miband5

Koogeek アシスタント機能付きでタイマーもできる電源タップが$31.99でセール中

Koogeek アシスタント機能付きでタイマーもできる電源タップ

Koogeek アシスタント機能付きでタイマーもできる電源タップが$31.99でセール中です。
購入リンク:Koogeek Wi-Fi Enabled Smart Outlet Support Siri/Alexa/Google Assistant

wifi機能を搭載しており、スマホとペアリングして、タイマーやアシスタント機能が使える新しい電源タップです!

Koogeek アシスタント機能付きでタイマーもできる電源タップ

Koogeek Wi-Fi 対応電源タップは、AC電源ポート3つと、USB充電ポート3つを搭載しており、タップのコードの長さは1.5mとなります。

タップは120Vまで対応になるので、コンセントの形状は日本対応ではありませんが、アダプターなどをつければ問題なく日本でも利用できます。

また15A制御のブレーカーも搭載しており、過電流防止機能も付いているので、安心です。

Koogeek アシスタント機能付きでタイマーもできる電源タップ

USBポートはそれぞれ
USB output 1: DC 5V / 1A (Max.)
USB output 2: DC 5V / 1A (Max.)
USB output 3: DC 5V / 2.1A (Max.)
となります。

3ポート同時に利用する場合は、最大4.1Aになりますので、急速充電欲しい人はAC電源を利用した方が良いですが、急速充電とかが必要ないようなAppleデバイスなどの充電におすすめになりますね。

Koogeek アシスタント機能付きでタイマーもできる電源タップ

電源タップは2.4GHzのwifiに対応。
スマホにKoogeek Homeアプリをダウンロードする事で、SiriやGoogleアシスタント機能を利用したり、Amazon EchoまたはGoogle Homeを操作したりなどして、3つのAC電源を利用した機器のONとOFFを管理する事ができます。

・音声制御
3つのAC電源は、Siri、Alexa、Googleアシスタントに対応で、『ヘイSiri、電気をつけて』などの操作が可能です。また、Amazon EchoまたはGoogle Homeを電源タップと同期させて制御する事も可能です。

・リモコン/遠隔操作
AlexaやGoogleアシスタントなどで、自宅外からもiOSデバイスやAndroidデバイスを利用して電源管理をする事が可能です。(AlexaやGoogle Assistantの接続が設定されていない場合、携帯電話やその他のWi-Fiネットワーク経由でiOSデバイスからHomeKit対応アクセサリを制御するには、Apple TVまたはiPadをホームハブとして設定する必要があります。)
またKoogeek Homeアプリと同じWi-Fiネットワークにつないだスマホなどでは、ホームハブを設定せずに、時刻、HomeKit対応センサー検出、またはアクションなどのトリガーを使用して、接続されたデバイスやシーンをオンまたはオフにすることができます。

・デバイス間の同期と共有
Alexaの設定やGoogle Assistantへの接続が完了すると、接続されているデバイスのオン/オフステータスとコントロールが同期され、iOSデバイスとAndroidデバイスで共有されます。

・ON / OFFスケジュール(iOSデバイスのみ)
iOSデバイスに接続されているデバイスやシーンのカスタムスケジュールとタイマーを設定可能。特定の時刻にデバイスを自動的にオンまたはオフにする事ができます。

消費電力の監視(iOSデバイスのみ)
各ACコンセントの状態を確認し、iOSデバイスのKoogeek Homeアプリから、3つのACコンセントのリアルタイム、毎日、毎月の消費電力を監視します。

iOSのみの機能が結構あり、iOS利用者向けっぽい仕様ではありますが、アレクサなどにも対応があるので、そういったスマートデバイスをご利用の方は面白い商品ではないでしょうか。

購入リンク:Koogeek Wi-Fi Enabled Smart Outlet Support Siri/Alexa/Google Assistant

よく読まれている記事

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください