1MORE EHD9001TA TWS レビュー 外音取り込みとノイズキャンセリング機能搭載左右独立型イヤホン!

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

1MORE EHD9001TA TWS レビューです。左右独立型でノイズキャンセリングと外音取り込みができるイヤホンが欲しい、高音質だけどなるべく安いものが欲しいという場合にはおすすめ!

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

パッケージ内容

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

イヤホン+充電ケース、オリジナル収納袋、ユーザーマニュアル(日本語対応)、TYPE-C充電ケーブル、丸めなシリコンイヤーチップ(XS/S/M/L)×2ペア、高さが低めなシリコンイヤーチップ(S/M/L)×2ペア、シリコンイヤーフック2種×2サイズとなります。

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

オリジナル収納袋は可愛い熊のロゴがついているのだけどカラーはブラック。外はサラサラなナイロン生地で中は、フワフワな綿っぽい素材でできていて、イヤホンケースを傷から守ってくれます。

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

イヤーピースとイヤーフックのラインナップです。耳にひっかけられるイヤーフックがあるので、激しい運動をしても耳から飛んでいくような事はないと思います。私は4種のうち、ちゃんと耳にひっかかるのは1つしかなかったけれど、これのお陰で耳への安定感は抜群。

イヤーピースは楕円型になっていて、より耳への装着感をよくしてくれるので、低音がとてもよく届きます。黒い方は少し短めになっていて、耳の中にあまり入り込むのが嫌いという人にはこの形も良さそう。

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

イヤーピース・イヤーフック全てを取り外したところ。イヤーピースを取り付けるところ自体が楕円になっているけれど、普通のシリコンのイヤーピースなら何でもつけられます。

こんなにも沢山あるのに私はどれも全部しっくりこずにSONYのイヤーピースLLサイズのものにつけかえましたが快適に使えています。充電にも支障はありません。

そして更にイヤーフックをすると耳への負担を感じるので3時間が限界ってなっちゃって、今は逆にイヤーフックを外して利用しています。

激しい運動を外で行うならば紛失防止にイヤーフックをつけて完璧に耳にひっかけた方が安心ですけど、その分耳の穴にテンションがかかってしまいます。取り外しが可能なので、TPOに分けて付け替えるのもありですね。

ワイヤレス充電対応

1MORE EHD9001TA TWS レビュー ワイヤレス充電対応

またバッテリーケースはワイヤレス充電に対応しているので、ワイヤレス充電器に置くだけで簡単に充電ができます。TYPE-Cケーブルで充電する場合、満充電には2時間かかります。ワイヤレスの場合は充電の電圧によりますが2~3時間といったところでしょうか。

LEDは真ん中に1つしかありませんが、ケースのバッテリー残量は【緑:満充電、オレンジ:半分、赤:バッテリー残量低】という風に判断できます。

6時間の連続再生

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

イヤホンの充電は、ケースの中で確認です。充電中はこのようにイヤホンに搭載のLEDが赤に点灯し、充電が完了したら青になります。およそ1時間でフル充電可能です。

またノイズキャンセリングをオフにしている場合の連続再生は6時間、ノイズキャンセリングをONにしている場合は5時間の再生が可能です。バッテリーケースの充電容量は410mAhで、ノイズキャンセリングオフの場合は16時間分のバッテリー、ONの場合は13時間分のバッテリーになります。

ファンクションボタンで各操作が可能、またモノ利用・ステレオ利用も可能

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

側面についているファンクションボタンでは、音量の調節、曲送り/曲戻し、通話への応答/切断/拒否、アシスタント機能の起動などの一通りの操作が可能です。また長押しする事で電源のONとOFFも可能です。

ファンクションボタンにこのような重要な操作の切り替えが設定されているので、誤タップで変になるというストレスがないのもいいです。




またスナドラ855以上のSoCを搭載したデバイスに接続した場合、trueワイヤレスステレオプラス再生が可能で、コーデックはaptX/AAC/SBCに対応します。

Helio機やウォークマンなどでも、モノ・ステレオ利用どちらも可能です。自動ペアリング対応なので、充電器から出したら自動で最後にペアリングしたデバイスに接続してくれます。

あと、耳から取り出したら勝手にYOUTUBEなどの再生が止まるという機能を搭載していて、オートで止まるだけ、もしくはオートで止まって耳に戻したらまたオートで再生開始という2種類が選べるのですが、オフがないのがちょっと辛いです。片耳が落ちたり耳が痒くて片耳外したりしたら、その都度再生が止まります。便利な反面必要ないんだけど・・と思わなくもないです。

ノイズキャンセリングにも対応

1MORE EHD9001TA TWS レビュー マイクは2カ所に搭載

マイク穴は赤い部分の2カ所にあります。左側の場所が良く分からないかもしれないですが、ファンクションボタンの反対側にあたるイヤホンの下部になります。

一番口元に近づくところにあるからというのもあるのか、通話品質はBluetoothの両耳独立イヤホンの中でも最上位と言えるほどにクリアです。スマホとペアリングして音楽を再生中に通話がかかってきても、相手に聴き取りずらいなどの不快感を与えないクリアな通話ができるイヤホンなのもおすすめポイント。

ノイズキャンセリングと外音取り込みの切り替えはイヤホンの背面の1moreロゴあたりについているタッチセンサーをダブルタップするごとには、パススルーモード⇒ANCなし⇒ANC強⇒ANC弱と切り替わります。

切り替え時にアナウンスが流れるのですが、私のイヤホンは中華モデルなのか中国語でのアナウンスになり何を言っているか全く分かんなくてどのモードに入ったのか判断つきません。調べたけれど中国語を英語に切り替える方法が分からないので誰か知っている人居たら教えてください!w

何て言ってるかは分からないのだけれど、外音取り込みのパススルーモード(アンビエントモード)は外音を拾うからか明らかにザーってホワイトノイズのような音がなるので、そこから2回切り替えたらANC強モードって覚えてればなんとかなりますけど。。

1MORE EHD9001TA TWS レビュー

このような1More専用のアプリもあるので、このアプリで切り替えも可能です。またOTAのファームアップデートにも対応しており、アプリ経由でアップデートできるので、是非アプリも入れておいた方が良いと思います。

ノイズキャンセリングをONにして強にすると、背後で動いているロボット掃除機の音もかなり消えます。パススルーモード(アンビエントモード)にすると、ノイズキャンセリングONでは全く消えてしまうキーボードをタイプしている音もしっかり拾ってくれます。音楽を再生していたらホワイトノイズのような音は軽減されるので慣れたら全く気になりません。私は家族が部屋に入ってきたのが分かりたい場合などはこのモードをよく利用しています。

同じく外音取り込みとノイズキャンセリング機能を搭載しているイヤホンとしてSONYのWI-1000XM2を持っているのですが、比較すると1MORE EHD9001TA TWSの方が外音の取り込みは少し取り込み音量が弱いですが、ノイズキャンセリングはほぼ同等レベルと言ってもいいのではないかと思います。価格差を考えると大健闘だと思います。

1MORE EHD9001TA TWS の音質について

1MORE EHD9001TA TWS レビュー 1MORE EHD9001TA TWS の音質について

1MORE EHD9001TA TWSは、バランスドアーマチュア+ダイナミックのデュアルドライバーを搭載しています。

ド迫力な低音が特徴で低音重視思考の人には好みのチューニングだと思います。中高音もクリアでバランスよく鳴り、ヴォーカルは澄んだのびやかな声で、色々な音がすごく豊富になっているなという印象。WI-1000XM2は穏やかに上品にまとまっている感じですが、1MORE EHD9001TA TWSは迫力があって派手な感じ。小さい音量で聴いてもメリハリがすごいです。アップテンポな曲などは1MORE EHD9001TA TWSの方が低音が強くドンシャリ感が強調されて個性が増す気がします。

高音質で左右完全独立、ノイキャンとパススルーモード(アンビエントモード)を搭載している高級イヤホンの中でもコスパの良いイヤホンと聞かれれば、1MORE EHD9001TA TWSをおすすめできると思います。私は超めっちゃ気に入って多用しています。




1MORE EHD9001TA TWS のスペック詳細

AliExpressさんの商品ページからお姉さんの着画を借りました。こんな感じで少し飛び出た感じになります。

1MORE EHD9001TA TWS のスペック詳細

ブランド:1MORE
モデル:EHD9001TA
着用タイプ:インイヤー
素材:ABS + PC
正味重量(g):79g
寸法:81 × 30 × 39mm
技術的パラメータ: マイクあり
Bluetoothチップ:QCC3020
bluetoothバージョン:V5.0
伝送距離:10m
Bluetoothプロトコル:HFP / A2DP / AVRCP
互換性のあるオーディオ形式:AptX / AAC / SBC
インピーダンス:32Ω
周波数応答:20-20kHz
バッテリー容量充電ボックス:410mAh、3.7V
イヤホン:55mAh × 2、3.7V
イヤホン充電時間:1時間
連続再生時間:5-6h時間
スタンバイ時間:65時間

1MORE EHD9001TA TWS の購入最安価格と割引クーポン

Banggood:クーポンBG1MORE001で$179.99
GearBest:$165.99
Geekbuying:$169.99
AliExpress:$173.99

※価格とクーポンは記事執筆時のものです。下記では最新のクーポンを確認して頂けます。

よく読まれている記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 柳生

    デザインめっちゃかっこいいですね!カーボン模様にレッドのアクセントカラー、それだけでほしくなります(っ´∀`)っ

    • By taraco18

      カーボン模様かっこいいですよね!高級感あって私も好きです。
      てか、音質もめちゃくちゃいいですよ~。普段LDACで最強って言われてるWi-1000XM2を使ってても違和感ないです。
      おすすめ!

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください