Arealer 3D VRメガネレビュー!スマホにおすすめVRゴーグル

映画館などでよく目にする3D映像。
最近では、自宅で利用できる、ゴーグルタイプの3D眼鏡の中にスマホを入れて、YOUTUBEなどの映像を簡単に3Dなどの立体画像へ変換できる製品があるようですね。

そんな面白さが詰まりまくった3D眼鏡とやらを、なんと今回商品提供頂いたので、さっそくレビューをさせて頂きたいと思いますw
初めは使い方が分からず、何これって思ったのですが、使い方が分かった今は感激しっぱなしで、1日中スマホ動画を見ています。

icon

こんな興味を引く見た目なんですが、以前、自力で立体視をする事によってピント調節機能筋を鍛えるという作業にはまったんですが、それを機械がやってくれる感じなのが、この3D VR 眼鏡の特徴です。

その時鍛えたおかしな目つきがこれなら、自然にやれるっていうか、強制的にそうなります。

VR眼鏡で普通のYOUTUBE動画をVR対応に変換して数時間見続けた直後に、普段の調子で写真撮ったら、ピンボケ写真になっててびびった。ピント補正機能がバカになる恐れはあります。すぐに治るけど。

更に眼精疲労も半端ないんですが、実はこの3D VR眼鏡って、外斜視などの治療困難な症状を治す働きもあるそうです。リハビリを重ねても改善しなかった外斜視が3D VR眼鏡で治ったという報告もあります。

ですが、13歳以下の子供は、目のピント機能調節が未発達なので、3D映像を両目で見ることによって、外斜視を発症するリスクが大人よりあるという事らしいです。映画や3DSにもそのような注意喚起がされているそうですが、VRも例外ではないようですね。

視力0.2の私の体感的には、視力低下うんぬんはよく分からないけど、乱視強制になっているような気がします。いつもよりパソコンのモニターが見やすいし、VR眼鏡を外した後、眼鏡の度がきつく感じましたので。気のせいかもしれないですけどw

Arealer 3D VRメガネレビュー! 外箱の写真

このような箱に入って、中は薄いスポンジのような梱包材で囲まれてました。

Amazonで注文したので、この箱に白いビニール袋が被った状態で、普通にAmazonのお家芸の大きな段ボールに入ってやってきました。

外箱にへこみや傷もないところを見ると管理もしっかりされて居たようですね。発送はAmazonからになるので、Amazon倉庫の近所に住んでる私は、プライム会員じゃないのに次の日の朝届きましたw

Arealer 3D VRメガネレビュー!付属品の紹介参考画像

付属品は、レンズを拭く為の水色の布と、説明書。ちなみに英語w

なので、機能の説明を簡単にやらせてもらいます。

Arealer 3D VRメガネレビュー!各種機能の説明参考画像

リモコンはマグネット式なんですが、私のAndroid携帯では、YOUTUBE再生時に早送り巻き戻し一時停止などを選ぶことがました。眼鏡側面に磁石で引っ付いてるだけなのに触ったのと同じ効果があるってすごい!磁石なので取ろうと思えば外せます。なくさないように気を付けましょう。

レンズの調整は、四角い網目模様の大きなプラスチック部分を前後に動かすと、レンズが寄るか離れるかです。私は寄りの方が見やすかった。これは視力に関係あるのかスマホの大きさに関係があるのかでしょうね。

次にその網目の四角についている左右に動かせるレバーですが、これはおそらくスマホサイズに起因しますね。全力で寄ると見にくくなる上に、白い真ん中の線が見えてたので。どちらも左右・上下独立してるので、色々調整して自分の見やすいところを見つけてみてください。

Arealer 3D VRメガネレビュー!使用上の注意参考画像

レンズにはビニールのカバーがついているので、外しましょう。

Amazonの商品説明のところに、近視用の眼鏡をかけている人は、そのまま付けたまま利用できますよ的な事書いてあったけど、鼻のところがグイグイ食い込んで痛かった。つけられない事はなかったけど、快適でもない。

眼鏡無しの装着感はなかなかの物です。圧迫感もないし。私のおすすめは寝っ転がってみることですね。顔がぶれると映像もぶれちゃって立体感が薄れるので。

Arealer 3D VRメガネレビュー!使用上の注意参考画像2

これはAmazonの画像を借りてきたのですが、左のように3点で止まるのが良いらしい。私的には、ソファーなどに座って視る際は、後頭部のベルトをヘッドレストなどに押しつけて眼鏡を若干吊った感じにするのが良かったです。

他の3D VR眼鏡は重心かかるところが問題で、目に圧迫感かかるけど、ArealerのVR眼鏡は重心を考えてとってあるので、快適ですって説明の写真です。うん、確かに。

Arealer 3D VRメガネレビュー!スマホなどの装着の仕方参考画像

スマホなどを装着するところには、ビニールシートがついていますので、こちらも外します。

シリコンの粘着するやつがあるので、ここにスマホなどを貼りつけるのですが、私のPUシリコンカバーと相性がいいらしく、カナリべったりひっついて居て、外すの大変だった。もう1つカバー買って、カバーを取り外ししようかなと思うレベル。伸びそう。

フィルムに書いてあったけど、もし仮にスマホの引っ付きが悪くなったら、ここのシリコンシール部分を水洗いしたら蘇るらしいです。

Arealer 3D VRメガネレビュー!スマホで再生するYOUTUBEを立体映像化!視聴方法参考写真

私は普通に5.1インチのAndroidスマホのYOUTUBEを再生してみたので、YOUTUBEでのVR対応画像の視聴方法を説明したいと思います。

まずYOUTUBE上で画像を探して、右上の点々が3つ並んでいるところをタップして、「画質設定」⇒「Cardboardで視聴」をタップするだけで、どんな動画もVR対応の動画に変わります。

Arealer 3D VRメガネレビュー!スマホで再生するYOUTUBEを立体映像化!視聴方法と感想参考画像

YOUTUBEがVRに対応しているので、こんな感じで、立体視できるように画面が変更されます。

3D動画や360度動画で検索して出てくる動画の方が視甲斐があるのですが、大好きなアーティストのミュージックビデオでも若干の立体感が味わえます。

VR専用として作られてない動画の場合、スマホの小さい画面で流している動画が50型越えの大型テレビを目の前で見ているかのような錯覚に陥れます。

私は近視が強いのですが、眼鏡無し0.2の裸眼でも通常スマホを見るよりか鮮明に映像もキレイに見え、ライブ映像を見ていたのですが、大迫力でまるで自分がライブに参戦しているかのような感覚に陥りました。

イヤホンを通す穴もサイドにあるし、是非イヤホンで再生しながら好きなアーティストのライブ映像などを見てほしい。目の焦点ピントがバカになるほどハマリますよw

Arealer 3D VRメガネレビュー!スマホで再生するYOUTUBEを立体映像化!360度動画の視聴感想参考写真

こちらは360度動画を見た時の映像ですが、スマホではこんな風に映し出されているのですが、レンズ越しに見ると、立体的になっており、なおかつ360度映像が見えるので、まるで自分がこのジェットコースターに乗っているかのような気持ちになれます。

頭を横に向けたら横に広がる海の映像が、上に向けたら空の映像が、後ろを向いたら後ろの人の顔が見えて、360度の映像という不思議な感覚に陥ります。360度映像は立って見るのがおすすめ!

※9/30まで25%OFFで買えるクーポンコードがあるので載せておきます!
「 H4YJLQOY 」です。beeebojpというショップでのみお使い頂けますので、カートに追加する際はご注意くださいね。

初めての3D VR眼鏡だったのですが、今まで動画は全てタブレットで見る派だったのが、スマホで見るのもありだねって方へ変わりました。Arealer 3D VRメガネ、これは面白いです!

商品提供してくれたArealer(dodocool)さん、本当にありがとうございます!

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください