poco F2 pro

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

現在GearBestでフラッシュセールで33%オフの$369.99になっているBMAX Y13の実機レビューです。

CPUはIntel Gemini Lake N4100になるので、ビジネス用途にバリバリ使うという感じではないですが、ブログ編集やライトなオフィス作業向けになります。

また360度画面が開閉しタブレットとしても利用できるので、パソコンを寝っ転がって使いながら調べものをしたいなどという用途に最適です!

BMAX Y13 実機レビュー

※写真は表示を小さくしておりますが、全てクリックで拡大します。

13インチで視界良好のディスプレイ

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

13インチのディスプレイの解像度は1920×1080 FHDで、ディスプレイを指で触って操作が可能なタッチディスプレイ対応。ディスプレイ比は16:9で横に広いワイドタイプになりますので動画の閲覧などは捗ります。

メモリは8GB、ストレージは256GBのSSDになります。CPUはIntel Gemini Lake N4100 Quad Core 1.1GHz, up to 2.4GHz、GPUはIntel UHD Graphics 600で、エントリークラスのCPUなので大量のファイルなどをネット上からダウンロードなどをする際は少し低速だなと感じますが、通常のネット閲覧や動画閲覧などはストレスなく利用できます。

1度のフル充電からは6時間ぐらいの利用が可能で、モバイル用のPCとしてはパフォーマンスは抜群なのではないでしょうか。

ファンレスデザインで、駆動音は全くしません。とっても静かなので、図書館など静音性が求められる場所での利用にも適しています。

フロントカメラつきでビデオチャットも可能

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

ディスプレイ中央の上部にカメラがついています。カメラの解像度は1.0MPなので美しい映像とまではいきませんが、夜間でも普通に表情が見えるテレビ電話などもできます。SKYPEなどを利用したテレビ会議などをする人は便利に使えると思います。

技適付き・Bluetooth5.0対応・wifiは5GHz対応

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

こちらは背面の写真になりますが、仮面みたいなロゴとBMAXという文字がデザインされています。BMAX Y13はフロントより背面の方が派手で、フロントはこの仮面みたいなロゴが中央にプリントされているだけでとてもシンプルな見た目です。

私のディスプレイで見るとこの写真が1番本物に近い色合いがでており、チタン色に近い濃いシルバーになります。ヒンジ部以外はおそらく金属ではないのですが、見た目は質感は金属と区別がつかないレベルで高級感あります。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

こちら背面の認証マークのアップになりますが、技適マークの刻印もあります。日本で利用する分に関しても安心ですね。

ちなみにwifiは 802.11 a/b/g/n と2.4GHzと5GHzに対応ですので、遅延や通信障害のない快適な通信環境が築けます。生配信などを視聴する場合、私が持っている端末の中で1番早く音声が聞けていましたので、YOUTUBEライブなどの視聴が好きな人などもコメントのラグなどなく快適かと思います。

Bluetoothも最新のBluetooth5.0に対応で、安定した通信が可能ですよ。

M.2に対応でSSD増設可能

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

M.2に対応で、背面にスロットが配置されています。プリインストールストレージの256GBに不足を感じる場合は、ここでSSDストレージの増設ができますよ。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

またゴム足も四隅についているので、デスクに傷もつきにくいし、360度開いた状態でも天板を傷つける事なく利用できるのが良いですね。

インターフェイスを思い切って削減したシンプルなデザイン

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

BMAX Y13 のインターフェイスは思いっきり削減されており、通常のUSBを排除した珍しいデザインになります。マウスなどを利用したい場合はTYPE-C対応のハブを使うかもしくはBluetoothを利用する必要があります。

こちらの左側の綿はDC充電ポートとTYPE-Cポートになります。こちらのTYPE-Cポートは充電にも対応していますので、バスパワーのハブなどを利用して外部出力をする際などにも便利に使えるポートだと思います。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

こちら側は3.5mmイヤホンジャック、TYPE-C、MicroSDスロット、電源ボタンという構成になっています。ストレージ増設ができるMicroSDスロットもありがたいですね。

思い切ってインターフェイスを削除したことにより、とても薄型なデザインにしあがっていると思いますが、個人的にはUSBポートも1つだけは残してほしかったなぁと思うところですね。

厚みはわずか1.47cm、重量は1.23㎏

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

厚みは最大で1.47cmで角が削られているデザインになっているので、端っこの厚みは1cmととても薄いです。上がXiaomi mi notebook 13.3で、下がBMAX Y13 になります。若干BMAX Y13 の方が薄型でコンパクトになっており、見た目はXiaomiに負けないレベルで洗練されていますよね。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

重量は1.237㎏でモバイル性抜群。ずっと片手で持っていると疲れますが、片手でも持てる範囲なのでタブレットモードにして片手で持って書類のチェックなどをする際も

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

またディスプレイを開ける際に爪をひっかける部分がついており、開閉もしやすいです。本体が軽すぎるので、片手で開ける事はできませんが、スマートなデザインでとてもかっこよく感じます。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

繋ぎ部のヒンジは金属で360度開閉にも耐えうる仕様で、またとてもスムーズに開閉ができ快適です。とても作りこまれており、セール前の価格は約$550ですがそれ以上の質感に感じました。安っぽさは全くないです。



キー配列は少し特殊

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

キーボードは英字配列で、右端に特殊なキー配列があるタイプになります。このキー配列になれている人はなんともないと思いますが、私はこのキー配列があまり好きではない為少し残念。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

キーストローク・キーピッチともにフルサイズのキーボード利用者でも問題なく以降可能。ノートPCならではの軽い打鍵感でサクサク押せるタッチ感は好きです。

赤い部分が色々操作してみたのですが良く分かりませんでした。将来的にここに指紋センサーでも搭載する予定で開けているのですかね。

トラックパッドの反応も良く、タッチディスプレイもあるのでマウス無しでも快適です。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

暗所でキー入力する際に役立つバックキーライト搭載で、本当にデザインの隅々まで上質です。バッテリー節約を考える人はキーボードのバックキーライト操作ボタンで簡単にオフにもできます。

360度開くだけでタブレットに変化

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

BMAX Y13の売りと言っても過言ではないタブレットモード。通常このように液晶を持つのは良くないですが、片手に抱えて書類のチェックなどをするのに最適です。windowsタブレットとパソコンの両方が欲しい人には嬉しい仕様です。

180度以上開くだけでタブレットモードに自動で以降でき、その場合はキーボードにロックがかかるので、キーボードを触っても影響がないのも便利です。

マウスで連続タッチするような操作の場合は、タブレットモードにして手でちょんちょんって押すとものすごく作業が捗り感動しました。色々なスタイルでの使い方ができるのは作業効率が各段にアップしますね。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

動画などを見る場合はこのようなテントにして自立させて利用するのもおすすめ。ヒンジが優秀で、軽い力で開閉できるけどしっかり止めたいところで止まるのも良いです。とても安定しています。

充電器はグローバルに対応

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

BMAX Y13 の充電器は背面を交換する仕様で、だいたいの国を網羅する充電器が3セットついています。一番右側のアダプターをセットするだけで日本仕様に変更できます。出張などで海外などに行くことが多い人はわざわざPC用のアダプターを準備せずに充電器のここを変更するアダプターで交換するだけでOKなのも良いですね。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

セットしたらこんな感じです。100V~240Vまで広く対応できます。

BMAX Y13 実機レビュー 13インチでタブレットスタイルで使えるノートPC参考画像

日本仕様のアダプターをつけた状態の充電器の重さは143gとこれまた軽量なのもいいですね。モバイル用途が多い人はこの辺もポイント高いのではないでしょうか。



各種ベンチマーク

BMAX Y13 スペック表示参考画像

Intel Gemini Lake N4100 Quad Core CPU 1.1GHz, up to 2.4GHzのベンチマークスコアを各種計測したので参考にしてみてください。

●CrystalDiskMark
ベンチマーク計測する度に計測値が変わるので、2枚載せておきますね。

BMAX Y13 CrystalDiskMarkテスト結果

BMAX Y13 CrystalDiskMarkテスト結果

●ドラクエ
ドラクエは普通品質では重いとなってしまったので、グラフィックス設定を低品質にして解像度を640×480にしたら普通となりました。快適とまではいきませんがプレイできないという事はないスペックです。

BMAX Y13 ドラクエテスト結果

BMAX Y13 ドラクエテスト結果

●WEI Viewer

BMAX Y13 WEI Viewerテスト結果

●PassMark

BMAX Y13 PassMark結果

Intel Gemini Lake N4100 の平均ベンチマークスコアでした。PassMarkのCPUスコアが3000を超えているのが理想値にはなりますが、BMAX Y13の2434.2はぎりぎり許せるレベルかなという感じです。

セレロンは使えないというイメージがありますが、Intel Gemini Lake N4100はかなりベンチマークが向上しており、私が通常使用した範囲ではセレロンだなぁと思うようなもたつきはあまり感じる事はありませんでした。

もちろんwindowsのアップデートなどはハイエンドと比べて遅いと感じましたが、通常のネットサーフィンなどではクリックしてワンクッションあいてプラウザが開くなどという事はなく、通常使いならば満足できると思います。



BMAX Y13 の基本スペック

OS Windows 10 Pro
CPU Intel Gemini Lake N4100 Quad Core CPU 1.1GHz, up to 2.4GHz
GPU Intel UHD Graphics 600
メモリ 8GB LPDDR4
ストレージ 256GB SSD (MicroSD最大256GBに対応)
ディスプレイ 13.3インチ 1920 × 1080
カメラ フロント:1.0MP
wifi 802.11 a/b/g/n(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth Bluetooth5.0
インターフェイス ・3.5mmオーディオジャック
・DC Jack
・MicroSDスロット
・Type-C ×2
バッテリー性能 約6時間利用可能
サイズ 30.75 x 20.80 x 1.47 cm, 1.23kg



BMAX Y13 の購入最安価格比較と割引クーポン

現在GearBestでフラッシュセール価格$369.99で販売中です。
リンク:BMAX Y13 13.3 inch Notebook 360 Degrees Laptop – Gray

BMAX Y13 の購入最安価格比較と割引クーポン

サイト名 現在価格 最新価格を検索
GearBest $369.99 BMAX Y13 の最新価格を見る
Banggood $369.99 BMAX Y13 の最新価格を見る
GeekBuying BMAX Y13 の最新価格を見る
TOMTOP BMAX Y13 の最新価格を見る

※検索リンクより現在の価格・在庫状況を検索頂けます

割引クーポン

最新の割引クーポンをリアルタイムで更新しています。
下記リンクではGearBest・Banggood・Geekbuying・TOMTOPのそれぞれの最新クーポン情報を機種名で検索できます。

GearBestクーポンまとめ
Banggoodクーポンまとめ
GeekBuyingクーポンまとめ
TOMTOPクーポンまとめ

4社まとめて表示しているので少し表示が重たくなりますが、こちらの記事ではGearBest・Banggood・Geekbuying・TOMTOP4社の現在有効なクーポンが一括で検索できます。
4社最安クーポン価格比較まとめ

有効期限切れでもたまに使える場合があります。利用不可の場合でも再発行できる可能性が高いのでコメント欄にてリクエストを下さい。

ここに有効なクーポン情報が無い場合は、上のリンクで検索して頂けると最新クーポンを検索できます。
クーポンはCOPYをクリックでコピーできます。









よく読まれている記事

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください