割引クーポン&セール情報 毎日更新中
GearBest Banggood GeekBuying TOMTOP Cafago
欲しい機種が決まっている人は5社分まとめてクーポン検索
5社最安クーポン価格比較

DOOGEE BL5000 の実機レビュー 背面デュアルカメラ・2倍ズーム付きで$139.99!

DOOGEE BL5000 実機レビュー

DOOGEE BL5000 実機レビュー

主要スペック・対応周波数

OS Android 7.0
CPU MT6750T 8x cortex-A53@1.5GHz
GPU mali-T860 MP2 650mhz
ストレージ 64GB
メモリ 4GB
外部ストレージ MicroSD 最大128GB
ディスプレイ 5.5インチ
解像度 1920*1080 FHD TFT/IPS 404ppi 650nit
カメラ リア:13.0MP+13.0MP F2.2 88°wide angle PDAF
フロント:8.0MP F2.2 88°wide angle beauty mode
WIFI 802.11 b/g/n
Bluetooth BT4.0
GPS GPS/AGPS+GLONASS
言語 日本語対応あり
GooglePlayStore 初期インストールあり
サイズ 155.2*75.85*10.3mm
重量 210g
インターフェース Micro USB,3.5㎜オーディオ
バッテリー 5050mAh
対応BAND 周波数
2G GSM 850/900/1800/1900MHz
3G WCDMA 900/2100MHz
4G FDD-LTE Band 1/3/7/8/20
日本の3キャリア対応BAND周波数
DOCOMO 3G: 1(2100MHz)/9(1700MHz)/6,19 (800MHz)
4G: 1(2100)/3(1800)/21(1500)/19(800)/28(700)
AU 3G: BC0(800)/BC6(2000)
4G: 1(2100)/11(1500)/18(800)/26(850)/28(700)
softbank 3G: 1(2100MHz)/11(1500MHz)/8(900MHz)
4G: 41(2600)/1(2100)/3(1800)/8(900)

それぞれのキャリアのプラチナバンドなどの説明は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでください。
※当ブログは電波の受信状況や使用可否を説明していますが、電波法違反を助長する意図はありません。

DOCOMO系はプラチナバンドであるLTEのB19とFomaプラスエリアである3GのB6への対応はないですが、街中で使うには普通に使えるスペックです。
Softbank系は、LEDプラチナバンドであるB8への対応もあるし、一致する周波数が多く快適に使えると思います。
AU系は、3G通話は対応なし。LTE通信はB1で対応がありますが、エリア極小の為ほぼ使えないと思ったほうが良いですね。

DOOGEE BL5000 実機レビュー SIMについて

SIMのサイスはMicro SIM + Nano SIMで、SIMトレイ2が排他仕様のため、MicroSDカードを利用したい場合は、シングルSIMになります。

DOCOMO系のSIMで動作確認したところ、4G+3GでDSDS可能でした。通話も通信も問題なく可能です。AUのCDMA2000は、スペック通り使えませんでした。

DOOGEE BL5000 実機レビュー 対応周波数について

ケースやフィルムは付属しています

DOOGEE BL5000 実機レビュー

同梱の商品は中国仕様のUSBアダプターに、MicroUSBコード、ケース、PIN、フィルムになります。フィルムはもともとついていますが、予備もつきます。シートは画面の角がカーブしているので、全体にはカバーできていません。気になる人は手帳ケースを利用するのがよさそう。

USBアダプターはコンセントの形状が合わないので、自分で日本のコンセントに合うものを準備する必要があります。専用となるTPU素材のクリアケースが付属なのはありがたいです。

ケースも本体も指紋がつきやすいけど、使用上問題はありません。ケースは薄く軽く、本体の美しさを損なわない為、TPU素材が欲しい人はこれで十分だと思います。

DOOGEE BL5000 実機レビュー 付属のケースについて参考画像

DOOGEE BL5000 実機レビュー 付属のケースについて参考画像

写真のように、ケースは埃や水分などからカバーをしてくれる蓋つきです。スピーカーの穴があいているので、水没から守られる仕様ではないけど、何もしてないよりかは守られます。

DOOGEE BL5000 実機レビュー

ケースをつけても本体の美しさは損ないません。むしろ指紋防止になっていい感じ。ケースも少し指紋が付きやすい素材ですが、DOOGEE BL5000のつるつるした美しい本体はかなり指紋が目立ちます。

DOOGEE BL5000 実機レビュー

本体はプラスチック素材です

DOOGEE BL5000 実機レビュー 外観参考画像

ハンドクリームをつけて触ったら大変なことになりましたw本体はプラスチック素材ですが、質感が良いので金属に見えないこともないです。安っぽい印象はないのですが、本体がかなり分厚いので、今時のハイエンドという雰囲気ではありません、バッテリーが5050mAhと大き目なのでこのサイズ感なんでしょうね。

DOOGEE BL5000 実機レビュー 外観参考画像

おそらくディスプレイもプラスチックっぽいのですが、IPSディスプレイで美しい見た目です。

指紋認証はフロントに搭載

DOOGEE BL5000 実機レビュー 外観参考画像

DOOGEE BL5000の指紋認証はフロントに搭載です。ホームボタンは物理ボタンにもなりますが、ディスプレイにナビゲーションバーを出すこともできます。

充電はMicroUSBでこの辺がローエンド感がでますね。あとはやたら分厚いのも好みが分かれそうではあります。ただ$139.99という価格からしたら、この大容量バッテリーに対してこのサイズ感は仕方ないかなと思います。

下部にあるスピーカーは左右から鳴っていました。音質は特に褒めるところもなく、かといって落とすこともなくという感じです。

日本語に対応

DOOGEE BL5000 実機レビュー

DOOGEE BL5000は初期設定時点で日本語を選べるので、設定が簡単です。Google Play Storeもプリインストールされているので、あまりスマホの扱いに慣れていない人でも簡単に設定を済ませることができます。

OTAにも対応なので、最新のシステムを利用することができます。

 スポンサードリンク

プリインストールアプリは少な目

Antutuベンチマークアプリは私がいれたものです。それ以外がプリインストールアプリになりますが、あまり変なアプリもなく使いやすいです。

ネット回線不要のFMラジオアプリに対応で、福岡は2局聞けました。90~110あたりの周波数に対応のようです。

ジェスチャー機能も搭載

豊富ではありませんが、わりと柔軟なジェスチャー機能が搭載されていますので、ストレスなく利用することができそうです。

画面分割にも対応

DOOGEE BL5000 実機レビュー 画面分割にも対応

OSがAndroid7.0なので画面分割にも対応です。サイズは真ん中で割る2分割にしか対応ではありませんが、YOUTUBEを再生しながら、半分の画面で違うことができますので、標準YOUTUBEアプリをバックグラウンド再生のように利用することができます。

シャッター音は消せません

DOOGEE BL5000 実機レビューシャッター音は消せません

背面のデュアルカメラはシャッター音が消せません。結構いい音量で鳴り響くので、恥ずかしいです。スクリーンショットを撮る時も大げさになります。

カメラはこの価格にしては、なかなかの機能を搭載していると思います。動画の最大は1080pです。

デュアルカメラですが、工夫なく撮影したらあまり背景がぼけません。PROモードを駆使すると少し違うかもしれませんが、全体的に写真が暗い印象。

カメラは2倍ズーム機能があります。同じ場所から撮影しています。ズームにしても画質の粗さがでないので、2倍ズームは使えそうです。

CPU性能について、Antutuベンチマークは44659点

Antutuベンチマークは44659点、3Dの方は7719点となりました。ローエンドスペックになります。DOOGEE BL5000の売りは2倍ズームできるカメラとバッテリーの容量の大きさと思うので、そこが合う人にはおすすめです。

他機種とのAntutuスコア比較表のまとめをご覧になりたい方は下記の+の部分をクリックしてください。
※リンククリックで紹介記事へジャンプします

クリックでAntutuスコア比較表が開閉します

▼中華デバイス Antutuスコア参考表 バージョン7

デバイス スコア
Vivo NEX S:Snapdragon 845 総合:289836 / 3D:127193
Chuwi Hi9 Pro:Helio X20 MT6797 総合:98850 / 3D:25112
OnePlus 6:Snapdragon 845 総合:287591 / 3D:127136
Xiaomi MI MIX 2S:Snapdragon 845 総合:268043 / 3D:107589
ZENFONE 5:Snapdragon 636 総合:139754 / 3D:21294
Elephone P8:Helio P25 総合:80469 / 3D:18377
UMIDIGI S2 Pro:Helio P25 総合:76140 / 3D:15838
UMIDIGI A1 Pro:MT6739 総合:45418 / 3D:3056
Lenovo P8 4G タブレット:Snapdragon 625 総合:74258 / 3D:12005
Xiaomi Redmi 5:Qualcomm Snapdragon 450 総合:69537 / 3D:12529

旧バージョンのAntutuベンチマークアプリとのスコア差をOP5Tで比べてみると28,454点上昇、OP5で見ると26,779点上昇していますので、28000点ぐらいは古いバージョンのAntutuスコアアプリとの差がありそうです。

バージョン7でのスコアでは、総合点数約20万点以上がハイエンド(835)、約14万点前後がミドルハイ以上(660)、約9万点前後はミドルハイ(630)、約5.5万点前後はミドル(430)となり、3D性能の方は、約8万点以上がハイエンド(835)、約3万点前後がミドルハイ以上(660)、約2万点前後はミドルハイ(630)、約1万点前後はミドル(430)になります。

▼中華スマホ Antutuスコア参考表 バージョン6

デバイス スコア
DOOGEE BL5000:MT6750T 総合:44659 / 3D:7719
Elephone S8:Helio X25 MT3767T 総合:92735 / 3D:19570
ZTE Nubia Z17 Lite:Qualcomm Snapdragon 653 総合:83447 / 3D:22638
OnePlus5T:Qualcomm Snapdragon 835 総合:184104 / 3D:75445
Xiaomi Mi A1: Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 総合:60511 / 3D:13158
Xiaomi Mi Mix 2: Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835 総合:180741 / 3D:74708
MAZE Alpha: MediaTek Helio P25(MTK6757) 総合:64115 / 3D:11393
ASUS ZENFONE 3 ZOOM ZE553KL: Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 総合:64174 / 3D:12854
OnePlus 5: Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835 総合:183290 / 3D:74856
ZTE AXON 7: Qualcomm Snapdragon 820 総合:143125 / 3D:58946
Cube WP10: Qualcomm MSM8909 総合:29377 / 3D:1708
honor 8: HiSilicon Kirin 950: 総合:96152 / 3D:19130
yotaphone2 YD206: Qualcomm Snapdragon 801 総合:39096 / 3D:6192
Xiaomi Mi Note 2 XIaomi公式ROM: Qualcomm Snapdragon 821 総合:156596 / 3D:-
Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi EU: Qualcomm Snapdragon 821 総合:135657 / 3D:49421
Xiaomi Mi MIX: Qualcomm Snapdragon 821 総合:160884 / 3D:63651
Xiaomi Mi5S PLUS: Qualcomm Snapdragon 821 総合:149531 / 3D:-
Xiaomi Redmi Note 4: Helio X20 総合:82660 / 3D:15211
Zenfone 3 ZE552KL: Qualcomm Snapdragon625 総合:62569 / 3D:-
UMI MAX: Helio P1 総合:44529 / 3D:-
Xiaomi Redmi Pro: Helio X25 総合:89955 / 3D:19262
ZUK Z2 PRO: Qualcomm Snapdragon 820 総合:135109 / 3D:-
Zenfone Zoom ZX551ML: Intel Atom Z3580 総合:57186 / 3D:-
OnePlus 3T: Qualcomm MSM8996 Snapdragon 821 総合:166094 / 3D:-
Ulefone ARMOR: MTK6753 総合:37112 / 3D:4547
Xiaomi Redmi Note 4X: Qualcomm Snapdragon 625 総合:62500 / 3D:-
Xiaomi Mi 6: Qualcomm Snapdragon 835 総合:173237 / 3D:70671
Xiaomi Mi Max2: Qualcomm Snapdragon 625 総合:63792 / 3D:13202
Lenovo Moto Z Play: Qualcomm Snapdragon 625 総合:63049 / 3D:-

DOOGEE BL5000の購入最安値と割引クーポン

DOOGEE BL5000はBanggood様からサンプル提供を頂きました。ありがとうございます。現在そのBanggoodが最安値ですね。$139.99でこの性能、かなりコスパの良い端末になると思います。

最新価格を検索 最新割引クーポン
・GearBestリンク:$145.99
・Banggoodリンク:$139.99
・GeekBuyingリンク:在庫なし
・TOMTOPリンク:$172.99
・CAFAGOリンク:$200.27
GearBestクーポン
Banggoodクーポン
GeekBuyingクーポン
TOMTOPクーポン
CAFAGOクーポン

価格、在庫状況は2018/02/23現在の情報になります。

Banggood作成のYOUTUBE動画があったので貼り付けさせてもらいます。気になる人は見てみてくださいね。

割引クーポン&セール情報 毎日更新中
GearBest Banggood GeekBuying TOMTOP Cafago
欲しい機種が決まっている人は5社分まとめてクーポン検索
5社最安クーポン価格比較

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください