マイク付きで通話にも使える低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー クーポンで3680円!

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

Amazonで販売中のOneOdio DJヘッドホンレビューです。写真はクリックで大きくなりますので、詳細の確認がしたい場合はクリックしてくださいね。

OneOdio DJヘッドホンは、φ50mmネオジムドライバーを搭載しており低音に厚みがあって元気なサウンドが特徴です。また6.35mmケーブルと3.5mmケーブルの2本がついているので幅広い用途に使えます!しかも3.5mmの方のケーブルにはマイクも付いているのでボイチャなどの通話にも利用可能。

私も実際スカイプ通話に利用してみましたが、有線接続ならではの安定した通話ができました。音楽も通話もこれ1つで可能なのに、5千円以下という高コスパな価格が魅力的です!セール情報と割引クーポンを頂いているので最下部に記載しております。

Amazon購入リンク:OneOdio DJヘッドホン 密閉型モニターヘッドホン

OneOdio DJヘッドホンレビュー

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

こちらが化粧箱になります。箱は少し簡易的な感じだったけど、ごみ捨てが面倒臭くないのでそれはそれで私は好印象。箱の中に以下のものが入っておりました。

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

持ち運び用に便利なレザー調の袋と、コード2種(6.35mmコードと3.5mmコード)と、説明書と保証書が入っていました。

コンパクトに折りたためるので持ち運びが便利なのですが、ヘッドフォンを入れる為のジャストサイズの袋があるので持ち運び用途が多い人には嬉しいおまけではないでしょうか。

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

赤い方のケーブルが6.35mmの方のケーブルです。電子ピアノなどの電子楽器に接続できます。私はあいにく自宅に電子ピアノなどが無いので試してないのですが、Amazonレビューではヘッドフォンをしていないかのようなリアルな音だったというレビューがあるのでこちらも期待できそうですね。

黒い方の3.5mmケーブルの方は冒頭でも書いたようにマイクがついています。またこのヘッドフォンは充電式ではなく線をつなげばすぐに利用できる有線式なので、充電などの前準備がないのも良いです。

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

こちらがマイク部分の写真になりますが、マイクと別にマルチリモコンボタンがついており音楽の再生停止などの操作が可能です。ですがこれはデバイスによるようで、ウォークマンでは操作できなくて、Androidスマホでは操作可能でした。

ウォークマンは付属のイヤホンにもリモコン無しなので操作できる回路が入っていない可能性ありますね。スマホの場合は、音楽の再生停止も可能ですが、リモコンで通話への応答も可能なのでかなり便利だと思います。しかも通話品質も有線イヤホン同等のクリアな音質です。

ヘッドフォンで通話に出た場合は声が小さいとか雑音がひどいとか苦情が出てしまう事が多いと思うのですが、こちらは有線コードにマイクが内蔵されているので、スマホで音楽をよく聴く人は便利に使えるのではないでしょうか。ゲームでボイチャとかする人も便利に使えると思います。

また通話機能はゲームだけでなく、テレワークで同居家族の騒音から逃げる為の音楽を聴きつつ、会議通話などを行いたい人にも最適ではないかと思います。

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

写真は左右逆になっているので混乱させちゃうかもしれないですが、左耳の方に6.35mmのポート、右耳の方に3.5mmのポートがあります。

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

LとRの刻印がイヤーカップの内部にあって、普段触れないところなので分かりやすいのに経年劣化で消える事がなさそうなのが安心ですね。

イヤーカップは丸い形状ですが、女性である私の耳はすっぽりくるまれてくれました。すっぽりと耳が覆われて、ヘッドフォン自体の左右の締め付けがジャストフィットする感じで適度な密閉感を感じました。人間工学デザインで痛くなる締め付け感とは違うので、不快感はありません。

SONYのMDR-1ABTとの比較になるのですが、私にはMDR-1ABTは少し大きくて、フィット感で言えばOneOdio DJヘッドホンの方が高く感じました。これは人それぞれ感じ方が違うと思うので、目安程度に受け取ってもらえればと思います。

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

ヘッドフォンを置いている台は含まず、ヘッドフォンの純粋な重量は237gでとても軽量です。普段使っているMDR-1ABTが301gなので、手に取った瞬間、軽い!という印象でした。

またOneOdio DJヘッドホンの方がは折りたたんでこんなにもコンパクトに収納できます。写真は左だけですが、片方だけアジャスター部分を伸ばせば、カップ部分を重ねる事ができるので、かなりコンパクトになりますね。

コスパ良好!低音好きにおすすめのOneOdio DJヘッドホンレビュー

私は女性でもブラックや渋い色が好きなのでブラックにしたけれど、かっこいいですよね。銀メッキの部分に少し指紋が付きやすいですが、全体的なデザインはチープさは無いと思いました。

カラーはこの他にグレーとピンクとブラックレッドとグリーンがあります。グリーンは拡張マイク付きで本格的です。通話やボイチャメインの人はグリーンが良いのかな?

ウォークマンにつないでMoraで購入したハイレゾクラッシック音源やCDからFLACで落としたファイルやAmazon HD Musicなど色々聴いてみましたが、普通にいい音です。私の耳は普段SONYのMDR-1ABTの有線接続に慣らされているけれど、それでも印象は「悪くないな」と思いました。

OneOdio DJヘッドホンは低音がすごい迫力です。私はウォークマンを低音を最大に出す設定にしているのですが、MDR-1ABTと比較しても全然負けてない。これには驚きです!

あえて欠点を言うならば中高音の鮮明さに少し欠ける印象で、ほどよい音量で聴き入るクラシックやバラードなどで比較するとMDR-1ABTの高音部の伸びやクリアさが勝るのですが、聴き入る感じではないレゲェやJ-POPなどの音量大き目でノリノリで聴く音楽の場合はさほど違いが分からなくなるほど心地いい音です。価格差から考えたら、大健闘だと思います。

中高音が苦手みたいな事書きましたが、女性ヴォーカルの歌を聴いてみても息遣いもしっかり聞こえて、色々なデバイスを試してみても相性がよく、どのデバイスでも普通に良い音を楽しめます。

低音の迫力は高級ヘッドフォンに劣らずもう本当にすごいので、ベース音が好きな人はこれはこれでありだと思います。スマホでストリーミングしたJ-popを手軽に高音質で聴きたい、通話にも使いたいという用途には、最高のヘッドフォンじゃないかなと思います。




OneOdio DJヘッドホンの基本仕様

型式:密閉ダイナミック型
ドラーバー:φ50mmネオジムドライバー
再生周波数:20-20,000Hz
インピーダンス:32Ω
マグネットタイプ:NdFeB 磁石
最大入力:1600mW
感度:118 ± 3 dB
プラグ:φ6.35㎜モノラル標準 / φ3.5mmステレオミニ
ケーブル長さ:2~3m / 1.2m
コードタイプ:コイル状ケーブル / ストレートケーブル




OneOdio DJヘッドホンの購入最安価格と割引クーポン

OneOdio DJヘッドホンはAmazonで購入できます。

Amazon購入リンク:OneOdio DJヘッドホン 密閉型モニターヘッドホン
ブラック用クーポン:3CJ3SAOT
割引後の価格:3680円
有効期限:05/11 18:00JSTから05/25 23:59JST

※他のカラーは05/10と05/15に3399円になるタイムセールを予定しています!

よく読まれている記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 柳生

    無線のヘッドホンほしかったけど、価格がタカすぎて手が出せない…そう思って有線ヘッドホンも検討していたんですが、コスパ良さそうでイイカンジすね(っ´∀`)っ♪

    • By taraco18

      コスパは最高ですよ~
      高級ヘッドフォンと比べちゃうと粗が見えますが、この価格で考えれば良いなと思いました!
      楽器にも使えるし、3.5mmのケーブルにはマイク付きってのがすごいですよね!

コメントをする(スパム対策で認証制にしています)

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください