最近やっと2台目のパソコンを買って、これでどっちか壊れても精神までは壊れないという安心感の元で暮らせるようになったのですが・・w

その購入の時に悩んだのが、オフィスの購入。

1台目の方は、23000円もするOffice Home and Business 2013という、エクセル・ワード・Outlookのほかに、Oneノートとパワーポイントもついてるオフィスを買ったのですが、なんとエクセル数回しか使っていませんwそして、これからも他の物を使う気がしませんww

そんな調子じゃ勿体なくてoffice自体の購入をためらってしまい、廃棄寸前のノートに入ってるofficeからシリアルキーを抜いて、Excelは古いものを使おうと思い、今回はofficeの購入を見送りました。

ですが、ふと、表計算ぐらいできるフリーソフトあるんじゃない?って思って調べてみたら、なんと、もはやそれはofficeですよね?というフリーソフトがありましたwまじかww

1台目の時知ってたら、私オフィス買ってない・・!

という事で、さっそくそのエクセルやワードなどのオフィス代わりに使えるフリーソフトのご紹介です。私の環境はwindows10で、VAIOのノートパソコンS13です。

オフィスの購入悩んでる人は、一度使ってみたらいいかも。

Microsoftと相互性のある「Open Office」

まずはWebサーバーのApacheを開発している企業が提供している「Open Office」。私も使ってます。

ダウンロードはこちら⇒「Open Office」

ワードやエクセルと相互性があるので、今までエクセルで作った文章も、Open Officeで開いて編集する事ができます。

使い方もワードやエクセルとほとんど同じで、迷う事も新たに勉強する事もありません。

そして、他にも豊富な機能があり、以下の機能が全て無料で使えます。

  • ワープロ(Writer)
  • 表計算(Calc)
  • 描画(Draw)
  • プレゼンテーション(Impress)
  • データベース(Base)
  • 数式エディタ(Math)

これはMicrosoftのofficeで言うところの、word・Excel・PowePointと同じ機能になります。

先ほどエクセルで作ったデータをOpen Officeで開いて作業できると書いたのですが、逆もしかりで、相互性があるので、Open Officeで作ったものをExcelで開いたり編集したりする事もできます。

これを使ってれば、オフィスに関しては無問題というソフトなので、色々あって選ぶのダルイ人はこれ入れてれば間違いないってソフトです。

ダウンロードするだけでOKで、送られてきたExcelを開くときに勝手に適用されて開いてくれます。

クラウド型サービスの「Googleドキュメント」

Googleドキュメントは、PCとタブレット間でのやり取りにすごく便利なGoogle社のサービスです。

Microsoftとの相互性がないので、すでに作っているエクセルを開くという訳にはいかないのですが、ネット環境とgoogleのアカウントさえあれば誰でも無料で使えるサービスです。

Googleドライブとの連携でタブレットやPCなどデバイスを問わずにデータを共有できますので、タブレットやスマホでの閲覧や編集も可能。

私はXperiaとPCで、データを共有する時に使っているのですが、データの保存先がクラウドになるので、いつどのデバイスで見ても最新情報になるという利点もあります。

そして、データがクラウドにあるので、HDDの故障などでデータ消滅っていうリスクが無いのも良いです。

googleドキュメントの利用はこちらから
Googleドキュメント

  • wordは、googleドキュメント
  • Excelは、googleスプレッドシート
  • PowerPointはGoogleスライド

と言う風に代用ができ、使う人によってはとても便利に使う事ができるのではないかと思います。

マイクロソフトとの相互性がなくても、クラウド型という利点があるのが捨てがたい。