dodocool様より、アルミフレームでお洒落なデスクランプをサンプル提供頂いたので、レビューさせて頂きたいと思います。
Apple製品みたいな質感のアルミ感なので、Appleのキーボード使ってる私のPCデスクにもピッタリ!

アルミフレームでお洒落なデスクランプレビュー バッテリー式で持ち運び可能

主要スペック

  • LED数量:20*発光ダイオード
  • 光束:165ルーメン±5%
  • CRI:>90
  • 発光色:コールドホワイト
  • 色温度:4500 K±10%
  • 最大電力:5W
  • 入力:DC 5V/1A
  • バッテリー容量&タイプ:1100 mAhのリチウム電池
  • 電源:内蔵リチウム電池&USB充電
  • 認定:CE、FCC、RoHS指令、PSE

一度の充電で最低の明るさだと174時間連続点灯させることが可能だそうです。
かなり長持ちしますね。
充電しながらも使えるので、もし充電無くなっても1A出力のモバイルバッテリーから充電可能。コンセントの片側はUSBになっています。

アルミフレームでお洒落なデスクランプレビュー バッテリー式で持ち運び可能

簡単な説明書がついていますが、よく意味がわかりませんでしたw
でも直観的に組み立てできる簡素な造りです。
棒の下の方にマグネットになってる楕円のパーツをはめます。以上!w
あとは、土台にマグネットで引っ付けるだけ。ひっつけなくて、手で持って使ってもいいのだけど。

一応マジックテープがついていて、楕円のやつと貼り付けしたいところにマジックテープを引っ付けて、マジックテープでの固定も可能です。
ライトに取り付けた楕円のパーツがマグネットになってるので、鉄のところだったらマジックテープなしでも引っ付きます。

アルミフレームでお洒落なデスクランプレビュー バッテリー式で持ち運び可能

充電中はランプが赤く点灯し、完了したら青に切り替わります。
マグネットの楕円のパーツはどこにでもつけられるのですが、あまり真ん中につけると土台にマグネットでひっつけた場合、充電しながら立てられなくなるので、下の方が無難。

アルミフレームでお洒落なデスクランプレビュー バッテリー式で持ち運び可能

先端がタッチセンサーになっていて、タッチしたらライトが点灯します。これは1番暗い状態。
タッチし続けていると、だんだん明るくなったり暗くなったりで、カナリ細かく明るさの調節ができます。1番明るい明るさは165ルーメンみたいですが、かなり明るくて、直視したら視界奪われるレベル。

モバイルバッテリーで充電できるし、低電圧で長時間使えるので、災害時などにも懐中電灯や室内灯の代わりとしても、かなり役に立ちそうなアイテムです。
裸電球はどうしても電力を食うので電気代気になりますが、LEDは省電力で電気代も安いので助かりますよね。

見た目がお洒落なので、リビングなどに置いておいてもインテリアの邪魔になりません。
新築祝いとかのプレゼントにも贈れるレベルでスタイリッシュです。
充電が済んだら配線無しで持ち運びができるので、フレキシブルな使い方ができて重宝しそう。

今回紹介したアルミフレームでお洒落なデスクランプにもクーポンが出ています。
カートに入れるの下の方の、「Beeebo-jp」というショップで使えるコードになりますが、「WSSFE5KG」の入力で、28%OFFになります。有効期限は2017年3月31日迄。