BlackviewからタフネススマホのBV9200と、フラッグシップタブレットのOscal Pad10が登場

Blackviewから、タフネススマホのBV9200と、フラッグシップタブレットのOscal Pad10が登場。

少し先の話になりますが、2023年1月9日17時から13日17時までの5日間の間、両者が定価より半額になるワールドプレミアムセールを開始。この記事では、先取りで両者のスペックなどの特長を紹介します。

Blackview BV9200 6.6インチ・ミドルレンジ・タフネススマホ

Blackviewより、6.6インチ120Hz 2.4K解像度ディスプレイ、Arcsoftカメラ、Harman AudioEFXサウンド、5000Amhバッテリー、66W有線&30Wワイヤレス充電、MediaTek Helio G96、Doke3.1搭載という特長をもつ最新のフラッグシップタフネススマホが登場。

Blackview BV9200

Blackview BV9200の6.6インチディスプレイは、CORNING® GORILLA® GLASS 5による頑丈な保護に加えてTÜV Rheinland Low Blue Light認証もあり、画質を損なうことなく有害なブルーライトを低減します。また、120Hzの高リフレッシュレートと2.4Kの高解像度に対応しています。

ブラック、オレンジ、グリーンの3色のカラーバリエーションで、MIL-STD-810H認証を持つタフネススマホとしては薄型となる13.66mmのボディーデザインを採用し、重量は310gと比較的軽量でホールド感は良さそう。

SoCには、ミドルレンジクラスのMediaTek Helio G96を搭載。スマホの温度を10℃低下させる冷却システムも内蔵し、軽いゲームぐらいなら楽しめる性能で、日常使いにおいても特に不満なく使えると予想します。

OSには、Android 12をベースにした最新の「Doke OS 3.1」を搭載。メモリは、8GBで、6GBの拡張機能をもち、最大14GBまで仮想的に拡張し、ラグなしでさまざまな種類のタスクを同時に実行できます。ストレージ容量は最大256GBで、TFカード経由で1TBの拡張が可能なので、ストレージ不足の心配も無用。

Blackview BV9200

Blackview BV9200は、タフネススマホとしては初のHarman AudioEFXに対応し、パワフルなDual smart-PA BOX スピーカーも搭載など、オーディオにも拘り抜いた仕様。

スマートモードでは、すべての音質が最適化され、ミュージックモードでは音楽のリズムが強調され、ムービーモードではライブのステレオサウンドが得られ、ゲームモードではゲームのサウンド効果がリアルになり、ボイスモードでは通話ノイズが完璧に除去されます。

5000mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大500時間のスタンバイ、37.5時間の通話、19.5時間の音楽、12.5時間のウェブブラウジング、8.5時間のゲームプレーをサポートするというタフな性能が魅力。

66Wの高速の有線充電に対応し、大容量バッテリーをわずか5分で20%まで補充することができます。30Wワイヤレス充電にも対応、5Wリバースチャージ機能も搭載しており、手持ちのデバイスの給電を行うモバイルバッテリーとしての利用も可能。

Blackview BV9200

BV9200のカメラは、Arcsoft技術搭載により色再現性をフロントは15%、リアは30%向上させることにより、カメラ性能の飛躍的向上を実現。

背面には50MPサムスン®JN1カメラ+8MP広角カメラ+2MP深度カメラを搭載。120°の超広角撮影と最大1cmの超マクロに対応し、人物、被写体、風景を撮影する際に、画像の色再現性を大幅にアップグレードしています。

Blackview BV9200

前面には、16MPカメラを搭載し、ポートレートモードでは、実物に忠実な肌トーンを再現します。

BV9200は、HDRモード3.0、ビューティーモード3.0、ポートレートモード3.0、パノラマモード3.0といったフォトモードを第三世代にアップグレード。 その他、スーパーナイトモード、美麗な2K 30fps動画撮影、水中モードなどの素晴らしいカメラモードを搭載します。

Blackview BV9200は、2023年1月9日17時から13日17時まで、50%割引のワールドプレミアセールが開催されます。

販売リンクBlackview BV9200
価格:$199.99(定価$399.99)

Oscal Pad10 10.1インチ・Widevine L1対応・Androidタブレット

10.1インチスクリーン & Widevine L1対応の2023年フラッグシップタブレット Oscal Pad 10 が登場。

その他の特長として、PCモード、6580mAhバッテリー、オクタコアUNISOC T606&Doke OS _P V3.0を採用し、親しみやすい価格で楽しめるように価格設定は抑えられています。

Oscal Pad10

Oscal Pad 10の10.1インチのディスプレイは、1200×1920の解像度を持ち、Netflix、Amazon Prime、Huluなど動画サイトを1080pでストリーミング再生する事ができます。また、Smart-K Dual Box Speakersも搭載しており、パワフルな音量かつステレオサウンドも魅力です。

Oscal Pad10

Oscal Pad 10はSoCには、エントリー性能となるオクタコアUNISOC T606を搭載。メモリは8GBで、6GBの拡張機能をもち、最大14GBまで仮想的に拡張し、より高速で効率的なタスク処理とマルチタスク時のスムーズな操作性が期待できます。

また、ストレージには128GB ROMを搭載し、最大1TBまでのMicroSDカードに対応で、沢山の映画や音楽ファイルを持ち歩けます。

Oscal Pad 10は、432時間のスタンバイタイムを持つ、6580mAhのバッテリーを搭載。4時間のゲーム、4時間の動画再生、6時間のウェブブラウジング、15時間の音楽再生、20時間の通話が可能という性能です。

書類などのテキストやちょっとしたスナップ撮影が可能な13MPのSony®IMX319リアカメラと、ビデオ通話などにも使える8MPのSamsung®5K4H7フロントカメラを搭載で、大切な瞬間を美しく撮影することができます。

Oscal Pad10

Oscal Pad 10は、デザイン、利便性、スムーズさを向上させたAndroid 12ベースのDoke OS _P V3.0がプレインストールされており、アプリのグループ化、フォルダの解除、デスクトップのレイアウトロック、アイコンのカスタマイズなどを簡単に行える「Versatile Desktop」を導入しています。

左右にスワイプしてからホールドするとスマートサイドバー、右にスワイプするとマイナス1画面、下にスワイプするとコントロールパネルなど、便利な機能がスマートフローティングウィンドウに搭載されます。 また、ワイヤレスキーボードやマウスを利用したPCモードで、ノートパソコンのような利用が可能です。

Oscal Pad 10は4-in-1ナビゲーションを搭載しており、カーナビとしての利用も可能。更に、デュアルSIMトレイ搭載で、4G LTEデュアル待ち受け、または4G LTE+MicroSDという使い方が可能です。Face Unlockにも対応し、スマートロック解除が可能なのも魅力です。

Oscal Pad10は、2023年1月9日17時から13日17時まで、50%割引のワールドプレミアセールが開催されます。

販売リンクOscal Pad10
価格: $129.99(定価 $259.99)




コメントをする(スパム対策で認証制にしています)

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください