最近主流になってきているSDカードナビ。

うちの新車にもついていたので、お気に入りの動画をSDカードに入れて、ナビで動画を流しながら音楽を聞けるようにしました。

ちなみに我が家のナビの機種は、パナソニックのCN-LR710DFAで、スバルレヴォーグ標準のビルトインナビです。

でも、だいたいのナビは対応コーデックやSDカードの種類も一緒だと思う。一応スバルレヴォーグ標準のビルトインナビCN-LR710DFAでやって成功した方法を紹介したいと思います。

この方法はすごく簡単で、特にコーデックやビットレートとか気にせずに簡単に編集できる方法ですので、機械に詳しくない人でも簡単にできます。

SDカードナビCN-LR710DFA対応のSDカードとフォーマット

SDカードは3種類(SD,SDHC,SDXC)ありますが、SDカードナビに対応しているのはその中間のSDHCカードになります。この違いは容量の大きさで変わります。

SDHCカードは4GB~32GBまでが含まれますので、メーカーオプションでついてる16GBのSDカードと別にSDカードを購入する場合は、4~32GBという大きさに注意しましょう。

私は別に32GBのSDカードを用意したので、そちらのフォーマットから。ちなみにSDHCカードなら何でも使えると思いますが、動画などを再生したい方は、けちらず読み込み速度の速いクラス10のものを購入されてくださいね!

もしメーカーオプションの初めからついてるやつを使う人は、このフォーマットに関しては読み飛ばしてもらって大丈夫です。

まずSDカードをパソコンに入れ、「PC」という項目を開いてSDカードを選択できる画面に行きます。他にCドライブや、Dドライブなどという表示がある項目。

そこで、SDカードの上で右クリックすると、フォーマットという項目が出てきますので、それを選ぶと、この画面がでてきます。

sdカードナビ対応のSDカードのフォーマット方法

exFATを選ぶとブルーレイのデータなどの4GBを超える大きなデータがそのまま入れられるのですが、SDカードナビではこのフォーマットは利用できません。残念。

FAT32(規定)を選んでフォーマットしてください。そうしたら、ナビが読み込めるSDカードにフォーマットされます。カーナビに元からついてるSDカードはおそらくこのフォーマット。

SDナビ対応のMP4動画をダウンロードして変換する

CN-LR710DFA対応の動画はMP4とM4Vでした。動画サイトから動画をダウンロードして、MP4ファイルを作る説明をしたいと思いますが・・

現在YOUTUBEからの動画のダウンロードは禁止されており、当サイトは違法行為を助長する意図はありません。こういう方法もあるんだというぐらいにとどめてもらい、実行する際は個人の責任でお願いします。

動画をMP4形式に変換してダウンロードするのは、「http://www.clipconverter.cc/jp/」にアクセスして、お気に入りの動画のURLを貼りつけて、変換ボタンを押すだけ。

まずは自分がお気に入りの動画を選択する方法からです。

SDカードナビにダウンロードした動画を入れる方法

動画のURLをコピーしたら、先ほどの@動画変換サイトを開きます。

SDカードナビにダウンロードした動画を入れる方法

画像に注釈入れてる通りに・・

  1. ここにURLという場所に、コピーした動画のURLを貼りつける
  2. この画像にはないのですが、URLの横の「続行」というボタンを押すと、メディアを検出してくれてこの画面になります。この工程忘れてたw
  3. サイズの選択。
  4. MP4を選択して、変換開始!

工程はこれだけなのですが、もし分単位で動画をカットしたいなら、「元のビデオの先端から」のチェックを外すと、分単位でカットできます。
00:00:00とある1番右の数字が分です。そこは、なぜ秒じゃないのかと小一時間だけど、仕方ない。

画像のサイズは1番大きいのにしてた方が後で色々代用が効くので、1番大きくハイクオリティーのやつをダウンロードしておいても大丈夫です。下にいけばいくほど、画像も音も微妙になります。

そして、ナビは720×480を認識してくれるので、それ以下にすると本気でクオリティーは下がります。それ以上でも後の工程でちゃんと小さくできるので、ここはあまり気にしなくてOK。

SDカードナビにダウンロードした動画を入れる方法

変換が完了すると、この画面になっているので、ダウンロードを押してください。

するとPCの「ダウンロード」のところにファイルが格納されていますので、それを次はSONYのMediaGoで編集します。

動画ファイルをSDカードナビ対応のMP4ファイルへ変換する

ここではSONYのMediaGoというソフトをダウンロードする必要がでてきますが、iTunesのように音楽プレイヤーとしても使えるし色々便利なので逆に入れておくべき!

MediaGoのインストールはこちらから⇒MediaGo

MediaGoのインストール方法と使用方法は、SONYさんが詳しく書いてくれてるので割愛します。

MediaGoをダウンロードしたら、PC側の「ダウンロード」にある先ほど作成したMP4ファイルをMediaGoのライブラリの中にとりこみます。ドラッグアンドドロップで簡単にとりこむことができますよ。

そして、ここからが大事。

まず同じPCの中にSDカードが入っているか確認してください。話はそれからです!

MediaGoのライブラリのムービーの中にある、SDカードに入れたい動画の上で、右クリック。

選択項目にある「ツール」の「ファイル変換」をクリックして、自分がSDカードを入れてるドライブの高品質を選択して、「変換」を押せばファイルがSDカードに適応する形に変換されます。

私はEドライブにSDカードを入れているので、機器Eの高品質になりますが、この機器(ドライブ名)はパソコンによって違います。

SDカードナビように動画を編集する方法

私は音質にこだわりがある方だけど、画質も含め、ほう!ってほどキレイでしたよ。このソフト使えます!

この方法で、選択ドライブをPCに接続させたAndorid携帯などにしたら、携帯に動画を転送する事もできますよー

ブルーレイの8GBとかのすごいサイズのデータもこの変換で簡単にSDカードに落すことができ、更にナビやAndoroidなどで確認したらちゃんと小さなデータで劣化は最小限にとどめてくれて、適応サイズに変換させてくれてるからすごいんです。

音楽に関してもMP4やFLACなどのサイズの大きなファイルのアルバムをMP3化させたいとしたら・・

アルバムを開いて、曲を全部一気に選択します。そして、右クリックでツールのファイル変換を開いて・・

SDカードナビにダウンロードした動画を入れる方法

フォーマットのところを、「MP3]にして、品質は最高の320kbpsを選択して、変換。

私は動画含めて全ての変換に対して、「音量をノーマライズして補正」にチェックを入れています。音量でかかったり小さかったりしたら、小さい分はいいけど大きいと驚く小者なのでw

そういう意味でも、このSDカードナビに入れる全ての物を一緒のソフトで編集できるって良いと思います。

いよいよ最終項目ですが、変換の終わったファイルを実際にSDカードに転送する方法です。

これもMediaGoの機能を使うのですが、変換終わったファイルの上で右クリックして、「転送」を選択して、SDカードの項目を選べば転送されます。

変換も転送もいっきに数十個のファイルを選択できるので、変換かけたらまず変なマークのあるファイルができるので、それをそのままその上で右クリックして、SDカードへの転送をしていたら、放っておいてもSDカードに変換された動画は入っているのでPCにつきそう必要はありません。

ちなみにリサイズした動画はPCに保存されてしまいます。

これはなぜそういうシステムにしたのかと不満が残るシステムですが、必要のないものは削除しないと、次にMediaGoで音楽きいたら2曲ずつ流れる仕組みになってましたw

まあ上書き保存されないだけ安心だけど・・

高機能な変換ソフトとかで動画の変換をやったりしたけど、何がまずいのか不明だけどSDカードナビに入れてもファイル名は出るけど読み込めないなどという症状に悩まされていきついたのが、結局この超簡単な方法。

MediaGoさまさまですね。SDカードナビで動画を見てみたい皆さんも試してみてください!