Andoer AN5000 アクションカメラレビューです。チップセットNTK96660、イメージセンサーはSony IMX078 1/2.3″CMOS を搭載!

広角レンズで170度まで撮影できて、ジャイロスコープ搭載で手振れ補正が効いているので、ドライブレコーダーとしても手持ち撮影としてもきれいな映像が撮れます。一番のおすすめはフルHDで60FPSの撮影。とてもきれいです!

今回Amazonで使える20%割引のクーポン出ています!なんと6,639円で購入できます!おそらく最安値。最下部に記載していますので、まずは私の力作のレビューを読んでみてくださいw

Andoer AN5000 アクションカメラレビュー 大きさの説明参考画像

Andoer AN5000は手の小さな私が指でつまめるほどのコンパクトさで、ポケットに入れておいてさっと取り出して撮影できます。サイズ的には、5.9cm × 4cm × 1.2cm で、重量はわずか63g。

設定で言語を日本語に設定できるので、カメラに不慣れな人でも取り扱いは、わりと簡単にできます。

ビデオ解像度は・・

・UHD P24(2880 × 2160)(補間)
・QHD P30(2560 × 1440)
・FHD P60 / P30(1920 × 1080)
・HD P120 / P60 / P30(1280 × 720)
・WVGA P30(848 × 480 )
・VGA P240 / P30(640 × 480)
・QVGA P30(320 × 240)

音声録画(モノラル音声ON/OFF)、動作検出(ON/OFF)、日付表示(ON/OFF)、ダイビングモード(青以外を鮮明に映す機能のON/OFF)などがオプションで設定できます。

静止画の画像サイズは・・

・20M(5120×3840)
・16M(4608×3456)
・12M(4032×3024)
・10M(3648×2736)
・8M(3264×2448)
・5M(2594×1944)
・3M(2048×1536)
・VGA(640×480)

画質は、ファイン/ノーマル/ソフト、カラーはノーマル/セピア/モノクロ、シャープネス3段階と選べ、ISO感度は最小100で固定できたりと三脚固定撮影にも向いています。

フォーカスは固定でしたが、動画も静止画もしっかりと撮りたいものにピントがあっていましたので、逆に素人には扱いやすい印象でした。

Andoer AN5000 アクションカメラレビュー 静止画のサンプル写真

Andoer AN5000で撮影した静止画のサンプルです。最高画質の20Mのファインで撮っています。

ちょっと魚眼っぽく映るのですが、風に揺れる風鈴をしっかり捉えていてなかなかの高画質。日付設定してなくて変な事になってますが、気にしないでくださいw

Andoer AN5000 レビュー 静止画のサンプル写真

こちら2倍ズームにして撮りました。静止画に関してはズームも使える印象。

写真はブログに掲載するためにどちらも幅1200ピクセルにリサイズしていますので、実際はもっときれいです。

Andoer AN5000 アクションカメラレビュー バッテリーの説明・どのぐらい撮影できるのか

バッテリーは、3.8V 950mAh 3.61W充電式リチウムイオンバッテリーです。底面に入っています。

背面に2インチのLCDディスプレイを搭載していて、確認しながら撮影できるのですが、ずっと画面で確認しながら撮影しているとかなりバッテリーを消耗してしまい1時間半ぐらいでバッテリー切れになりました。確認なしでとりあえず撮るという用途なら画面は自動消灯しても撮影を続けてくれるので、バッテリーはもっと持つと思います。

でもモバイルバッテリーで充電しながら撮影もできるので、あまりバッテリーは気にしなくてもいいかも。

Andoer AN5000 のその他の仕様は・・

・レンズ:広角 F2.0/3mm(170°/140°/110°/70°で選択可能)
・ズーム機能:最大5倍
・WDR(暗い画像と明るい画像を処理して適当な明るさの画像を作り出す機能):ON/OFF
・保存フォーマット:MP4 / H.264(ビデオ)、JPEF(画像)
・ループ録画:3分・5分・10分
・タイムラプス記録:0.1秒 / 0.2秒 / 0.5秒 / 1秒 / 5秒
・セルフタイマー:1秒 / 2秒 / 5秒 / 10秒
・連写モード:3/5/10連写
・プリティピクチャ:OFF /夜景/ポートレート人物撮影/光の絵
・ホワイトバランス:自動/晴天/曇り/電球/蛍光灯
・カラー:ナチュラル/ブラック&ホワイト/セピア
・ISO: Auto/100/200/400
・露出補正:-2.0、-1.7、-1.3、-1.0、-0.7、-0.3、0、+0.3、+0.7、+1.0、+1.3、+1.7、+2.0
・オートパワーオフ:オフ/30秒/1分/3分

最後にAndoer AN5000で撮影した動画をYOUTUBEにUPしたものを貼るので、そちらを見て頂ければ分かりやすいかと思いますが、動画撮影に関してのズームはあってないようなものです。

まずズームの設定はボタンの長押しで選ぶので、正確に2倍にするとかが難しいのと、3倍以上になると画像が乱れてしまいまともに撮影できません。手ぶれを切れば乱れは収まりますが、そうすると今度は手ぶれがひどくなるので、三脚固定などで撮影の場合以外はまともにズームは使えないと思っていいと思います。

Andoer AN5000 アクションカメラレビュー microSDカードの容量と入れる場所の説明参考写真

microSDカードは64GBまで対応です。

64GBもフルHDでもかなりの長さの動画を撮影できるのですが、ループ録画機能もあるので、容量が足りなくなれば、どんどん古いファイルから消えていって、新しい物を保存してくれるので、ドライブレコーダー的な用途の場合はこの設定を入れていれば、永遠に撮影できます。

この2インチのディスプレイはかなり明るいようで、晴天の下で撮影したけど、見づらいなどという事はありませんでした。

Andoer AN5000 アクションカメラレビュー 付属のパーツの説明参考写真

Andoer AN5000の付属のパーツはかなり多めで、本体アクションカメラの他に、キャリングケースUSBケーブル、防水ハウジング、ケースバックドア、自転車マウント、J字型マウント、ヘルメットマウント、ブラケット、クリップ、スイッチのサポート、フィックスベース、粘着テープ、包帯、ナイロンケーブルとなっています。

かなり多種多様な使い方ができます。個人的には、服に固定して撮影ができるクリップが使いやすいかなと思いました。サイクリングの趣味がある人は、自転車のハンドルに固定しても面白そうです。

Andoer AN5000 アクションカメラレビュー 防水ケースの説明

防水ケースには、分かりにくい&外しにくいけど保護のシールがはってあります。

Andoer AN5000 は、ダイビングモードの選択ができ、水中での撮影がより鮮明になるモードになっていますので、ダイビングの趣味がある人なども撮影を楽しめます。

Andoer AN5000 レビュー 付属品の説明

Andoer AN5000はキャリングケース付きで、付属のパーツは全てきれいに収まります。

本体は小さいですが、ケースはかなり大きい。でも全てのパーツがしっかり収まるので、紛失防止になり便利だと思います。

撮影した動画などを1本にまとめてYOUTUBEにUPしておりますので、どのような動画が撮れるか実際にyoutubeでご確認ください。

下の動画は、最大値をフルHDに設定しちゃったこの動画に一緒に編集できなかったので別でUPしたのですが、4K扱いの動画です。実際最大2880×2160なので4Kではないです。

上で編集した分の動画も含めて全体的に私が歩くスピードが速すぎて、微妙にしあがってます。まだまだですね。次回は頑張ります!w

2つ目の動画、人の顔が映り込んでいたので、モザイク処理したら、お地蔵さんにまでモザイク処理がかかってて変になっちゃいました。すみません!

Lixada LEDソーラーパワーライトのAmazonでのみ使用可能な、割引クーポン出ています。販売元はAndoer Official-jp(プライムではダメです)で、三色対応可能です。
クーポン「 IRH2TISB 」の入力で6,639円、有効期限は2017/7/31迄です。