OneOdio Pro50 ヘッドホンレビュー 6.35mmのステレオ標準プラグ対応で楽器用にも最適!

OneOdio Pro-50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー 外観参考写真

Amazonで約5千円で購入できる『OneOdio Pro-50』 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビューです。

OneOdio Pro-50 DJ用 ハイレゾヘッドホンの特徴

今回レビューするPro-50は、高弾性クッションイヤーパッドを採用したPro-30が更にHi-Resレベルの高音質に改良されたモデルで、OneOdioブランドのヘッドフォンの中でも上位モデルになります。

OneOdio Pro-50は3.5mmケーブルだけじゃなく、楽器などに接続するのに便利な6.35mmケーブルにも対応しており、幅広い利用が可能。フラットなチューニングで、DJ MIXの作成・編集などをする際にもクセのないリアルな音をチェック出来るヘッドフォンとの事です。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー

上のスクリーンショットはAmazonの商品ページからお借りしたものですが、OneOdio Pro-50の説明がばっちりされているので是非読んで欲しいw

フラット傾向のチューニングとの事ですが、50mmドライバーユニットを搭載しており、しっかりと低音がなってくれるのでリスニング用としても退屈しない音です。音量をあげなくともバス・ドラムがしっかりなってくれるので、長時間BGM的に利用するのにも向いていると思います。

最近愛用しているモニター系のイヤホンIER-M7と比較したら、OneOdio Pro-50はDJ用という事もあり若干低音寄りのチューニングに感じますので、プロの方がスタジオモニタリングやミキシングに利用できるかと言われるとその辺が影響しそうですが、リスニング用となれば話は別。出力パワーの少ないスマホで音楽をストリーミング再生しても低音がぼわぼわせずにしっかり分離してドスドス鳴ってくれますので、個人的には5千円でこの音質はコスパ最高と言えると思います。

OneOdio Pro-50は密閉型で外の音をシャットアウトしてくれる効果があるのですが、イヤーパッドのクッションが柔らかいので眼鏡の上から装着しても耳も痛くなりません。またヘッドバンド部とイヤーパッドがうまい具合に力を分散してくれるようで、長時間つけていても圧迫感や負担を感じません。イヤホンのような軽い装着感で快適です。

自分自身デコが広い自覚はあるのですが、通常ヘッドフォンで1番下まで調節を伸ばす事が無いのに、OneOdio Pro-50は1番下まで伸ばさないと耳まで届かなかったので、耳が下の方についている人(耳より上が長い人)にはもしかしてサイズが合わないかもしれないです。形状を見ると、横に幅が広い分は問題なさそうですが頭が長い人だけ注意が必要だと思います。




OneOdio Pro 50 DJ用 ヘッドホンレビュー

では開封の儀からです。箱にはハイレゾマークが刻印されています。
OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー 外箱と梱包

Amazonからの配送ですが、ビニールに入って届きました。Amazon特有の段ボールで360度囲まれるという配送ではありませんでしたが、私の家には良い状態で届きました。これは配送業者によりそうなので、化粧箱の状態に関しては運があるかもしれません。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー パッケージ内容

箱の中には、ケーブル2本、日本語対応の説明書、品質保証書、OneOdio Pro-50ヘッドフォンとキャリー用の袋が入っています。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー キャリーケース

キャリー用の袋の素材はレザー調のナイロンになります。外側も内側も柔らかい素材で、OneOdio Pro-50を安全に持ち運ぶ事ができます。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー 折りたたんだところの写真

OneOdio Pro-50は180度回転できるイヤーカップと折りたためる機構になっており、コンパクトにまとめる事ができますので、持ち運びが多い人は便利に使えると思います。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー イヤーパットの素材

ヘッド部にあたっていたL側のイヤーパッドが少し潰れちゃってますが、イヤーパッドはフワフワした素材で付け心地はとてもいいです。しっかりと耳を包み込んでしまうので、遮音性は抜群。カナル型のイヤホンに負けない程、外音を遮断してくれます。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー 同梱のケーブルについて

ケーブルは2本入っていました。黒い方がマイク付きの3.5mmケーブルになります。マイク搭載なので、通話用のヘッドセットとして利用可能です。

赤い方は、3.5mm to 6.35mmになっているので、エレクトリックギターやエフェクター、ギターアンプの端子などにも対応できます。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー 同梱のケーブル 6.35㎜対応の説明参考画像

ヘッドフォンの写真の左に3.5mmのポートが搭載されており、右側には6.35mmのポートが搭載されています。3.5mmの通常のスマホなどに接続したい場合は、ヘッドフォン側に6.35mmを入れて接続する事で、終端が3.5mmケーブルになるという仕組みです。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー 通話対応のケーブル

こちらの黒いケーブルはマイク付きの3.5mmオーディオケーブルになります。丸いボタンは音楽再生停止や、曲送りなどの操作ができます。スマホをポケットの中に入れていても曲飛ばしなどが使えるのは便利です。

OneOdio Pro50 DJ用 ハイレゾヘッドホンレビュー 外観参考画像

ドンシャリ傾向のヘッドフォンは作業用としては邪魔に感じてしまう事があるのですが、モニター系はすごく自然に聴こえてくるので作業の邪魔にならない事に気づいて最近はまっています。手を止めた時にふと音楽が頭に入ってくる、OneOdio Pro-50もそういうヘッドフォンです。作業中もとにかく1日中音楽を聴いていたいというような人に向いています。

OneOdio Pro-50はフラット傾向で全ての音がバランスよく鳴ってくれるので、イコライザーをいじるとまた全然違った音に聴こえるという楽しみもあります。この価格帯でも有線ヘッドフォンとなるとイヤホンと比較してかなり高音質になりますので、ヘッドフォン初心者の方がOneOdio Pro-50を買うと感動すると思います。

あと、赤い方のリスニング用のコードが2mぐらいと長いのも割と便利です。ウォークマンをデスクの上に置いておいてちょっと動いても落としてしまう事が無いのが良いです。楽器に接続して利用する場合にも便利に使えるのではないでしょうか。

OneOdio Pro-50の購入

今回レビューしたOneOdio Pro-50はAmazonで購入できます。商品ページではPro-30も一緒になっているので、間違えないように気を付けてくださいね。より高音質なのはOneOdio Pro-50です。

Amazonリンク:OneOdio Pro50 Hi-res ヘッドホン




よく読まれている記事

Banggood日本限定クーポン

コメントをする(スパム対策で認証制にしています)

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください