Xiaomi-Mi-Note-10-Lite

360度撮影ができる8K解像度VRカメラ「Pilot Era」がINDIEGOGOに登場予定!

Pilot Era スペックレビュー

5月7日に360度撮影ができる8K解像度VRカメラ「Pilot Era」がベンチャー企業のPi-softtechよりINDIEGOGOに登場する事となりました。

INDIEGOGOリンク:Pilot Era

価格は早割価格でも1999ドル(希望小売価格2599ドル)とかなり高額ですが、ネットワーク接続を搭載しており撮影・編集・投稿を1台でこなせる世界初のオールインワン360°VRカメラとなります!

Pilot Eraの主な特徴

Pilot Era スペックレビュー

Pilot Eraの特徴
・3.1インチのタッチディスプレイ搭載
・AndroidベースのOSで動画の撮影と編集が可能でPCが不要
・動画は最高8K(7680×3840@7fps)、写真は8192×4096が撮影可能
・wifi, ethernet, 4G (5Gは将来的に)対応でリアルタイムストリーミングが可能

Pilot Era スペックレビュー

Pilot Eraは3.1インチのタッチスクリーンで、映像を確認しながら撮影するだけでなく、ステッチなどの編集、映像のプレビュー、投稿、ライブストリーミングなど、カメラ内でリアルタイムにできることすべてを可能にします。

8Kのパノラマビデオと写真を撮影し、カメラ内部で自動的にステッチします。今までは8K動画を編集するにはハイスペックなPCを必要としてきましたが、Pilot Eraは単体で内部編集できるので、PCに動画を取り込み編集するという作業が不要です。

小さなPilot Eraのステッチングでは時間がかかるのを想像してしまうかもしれませんが、PCより5倍から10倍の高速処理が可能。更にPilot Eraに搭載の4つのレンズで撮影された360度のパノラマ映像はリアルタイムに同期する事も可能です。

Pilot Era スペックレビュー

またAndroidベースのOSはOTAでどんどんアップデートされていく予定です。現在wifi, ethernet, 4G に対応していますが、将来的にはアップデートで5Gにも対応になるとのこと。

Pilot Era スペックレビュー

Pilot Eraは、グラフィック処理用の高性能AIプロセッサを搭載した4つの魚眼レンズとSonyセンサーを搭載します。HDR、ISO、EV、WBなどの詳細設定も搭載しており、オプティカルフローステッチモードでは、あらゆる状況で高品質の画像を撮影できます。

wifiやイーサネットや4Gを搭載したPilot Eraは、コンピュータなしで内蔵サーバーを通して4Kパノラマコンテンツをストリーミングすることができます。またライブストリーミング中の録画もサポートされています。

ネットワークを利用して、RTMPプロトコルでYoutube, Facebookなどに4K@30fps / 2K@30fpsなどのライブストリーミングも可能となり、撮影と投稿の場所を選びません。

Pilot Era スペックレビュー

Googleマップのストリートビュー対応カメラであるPilot Eraは、超高精度GPSを内蔵し、Googleマップへのワンクリックアップロードをサポートしています。

Pilot Era スペックレビュー

フル機能のUSB-Cポートを備えたPilot Eraは、外部ディスプレイ、マイク、パワーバンクなど、さまざまな周辺機器に対応しています。

Pilot Eraの重量はわずか690g。片手に収まるコンパクトボディーに512GBの高速ストレージを搭載し、6.5時間の8Kビデオ、または26,000枚のパノラマ写真を保存します。

取り外し可能な7,200mAhの大容量バッテリーを使用すると、Pilot Eraは最大3.5時間の8Kビデオを撮影できます。

Pilot Era撮影サンプル映像

Pilot Era撮影サンプル映像

上の5枚の写真はPilot Eraで撮影されたものです。スマホでVR映像を楽しみたい人には面白いカメラではないでしょうか。

Pilot Eraのスペック詳細

センサー 12MP 1/2.3” Sony CMOSイメージセンサー
レンズ F2.28 非球面魚眼レンズ ×4
ディスプレイ 3.1インチ 800×480 LCD マルチタッチ対応
OS Android-based Pilot OS
メモリ容量 4GB RAM + 512GB UFS storager
ビデオ解像度 リアルタイムステッチング:
8K 7680×3840@7fps
6K 5760×2880@15fps
4K 3840×1920@30fps
2K 1920×960@30fps
カメラ内ステッチング
8K 7680×3840@24fps
6K 5760×2880@30fps
4K 3840×1920@30fps
静止画解像度 リアルタイムステッチ/オプティカルフローインカメラステッチ
8192×4096, 6144×3072, 4096×2048
ファイルフォーマット 動画: HEVC (h.265) in MP4 container
静止画: JPEG
オーディオ ステレオ
ライブストリーミング Youtube, Facebook, Custom server
4K@30fps / 2K@30fps
プロトコル: RTMP
設定 HDR / ISO / EV / WB / stitch focus
ジャイロ 9軸高精度IMU
GPS ビルトイン高精度GPS
バッテリー 7200mAh 取り外し可能
連続使用時間約3.5時間
5V/3A power adapter
インターフェイス 100M / 1000M RJ45 (イーサネット)
Full function USB-C(ファイル転送・充電)
ネットワーク wifi:802.11a/b/g/n/ac dual-band WiFi
4G LTE (周波数不明)
Bluetooth 4.1
アプリ Pilot Go mobile App (iOS and Android)
サイズ・重量 16 x 6 x 6 cm、690g

Pilot Eraの購入

5月7日よりINDIEGOGOにて出資が募られる予定です。おもちゃにしては高価なものになりますが、マニアにはたまらない仕上がりになっていると思います。

早割価格で定価より800ドル割引の1999ドルで購入できますので、興味がある方はメール登録してみてくださいね。

Pilot Eraの購入

INDIEGOGOリンク:Pilot Era









よく読まれている記事

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください