先日Xiaomi redmi note 3 pro ROM焼きのやり方について書いたのですが、今度はすっかり消えてしまった日本語を取り戻す方法です。

これは簡単にアプリを入れるだけなんですが、そのアプリがまた USB debugging をONにして、パソコンに接続してDownload Mode(EDLモード)で設定をしないといけないアプリで、一筋縄ではいかず大変でしたw

初めての中華スマホで初めてのROM焼き、更に日本語化ときてるので、間違ってるところがあるかもしれません。素人の翻訳なんで、参考までに見てみてくださいw

ADB/Fastbootのコマンドを使えるようにソフトのインストール

ダウンロードして解凍するだけの「adb」を導入するか、「15 sedconds ADB Installer V1.4.3」で「Google Drive」など環境にあったものをダウンロードしておく。

15 sedconds ADBのインストールは、yかnで選択して進んでいくのですが、分からない場合は全部yでOK。

MoreLocale2を入れてロケールを日本に設定する方法

アプリは「MoreLocale 2」をGooglePlayからダウンロードしてください。

アプリを開いて、日本を選択すると【Permission Denied】という注意が出てきて、USB developmentでつないで設定してねみたいな内容が記載されていると思います。昔はそのまま設定できたそうですが、今はできないそうなので、adbでコマンドをたたきます。

まずは携帯をダウンロードモードにする為、USBデバックをONにします。

Setting ⇒ About Phone ⇒ MIUI versionを7回連打でタップ ⇒ これでディベロッパーモードに入りました。

次に、Additional Settings ⇒ Developer Options ⇒ USB debugging をONにして、携帯をパソコンに接続させます。

これで携帯とパソコンの接続が取れているのですが、もしこの工程が分からない人が居たら、前回の記事のXiaomi redmi note 3 proレビューとROM焼きのやり方で詳しく書いているので、そこを読んでください。

次に準備していたadbファイルを開いて、ディレクトリ内の空きスペースでShift押しながら右クリックして、「コマンドウインドウをここで開く」を選択します。

開いたコマンドプロンプトで、まずは「adb shell」と入力してリターン。
次は「pm grant jp.co.c_lis.ccl.morelocale android.permission.CHANGE_CONFIGURATION」と入力してリターン。

これでパソコンと接続してやる作業はいったん終了なので、携帯をUSBから引っこ抜いて、電源を長押ししてXiaomi Mi5S Plusを起動させます。

そして、MoreLocale 2 を開き、気持ちを込めて日本語を選択すると、画面に表示されてる英語の羅列があっという間に日本語に変わります!

MoreLocale 2 Androidの日本語ロケール導入方法

作業は以上です、お疲れさまでした!

これは全てブートローダーのアンロックをせずにできる作業ですので、あまり文鎮化させるリスクの少ない作業になります。が、私は責任はとれませんので、導入は個人の責任でお願いします。

最近ゲットしたXiaomi redmi note 3 pro。
5.5インチファブレットは大きすぎず小さすぎずで、うごきもヌルサクで超おすすめです!

Xiaomi Redmi note3 pro 最安購入
Xiaomi Redmi note3 pro 32GB 26726円
Xiaomi Redmi note3 pro 16GB 21156円

使用感などのレビュー記事はこちら。限定クーポン有り!
限定割引クーポン有り! Xiaomi redmi note 3 pro レビュー