EnacFire 様より、USB3.1対応のUSB Type-Cケーブルをサンプル提供して頂いたのでレビューです。
3本セットのコスパの良い商品とは違い、1本でそこそこの価格がしますが、その1本にパフォーマンスとクオリティーを求める人におすすめ。ケーブルの長さは1mです。

USB3.1対応のTYPE-Cケーブル 56KΩの抵抗実装・5GBpsのデータ転送にも対応のハイクオリティーケーブル参考画像

EnacFireのTYPE-Cケーブルは、高耐久な格子状ナイロンファイバーでコードがおおわれており、見た目から高級感溢れています。また、挿し込み端子には、航空機用アルミニウム合金コネクタが使われており、10000回以上の折り曲げテストでも断線しないのが売りだそう。
線は分かりやすく言えばアイロンやコタツのコードみたいな素材で、あんなに太くはないですが、細かく折らずに丸めてあるからか折り癖がつきにくいようです。柔らかくはないですが、とにかく丈夫そう。

EnacFireのTYPE-Cケーブルは、Type C 3.1&USB 3.0 に対応で、通常のUSB Type C ケーブルより太めの28/20米国ワイヤゲージ規格充電用銅線が使用されています。
またTYPE-Cのケーブルに必須な、「国際標準の56KΩの抵抗」を実装いていて過充電などのリスクが無く、安心して使用する事ができます。急速充電9V/2Aに対応、Quick Charge 2.0&3.0にも対応で、充電に使いたい人でも安心のクオリティー。

EnacFire  USB Type C ケーブルレビュー 急速充電に対応の参考画像

手持ちのスマホで確認してみましたが、急速充電に対応していました。
EnacFireのTYPE-Cケーブルは、5GBps超高速データ転送に対応しており、100枚の写真も10秒以内というハイスピードで転送できます。処理速度を求める人はこういったクオリティーの高いケーブルをデータ転送などに使用すると幸せになれそうですね。

TYPE-Cケーブルにありがちな、端子の大きさがシビアということもなく、TYPE-Cポートへの抜差しにストレスはありませんでした。スッと入ってカチッと止まって、通常の力で引き抜く事ができる。一言で言えばパーフェクトなケーブル。
56KΩの抵抗がついているので、3.0アンペア以上は流れないので、ダッシュ充電みたいな3.0A以上を必要とする充電には向きませんが、逆にどのデバイスに挿しても壊れたりするというリスクはないので、オールマイティーに使えるケーブルと言えると思います。

nacFire  USB Type C ケーブルレビュー 急速充電中の電流の参考画像

かなり安定して3.06Aが流れていました。安心の品質だと思いますが、【24ケ月安心サポート】がついていて、24ヶ月以内の故障ならば、新品交換&返金出来るようです!