docooler サウンドバーをサンプル提供頂いたので、レビューです。

docooler サウンドバーホームシアターレビュー 20W出力で迫力の音がすごい! 外観参画像

Amazonのページを見ていただいたら分かると思いますが、このサウンドバーはBluetoothでもつながります。でもあえて題名には入れませんでした。

と言うのも、最近の中華スピーカーのBluetooth接続の場合に起こる、謎の音質アップスケーリングの流れを見事に逆行した驚きのクソ音質で、はじめにBluetooth接続してしまった私は戦慄しましたw

さぁレビューになんて書こうかコレ・・っていう心の声が思わず漏れましたよね。

とりあえず気持ち切り替えて、AUX接続も試してみようとトライしたら、まじか!ってほど音質が向上しまして、全然別のスピーカーというか、もはやこの値段でこの音ですかまじですか!っていう素晴らしい音が鳴りだしました。低音もしっかりなるし、高音も中音もクリアで感動!あくまでもこの価格帯の比較になりますがw

Bluetoothの場合は、お値段相当というかむしろそれ以下な音しかならないけど、AUX接続したらお値段以上のサウンドバーに大変身というわけです。

という事で、胸張って張り切ってレビューしますが、AUX接続のサウンドバーをお探しの方におすすめのサウンドバーになります。

BIGBANGの低音多めのライブCD音源を大音量で鳴らしても音割れしませんので、ホームシアターなどを大音量で見たい人にも向いてます。じりじりとかびりびりとかって大人ってたら集中できませんからね。

docooler サウンドバーホームシアターレビュー 20W出力で迫力の音がすごい! コントロールボタンの説明参考画像

ボタンはつまみダイヤルしかありません。このアナログなやつ。

OFFに回したらスイッチオフ、MINにしたら「ドゥン」って言ってスイッチが入り、Bluetoothペアリングモードになるので、スマホなどペアリングしたい物のBluetoothデバイス設定のところを見たらきっとこのスピーカーの「BT808」が出ているので、スマホ側でペアリングするだけで接続可能です。

ただし音がアレです。

docooler サウンドバーホームシアターレビュー 20W出力で迫力の音がすごい! AUX出力の酒匂画像

おすすめは、こちらの背面で行うAUX接続。コードは3.5mmのものなら何でも使えます。レビューなのに、私はいつも使ってるSONYのやつ持ち出してるっていうw

デフォルトではグレーのコードが小さい白い箱に入ってついています。充電用のマイクロUSBコードもグレーのものがついていましたが、私には長さが足りないので、2mものとつけかえてPCデスクに設置しています。

内蔵バッテリーの容量は4400mAhで、最大6時間連続再生が可能です。充電時間は3~4時間ですが、充電しながら使えるので、私はコードはつなぎっぱ気味です。常時100%状態になってバッテリーにはよくないだろうけど、抜くの忘れるんですよね。

docooler サウンドバーホームシアターレビュー 20W出力で迫力の音がすごい! 裏面の外観参考画像

背面は滑り止めのゴムが4カ所ついています。この滑り止めのゴムのおかげで、かなり低音効かせた音楽で更にイコライザいじって低音だしまくっても、スピーカーは共振しません。低音ならしまくるとスピーカーが飛び上がるような感じになりがちだけど、そうならない。

音量はスマホ側とさらにサウンドバーの方でいじれるため、スマホ側を最大音量にして、スピーカー側の音量も最大にしたら、どこのクラブですかって程の大音量になります。最大音量はマジで近所から怒鳴り込まれるレベル。でも音割れなし。音割れしないのは本当に素晴らしい。

周波数は200Hz〜20KHzで、インディーダンスは4Ω。オイ、中高音スピーカーじゃねーか!って突っ込み入りそうだけど、ウーファーのような心臓に来る低音はでないけど、彼は彼なりに低音は出します。責めないであげて・・と言いたくなる良い低音ではあります。

出力は10Wのドライバーが2つ付いています。合わせて20W出力が可能のようです。だからすごい音量なんですね。でもこの価格帯のスピーカーにしてはかなりクリアなサウンドです。こもってて当然なランクって言ったら評価甘いかもだけど、その中でもクリアな方というか。

docooler Bluetooth スピーカー サウンドバーホームシアター 外観参考画像

そんなすごい音量が出るスピーカーならば、さぞかしサイズも大きいのだろうと想像している方も居ると思うので、私の手との比較写真を。一応片手で持てるレベルなので、PCデスク上の隅に置いても邪魔になりません。

実寸は、38.0cm × 6.6cm × 5.9cm となっています。重さは622gで軽い。

docooler Bluetooth スピーカー サウンドバーホームシアターレビュー 前面のファブリック素材のカバーの説明

スピーカーの前面の素材はファブリックなので、リビングにおいててもおしゃれなので、TVの音を出力するためのサウンドバーとして使用する場合でも、インテリアとしてまとまりよさそうです。見た目と価格重視って人には最高のスピーカーです!

docooler Bluetooth スピーカー サウンドバーホームシアターのAmazonでのみ使用可能な、割引クーポン出ています。クーポン「 OCITCJ6S 」の入力で10%割引、有効期限は2017/6/30迄です。
※クーポン適用の販売元が、hommee-jp になるのでご注意ください!