大人気XiaomiのMiシリーズに新作の、Xiaomi Mi6が登場しました。
Xiaomi Mi6は新たにSnapdragon 835を搭載。BANDにはAUのCDMA2000も含まれ、デュアルSIMデュアルスタンバイのハイスペックモデルになります。

Xiaomi Mi6 スペック説明

Xiaomi Mi6 スペック説明参考画像 外観

  • OS:MIUI 8 (Base on Android 7.1 OS)
  • CPU:Qualcomm Snapdragon 835, Octa core, 2.2GHz
  • GPU:Adreno 540
  • メモリ:6GB LPDDR4
  • ストレージ:64GB/128GB
  • 外部メモリ:MicroSD対応無し
  • ディスプレイ:5.15インチ
  • 解像度:1920 x 1080 フルハイビジョン,428 PPI
  • カメラ:背面1200万画素デュアルカメラf2.6/前面800万画素
  • 動画:4K 30fps, 1080p 30fps, 720p 30fps
  • wifi:802.11a/b/g/n/ac
  • Bluetooth:v5.0 Bluetooth HID
  • バッテリー:3350mAh(typ)
  • インターフェース:TYPE-C(3.5mmオーディオジャックなし)
  • SIM:DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)デュアルnanoSIM 全网通4.0
  • NFC:対応あり
  • GPS:AGPS、GLONASS、北斗定位(beidou)
  • センサー:ジャイロスコープ, 加速度センサ, 距離センサ, 周囲光センサ, ホールセンサ, 電子コンパス, 気圧計

Xiaomi Mi6 対応BAND周波数

2G: GSM B2/3/5/8; CDMA: BC0
3G: WCDMA B1/2/5/8; TD-SCDMA: B34/39
4G: FDD-LTE: B1/3/5/7/8, TDD-LTE:B38/39/40/41

AU・DOCOMO・Softbank対応周波数
キャリア docomo au softbank
LTE band 1 (2100MHz)
band 3 (1800MHz)
band 21 (1500MHz)
band 19 (800MHz)
band 28 (700MHz)
band 1 (2100MHz)
band 11 (1500MHz)
band 18 (800MHz)
band 26 (850MHz)
band 28 (700MHz)
band 41 (wimax2+)
band 41 (2600MHz)
band 1 (2100MHz)
band 3 (1800MHz)
band 8 (900MHz)
3G (W-CDMA/UMTS)
band 1 (2100MHz)
band 9 (1700MHz)
band 6,19 (800MHz)
(CDMA2000 BC0系)
BC0
BC6
(W-CDMA/UMTS)
band 1 (2100MHz)
band 11 (1500MHz)
band 8 (900MHz)

それぞれのキャリアのプラチナバンドなどの説明は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでください。

今までの流れからいけば、おそらくAUのCDMA+WCDMA,WCDMA+WCDMAで同時待ち受けできます。
これは実機検証あるのみですが、この機種も同時待ち受け可能なスペックではあります。

Xiaomi Mi6のカラーラインナップは、黒、青、白に加え、セラミックエディションという鏡面のような外観のモデルもあります。

全機種から大きく変わったのは、最新CPUであるSnapdragon 835を搭載したところ。これはAntutuスコアも184000を上回る数値が出ているそうです。

更にスナドラ820と比較して、CPU性能は20%UP、GPU処理能力は25%UPしたのにも関わらず、バッテリー消耗が25%も省電力化されています。全機種のMi5Sのバッテリーサイズは3200mAhに比べ、3350mAhとバッテリーサイズ自体が大きくなっている上に省電力化でパフォーマンスはかなり向上しています。充電企画はクイックチャージ3.0.

更にXiaomi独自の省電力機能である、MIUI optimizationsでバッテリー消耗を制御する事ができるので、バッテリーが持たないという悩みを抱えている人には最適な機種になると思います。ライト使用なら2日は持つスペック!

iaomi Mi6 スペック説明参考画像

5.15インチのフルハイビジョンディスプレイは、1500:1のコントラスト比で、明るさは1nitから600nitまで4096段階で細かく調節ができ、94.4%NTSC広色域などをカバーしており、更にリーディングモードを採用で、色味を変えずにブルーライトを軽減してくれる機能を搭載。スマホを長時間見る人の目に優しい仕様になりました。

サイズは、145.17mm×70.49mm×7.45mmになります。重さは通常カラーモデルが168gで、セラミックモデルが182g。

iaomi Mi6 スペック説明参考画像

防水性能の規格までは明かされておりませんが、Xiaomi Mi6は生活防水付きになりました。

雨や濡れた手でちょっと触るぐらいなら、おそらく平気。Xiaomiの公式では、ザバーと水がかかっていましたが、短時間の生活防水はあるみたいな表記なのでどの程度なのかは不明です。水につけてOKレベルまではなさそうなので、お風呂に持ち込みは厳しそう。

ついに3.5mmオーディオジャックが廃止になりました。これは厳しい!

TYPE-C to オーディオ規格を採用し、TYPE-Cポートに付属の3.5mmジャック用の変換アダプターを挿して、そこからイヤホンなどを繋ぐことでロスレスで音楽などが聞けるのでしょうが、いちいちアダプターをつけないといけなくなったのは正直面倒です。

Xiaomi mi note 2のように、指紋センサーが前面に採用されました。
前面だと手帳カバーを使う場合、押しやすく、机の上に置いて使用する場合、いちいち持ち上げて背面を触る必要がないので便利です。
カメラは背面が1200万画素のデュアルカメラになりました。

iaomi Mi6 スペック説明参考画像 

広角レンズと望遠レンズのデュアルカメラにより、背面をぼかして被写体が際立った写真を撮ることができるようになったようです。
また2倍の光学ズーム採用で、ロスレスで2倍ズームした写真が撮れます。デジタルズームは10倍。4軸のOIS(光学手ぶれ補正)も搭載しており、ジャイロスコープなどを利用した傾き補正などもあり、1200万画素ながらコンデジで撮ったかのような良い写真が撮影できます。

ほぼiPhone7に寄せたスペックになりますが、価格は6万以下から中華通販サイトで登場です。
Xiaomi mi note 2のスタート価格に比べれば、このスペックでこの価格はカナリお得な感じがしますね。

Xiaomi Mi6 日本からの購入

iaomi Mi6 日本からの購入 最安値

GeekBuyingでは早くもXiaomi Mi6のプリセールが始まりました。
6GB/64GB ブラックモデル:55064.93円
6GB/128GB ブラックモデル:63605.79円
6GB/128GB セラミックモデル:63605.79円

まだプリオーダーなのに、さっそくXiaomi Mi6用の$20割引クーポンでてます。6GB/64GB ブラックモデルならば52817.34円になります。
GeekBuyingのアカウントでログインして、商品をカートに追加後クーポン「xioami6」を入力してください。
もし使えない時は「MI664BLK」も使えます。こっちはXiaomi Mi6 6GB 64GB Black用で5/23迄クーポン適用価格$469.99です。

GearBestもプリセール始まりました。

6GB/64GB ブラックモデル:$599.99より

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

ご購入の前にGearBestクーポンページをチェックすると、格安購入できるクーポンがあるかもです!
⇒「GearBest クーポン

クリックでジャンプ⇒Xiaomi MI6の購入へ戻る