デュアルAK4497EQ DAC・スナドラ430搭載のAndroid DAP『Shanling M6 Pro』登場!

デュアルAK4497EQ DAC・スナドラ430搭載のAndroid DAP『Shanling M6 Pro』

中国のオーディオブランドのShanlingより、Shanling M6の後継機となる最新のAndroid DAP『Shanling M6 Pro』が発表されました。
(この記事はShanling M6 Proのプロダクトページを翻訳させて頂いた内容になります。)

Shanling M6 ProはAndroid OSを搭載したDAPです。CPUはLightning Fast Snapdragon 430プロセッサ、メモリ容量は4GB RAM + 32GB ROMというスペック構成で、最大512GBのMicroSDにも対応しています。

高性能なデュアルAK4497EQプレミアムDACチップにより、最大32ビット/ 768kHzのPCMデコードとDSD256のネイティブデコードが可能です。

2.5mmバランス、4.4mmバランス、3.5mmシングルエンドと3つの出力をサポートしており、2オームの負荷で最大600mWの巨大な出力に対応します。また低ゲイン/高ゲイン/超高ゲインモードの3モードハードウェアゲインスイッチも搭載しています。



Shanling M6 Proは解像度720Pの4.7インチディスプレイを搭載しており、操作性も抜群。本体重量は244g。wifiは2.4GHz&5GHzのデュアルバンドに対応で、BluetoothはV4.2をサポートし、双方向はLDAC、SBCをサポートし、伝送モードのみはAptX、AptX HD、HWAをサポートするので、Bluetooth利用時も高音質の音楽を楽しむ事ができます。

4000mAhのバッテリーを搭載しておりQC3.9急速充電をサポートします。バッテリー性能は、シングルエンドシングルDACモードで最大13時間、シングルエンドデュアルDACモードで最大9時間、バランスモードデュアルDACモードで 最大8時間となります。

デュアルAK4497EQ DAC・スナドラ430搭載のAndroid DAP『Shanling M6 Pro』

Shanling M6 Proは前モデルと比較し、デュアルAK4495EQ DACがデュアルAK4497EQ DACにアップグレードされ、より明瞭なディテール、よりクリーンなデコードが可能になり、また、OPA 1612ローパスフィルターがOPA 1622ローパスフィルターにアップグレードされ、更に回路全体にプレミアムグレードの4つのローパスフィルターが含まれたことにより、クリーンで強力なサウンド出力を実現しました。



●出力電力

3.5mmシングルエンドモード
・出力:19mW @32Ω(低ゲイン)、47mW @32Ω(高ゲイン)、200mW @32Ω(超高ゲイン)
・信号対雑音比:121 dB
・動的範囲:121dB。
・チャンネル分離:75 dB(32Ω)
・THD + N:<0.0009% ・出力インピーダンス:<1Ω

2.5mmおよび4.4mmバランスモード
・出力:56mW @32Ω(低ゲイン)141mW @32Ω(高ゲイン)600mW @32Ω(超高ゲイン)
・信号対雑音比:123 dB
・チャンネル分離:110 dB(32Ω)
・ダイナミックレンジ:123 dB
・THD + N:<0.0011% ・出力インピーダンス:<2Ω

こちらから購入頂けます:Shanling M6 Pro

よく読まれている記事

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください