miband5

3つのBAと1つのDDを搭載したKinera FreyaハイブリッドIEMが$249.99で登場!

3つのBAと1つのDDを搭載したKinera FreyaハイブリッドIEMが登場

イヤホンメーカーのKineraから、ダイナミックとバランスアーマチュアの2つのドライバーテクノロジーを搭載したハイブリッドIEMの『Kinera Freya』が登場しました。

低音に強いダイナミックアーマーを1つと、より高精細なサウンドを生み出すバランスアーマチュアレシーバーを3つ、それぞれを1つのカスタマイズされたキャビティに組み合わせたハイブリッドIEMです!

見た目が宝石のように美しい新作のIEMは、美しい古代の女神になぞらえてフレイヤと命名されました。まさにフレイヤという美しさですよね。女性はこういうキラキラしたものが好きなので、プレゼントにも喜ばれそうです。

北欧神話で語られる女神フレイアは、圧倒的な美しさと快活な強さを兼ね揃えたとても愛された女神です。キネラ氏は、この勇敢な女神の特質にマッチするIEMを作成することを目標に掲げ、異世界の美学を組み合わせた美しい音を奏でる『Kinera Freya』を造り上げました。

キネラの新しいIEM『Kinera Freya』は大胆なモデルチェンジが行われており、前モデルとは全く違った印象になっています。フラッグシップナンナの半透明の赤と青の色が、人間工学に基づいたデザインを保ちつつも宝石のような外観に変わり、見事な輝きを放っています。

『Kinera Freya』は、ホワイトとブラックの2色展開です。

ホワイトモデルは、赤の美しさ、紫の優しさ、そして金の大胆不敵さをイメージして作られており、華やかな印象の宝石のようです。キラキラした可愛いものが好きな女性に人気がありそうですね。

ブラックモデルは、ブラックとブルーのミックスで、夜空に青い光がきらきらと輝いている様子をイメージして作られており、洗練された印象のある宝石の輝きです。私はこちらの深みのある芸術的なデザインが気に入りました。とてもキレイです。

3つのBAと1つのDDを搭載したKinera FreyaハイブリッドIEMが登場

携帯性とバランスの取れたサウンド特性を念頭に置いて作られたフレイアは、110dBの感度とわずか22Ωのインピーダンスという構成。最高の音を出すために多くの電力を必要とせず、気軽に使えるイヤホンとなっています。

インターフェイスは2ピン0.78ソケットで、IEM初心者でもリケーブルの選択肢も多く、手軽に高級イヤホンの世界を楽しめます。

この『Kinera Freya』の販売は、2020年6月18日とされており、販売価格は$249.99とされております。この新しい『Kinera Freya』はこちらの販売サイトから購入可能です。

Kinera Freyaを購入する

よく読まれている記事

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください