ニュースアプリを見ていて知った、Gmailの送信を取り消す方法。

まだ送信するつもりないのに、うっかり送信しちゃった!って事ありますよね。ファイル添付とかをぼーっとしてた時とかに。

そんな時に便利な機能かなとは思いますが、最大でも設定は30秒とかになるので、30秒以内に( ゚д゚)ハッ!とできなければ終いなのは変わらないw

うっかり解消30秒ルールを取り入れる事のできる機能を一応設定しておきましょう!

GmailをGoogleChromeなどのプラウザで開くと、右上に歯車マークが出ますよね。

それをクリックすると「設定」という項目があるので、クリックして開きます。

「送信取り消し」という項目の、「送信取り消し機能を有効にする」にチェックを入れ、取り消せる時間を5秒から30秒から選べるので、私は30秒にしてみました。デフォルトでは5秒になっています。

Gmail送信取り消し機能をONにする方法

最後に、一番下に行って、「保存」を押せば、送信メールの取り消しが可能になります。

では、どのように取り消しができるのかというと・・

普通にメールを送信したら、「メールを送信しました」というポップアップが出てくるんですが、そこに「取り消し」という30秒ルールの神回避ボタンが追記されています。

Gmailの誤送信を取り消す方法

これが3分とかだと、後から思い出す「あ・・・w」ってのに対応できるのですが、まあ送信ボタン押すつもりなかった時の「うあぁッ!」っていう、超絶うっかりミスにだけでも対応してくれてありがたいですね!

やっぱりGmailは神。Google先生最高ッス。