最小限の緩衝材で丁寧に梱包されていて、細かい配慮が感じられます。

CZUR Lens Proの実機レビュー
パッケージ内容は、本体、ドキュメントマット、USB Type-C ケーブル、スタートガイド、インストールCDです。

CZUR Lens Proの実機レビュー
なお、今回提供頂いたレビュー品にはUSB Type-AtoC変換アダプタも付属していましたが、販売時には同梱されず、別売りのオプション品となるようですのでご注意ください。

CZUR Lens Proの実機レビュー
本体正面
CZUR Lens Proの実機レビュー
本体背面

CZUR Lens Proの実機レビュー
本体にはLEDライトをON/OFFする電源ボタンのみのシンプルなデザインです。

CZUR Lens Proの実機レビュー
土台部分にも英語で記載がありますが、支柱が時計回りに180°回転しますので配置に困ることがなさそうですね。

CZUR Lens Proの実機レビュー
スキャン使用時はヘッド部分を起こします。無駄の無いミニマルデザインでどんなインテリアでも違和感無くマッチします。

CZUR Lens Proの実機レビュー
カメラ部分にLEDライトが付いており、暗所でのスキャンや、デスクライトとしての利用も可能です。

地味ですが小さなクッションが付いており、折りたたみ時に支柱部分と接触して傷付く心配が無いのも嬉しいポイント。

CZUR Lens Proの実機レビュー
底面にはType-C 接続口とケーブル固定用の溝があります。

配線を出す方向を3方向から選べるので、他のものと干渉したり配置で困ることが無いのが良いですね。ケーブルがUSB一本で済むのも嬉しいです。

CZUR Lens Proの実機レビュー
付属のドキュメントマット。真っすぐ置かなくてもスキャンできるのですが、水平が取りやすいようにデザインされていて使いやすいです。

CZUR Lens Proの実機レビュー
スキャンする際は専用のドキュメントマットの切り欠き部分を本体と突き合わせて使用します。

CZUR Lens Proの使い方と使用感

▼ホーム画面
CZUR Lens Proの使い方と使用感

ソフトのインストールが完了したら「スキャン」を押すとこのようなホーム画面となります。多機能で使いこなすのも大変ですが、今回は重要な機能や使い方に絞ってお伝えしていきます。

▼スキャン~フラットペーパー機能~

CZUR Lens Proの使い方と使用感

領収書や書類のデータ化を素早く効率的に行えるのがCZUR Lens Proです。
基本的な使い方と思われるフラットペーパー機能ですが、右下スキャンを押して一秒で鮮明な画像が出来上がります。

CZUR Lens Proの使い方と使用感
一部加工で伏せていますが、文字が潰れて見えるような事も無くハッキリとした画像です。

CZUR Lens Proの使い方と使用感

CZUR Lens Proの使い方と使用感

上の画像のように文字が90°回転した状態でスキャンすると、後ほどホーム画面で回転機能を使って画像を90°回転させる処理を行う必要が出てきてしまいますので、フラットペーパー機能の右にある設定から「文字方向で調節する」にチェックを入れると、自動的にあらかじめ回転した状態で画像化してくれます。

精度も問題無く、ある程度斜めになっていたり適当に置いても認識してくれますので忘れずにチェックを入れるようにして下さい。

CZUR Lens Proの使い方と使用感
CZUR Lens Proは、説明書のような折り目があって一枚の紙として歪んだ状態であってもこのように補正して綺麗な画像として出力してくれます。

CZUR Lens Proの使い方と使用感
複数の領収書、レシートをそれぞれ個別の画像として保存するのもとても簡単。

「マルチターゲットページング」にチェックを入れてスキャン一秒で個別の画像として出力してくれます。

領収書やレシートを何枚置こうがスキャンは1秒なので、これは一般的なコピー機等とは一線を画した効率ですよね。かなり驚きの利便性です。


また、複数ページを取り込む場合にも、スキャンボタン下の「手めくりで自動スキャン」を使用すれば、数秒毎にページをめくるだけでお手軽に連続したスキャンが可能。

単一ページ構成の書類や資料、本の片面ページをまとめて取り込む場合などで、とても助かる機能です。

付属マットのサイズとスペースによっては、A4サイズの大きめの本を取り込む時、左開きか右開きかによって本体の配置を変えるかマットの位置を反対側にする必要が出てくるかと思いますが、本体が軽い事と支柱が180度回転する為、配置次第で効率的なスキャンが可能になってくると思います。

一般のコピー機、複合機では時間のかかる大量の書類のデータ化が、これ程手軽に効率化して行えるというのは驚きです。

【スキャン~結合側~】
CZUR Lens Proには免許証やIDなどの表面、裏面を一枚の画像に出来る垂直結合、水平結合機能があります。

CZUR Lens Proの使い方と使用感

CZUR Lens Proの使い方と使用感
垂直方向か水平方向か選択し表面、裏面をスキャンするだけです。
その際に、スキャンボタンの下にある「手めくりで自動スキャン」にチェックを入れておくとひっくり返すだけで自動的にスキャン処理してくれます。

【スキャン~領域をスキャンする~】
こちらもCZUR Lens Proならではの機能で領域を選択してスキャン、お手軽にトリミングしてくれる優れものです。

CZUR Lens Proの使い方と使用感

CZUR Lens Proの使い方と使用感

絵や図を切り取りたかったり、表だけをコピーしたいんだけどな~という事があるかと思いますがCZUR Lens Proなら「ctrlキーを押してマウスで範囲選択するだけ」で上の2枚目のロゴマークのような画像が抽出可能です。

【PDF化】
CZUR Lens Proは、資料として提出したり大切な文書をほんの数秒でお手軽にスキャン、PDF化まで出来てしまいます。

CZUR Lens Proの実機レビュー

CZUR Lens Proの実機レビュー
ホーム画面のPDFボタンを押すと手軽にPDF化、サーチャブルPDF化出来ます。

【OCR機能】
CZUR Lens Proの目玉の一つでもあるOCR(光学式文字読取)機能についてです。
Word文書としてテキストベースで保存出来るのですが、その実力はどうでしょうか。

CZUR Lens Proの実機レビュー

左がOCR機能使用後のWord文書、右が元データです。
比較してみるとほぼ誤りが無いのが分かります。

CZUR Lens Proの実機レビュー
注意点としては、日本語、英語など使用言語が複数混在している文書の場合、OCRボタンを押した後のポップアップウィンドウで言語をその他とし、日本語と英語(対応する言語を全て)を指定する必要があります。

CZUR Lens Proの実機レビュー
このように複数言語が使用されていたり、複雑な表記だとさすがに誤認識、脱字などが多少出てきてしまいます。

CZUR Lens Proの実機レビュー
画像左がOCR機能使用後のWord文書、右が元データですが、文書や資料など紙の質にもよりますが、LEDライトONの状態で暗所で撮影すると光が反射して読み取りにくく、誤認識の原因にもなります。

OCR機能を使用する場合は部屋を明るくしてLEDライトOFFで行うのがベターかもしれません。

また、公式で謳われている通り、日本語の認識率は90%超とのことです。英語だけ、日本語だけの資料をOCR化する方が精度は高くなりそうな印象ですね。

難しい部分だとは思いますが、今後ソフトウェアアップデートや次回作で精度が更に上がる事を期待したいところです。

【ウォーターマーク機能】
「そういえばあったら便利!」という機能を備えているのもCZUR Lens Proの良いところ。

CZUR Lens Proの実機レビュー
資料として配布する場合に「sample」等の透かし(ウォーターマーク)を入れることが出来ます。
テンプレートから選ぶ事も可能ですが、任意の文字を入れることが出来ます。

会社資料等でよくある「社外秘」スタンプも不要になってくるかもしれません。

CZUR Lens Proの実機レビューまとめ

CZUR Lens Proの実機レビューまとめ

CZUR Lens Proの使用感をレビューしてきました。

一般家庭用コピー機、複合機には難しい事もそつなくこなす、これだけ多機能で超軽量、コンパクトなスキャナーは唯一無二の存在!

会社利用も可能なレベルですし、超軽量・超コンパクトなので持ち運びも苦になりません。USB給電でケーブル一本で動作する点も素晴らしいです。

自営業、営業職、イラストレーターなど外出先で書類、資料、作品をデータ化する必要のある職種の方に是非ともおすすめしたい製品です!

CZUR Lens Proの実機レビューまとめ

使用しない時も邪魔にならないサイズ感で、かといって使う時の為に机の上に常に置いてあっても主張しないデザイン。

ソフト次第で使い勝手が変わる製品でもありますので、細かな改善点は今後のソフトウェアアップデートに期待しつつ、これからも大事に使い込んでいきたいと思います!

冒頭でも書きましたが、今回レビューしたCZUR Lens Proは、現在Makuakeにてプロジェクト参加者を募集しています。

Makuakeプロジェクトページ:CZUR Lens Pro




●最新クーポン情報毎日更新中です●
Banggoodクーポン 最安クーポン比較 クーポンまとめカテゴリ

スポンサード

コメントをする(スパム対策で認証制にしています)

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください