AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー 

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

見た目は耳からうどんなのにカナル型で装着感が安定するEarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビューです。

EarFun Air 完全ワイヤレスは、Bluetooth5.0、AAC/SBCコーデック対応、約7時間連続再生可能、IPX7対応で、「CES 2020 イノベーション・アワード」、「iFデザインアワード2020」を受賞したハイデザインなイヤホンです。

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

Amazon倉庫からの発送で、化粧箱はとてもきれいな状態で届きます。また化粧箱の外にはビニールがかけられており、清潔感がありました。化粧箱の中身はぐちゃぐちゃにならないようにスポンジで保護されています。

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

パッケージ内容はイヤホンと充電ケース、日本語対応の説明書と、写真には写し忘れていますが、TYPE-C充電ケーブル、交換用のイヤーピースです。

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

雰囲気はAirPodsに似ているのですが、こちらのイヤホンはカナル型となります。ぴっちり耳栓みたいに耳に収まるので、遮音性や装着時の安定性も高いです。

個人的にはEarFun社の前モデルのイヤーピースはかなりフィット感があってお気に入りだったんですが、今回のも同じサイズ感で耳に圧を感じるほどの密閉感で装着感はめちゃくちゃいいです。そして低音もよく響きます。

イヤーピースは写真の通り4サイズ展開となっていますので、色々な形の耳でもだいたい対応できるのではないかと思います。

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

充電ポートは底部についておりTYPE-Cによる急速充電が可能です。イヤホン自体も急速充電に対応しており、約10分で120分再生可能な充電を行う事ができます。

また日本国内で使用する際に嬉しい、技適マークとPSE認証マークが取得されており、充電ケースにその刻印があります。

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

EarFun Airの主な仕様
ドライバーユニット : 直径6mm複合ダイナミックドライバー
電池持続時間:約7時間(イヤホン)、約35時間(ケース充電込み)
充電時間:約 1.5時間(イヤホン)、約2時間(充電ケース)
イヤホン重量 : 約5.3g(片側) 
防水規格:IPX7
Bluetooth規格:5.0 
Bluetooth動作範囲:15m
対応コーデック:AAC、SBC 
周波数特性 : 20Hz~20kHz
Bluetoothプロファイル:A2DP、AVRCP、HFP、HSP

EarFun Airは、Airoha社のMCSync技術を搭載した最新チップを採用しており、左右いずれかのイヤホンを単独でスマホンにペアリングして使用できます。

AptXに対応はありませんが、AACが最高コーデックとなるAppleでは問題ないでしょう。またスマホ自体がAptXに対応していないHelio機などは、AptXのTWSイヤホンの接続が不安定で途切れる事が多々あります。

私はサブのHelio機にはAACコーデックのEarFun社のTWSイヤホンを利用するなど使い分けをしていますが、途切れが発生せずにかなり快適に利用できています。AptXだから良いって訳ではないので、スマホに合ったイヤホンを選ぶのも大事です。

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

EarFun Airはハウジングの背面に誤作動防止機能付きのタッチセンサーを搭載しています。ワンタップでは何も動作しないので誤タップによる誤動作がないのがいいです。

タッチセンサーのメニューは2タップで再生の停止/再開と通話の受取り/切断(L・R共通)、通話着信時2秒長押しで着信拒否(L・R共通)、通話時キャッチホンが入った場合は3タップで通話受取り(L・R共通)、3タップで曲送り(Rのみ)、3タップでアシスタント起動(Lのみ)、長押しで音量を上げる(R)、長押しで音量を下げる(L)です。一通りのメニューが入っておりイヤホンだけでかなりの操作が可能です。

またEarFun Airに搭載された目玉機能の1つに『自動装着検出機能』があります。イヤホンを耳から外すとそれをイヤホンが察知し、再生している音楽などを一時停止し、再度耳に戻すと再開する機能があります。耳から抜けやすいイヤホンにこの機能が搭載していてイライラしていたのですが、EarFun Airは意図せず耳から抜け落ちたりしないのでこの機能の良さが初めて分かりました。

ラジオなどを聞いている時に家族から話かけられた場合は、いちいち一旦停止していたのですが、耳から外すだけで一旦停止してくれるので、ワンテンポ早く反応できるのはやはり便利でした。両耳利用時に片側を外すだけでも一旦停止します。

AACコーデック対応・カナル型 EarFun Air 完全ワイヤレスイヤホンレビュー

またEarFun Airはワイヤレス充電に対応しているので、ワイヤレス充電器を利用している場合はこのように置くだけで本体の充電をする事ができます。充電ポート周りに誤爆で傷をつける事がないのが良いですね。

EarFun Airの音質は低音が強いドンシャリ傾向です。完全ワイヤレスでAACコーデックイヤホンの中で比較すると、厚みのあるしっかり響く低音とクリアな中高音が心地いいです。歌手の息遣いまでしっかり聴こえます。

いつものイヤホンテストを行ってもらう友達と通話にも利用してみましたが、Bluetooth特有の途切れや音量の上がり下がりなどもなくクリアに聴こえるとの事でした。

連続再生7時間というのもポイント高いし、この価格でこの機能となればかなりコスパ良いのではないでしょうか。

現在Amazonでは5,999円から更に10%割引のクーポンが出ています
リンク:【2020 iFデザイン & CES受賞】 EarFun Air Bluetooth 5.0 ワイヤレスイヤホン
価格:クーポン適用で5,400円




よく読まれている記事

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください