Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー

以前書くと言っておきながら、なかなか書けずにいた Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC のレビューを書きたいと思います。
WINDOWS10搭載のタブレットPCのウルトラブックです。

外観と充電や外部接続について

Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC  -  WINDOWS 10レビュー

カラーがシャンパンゴールドという事もあって、価格からは考えられない高級感です。

あまり重さや薄さに拘ったモデルではないので、重さや大きさはそこそこあるのですが、アルミ風のボディーの高級感がすごくお洒落で見た目がとにかく素敵です。

背後にはONDAの刻印と、小さく中国語が入っているのですが、それすら素敵に見えます。

重さはあるのですが、見た目のおしゃれ度から、女性が使っても素敵だねと言われるタブレットPCなのではないかと思います。

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PCレビュー 電源の写真

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー 外部接続端子の写真

上の写真がDC電源コードとタブレットPCに差し込む端子部分です。

マイクロUSBばかりの中、この形は珍しく、私は初めて見ましたが、丸い芯なので差し込みがものすごく楽でスッと入るので、マイクロUSBと違って抜き差しによる故障は少ないのではないかと思います。

マイクロUSBで外部接続しながら液晶の方を充電できるので、使用中に電池がなくなったという時も途中で充電しながらもマイクロUSBはふさがないので便利に使えますね。

下の写真は、USBをマイクロUSBへ変換するアダプターです。USBに直接被せる感じで装着させると、USBがマイクロUSBへと変化してくれます。

マウスやキーボードを直接画面に挿して使う事ができるのでとても便利です。

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC 外部接続端子参考写真

右から、3.5㎜イヤホンジャック、マイクロUSB、マイクロHDMI、DC電源の接続端子の穴になります。本体右側についています。

そして、キーボードにはUSBポートがあるので、キーボードとタブレットを接続しているならば、USBでそのままデータなどを読み込む事もできます。

キーボードと離して使用する場合は、付属のマイクロ変換ケーブルを利用すれば画面側に直接アクセスさせることができます。

マイクロSDは128GBまで対応

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC 外部接続端子 マイクロSDカード入れ

こちらは、マイクロSDカードを差し込む部分になるのですが、カバーはありません。

ですが、ものすごく奥に差し込んで、ちょっと爪で奥に深く差し込む感じでないと抜き差しできない感じなので、持ち運び中に誤ってカードを紛失させてしまうような事はなさそうです。

マイクロSDは128GBまで認識してくれるので、クラウドだけでは足りない方は直接128GB分のデータはマイクロSDで保存して持ち歩くこともできます。

持ち運ぶ人は電源ボタンに設定が必要

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー 電源の位置

本体上部に電源と音量があるのですが、あまり突起はないので、引っかかったりはなさそう。

2秒ぐらい長押ししたら電源が入ってしまうけど、閉じていれば電源をONにしないような設定にしていれば、持ち運び中に電源が入ってしまう事もなさそうです。というか、持ち運ぶ人はこの設定は必須かもしれないですね。

キーボードはアイソレーションタイプ

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー

キーボードはノートパソコンらしく、軽いタッチでしっかり入力できます。

10インチなので、キーピッチは本体に合わせて少し狭くなるのですが、アイソレーションタイプなので、このサイズ感になれてしまえばしっかりタイプできる感じだと思います。

タッチパットの精度もなかなかのもので、画面自体もタッチスクリーンになるし、マウスが使えない場所でもタッチパットとタッチスクリーンを駆使すれば、ストレスなく使用する事ができると思います。

タッチスクリーンは液晶単体で使うのに便利

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー

このように本体とキーボードを外して利用する事もできます。

その際は設定で自動的に、タッチスクリーンキーボードが画面に出てくるように設定できるので、いちいち切り替えたりする手間も要らず快適です。

キーボードの電源は液晶から取れるので充電は不要

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー 本体とキーボードの結合部分の参考写真

これは本体画面とキーボードの結合部分の写真なのですが、カチッとはまるというより乗せるという表現が合う感じなので、画面をもって持ち上げたらすぽっと抜けます。

よく言えば取り付けがスマートにできて、前後の切りかえをしてスタンドモードで利用する時など、簡単に抜き差しができるという事になりますが、ロックなどがないので、持つ場所に注意は必要になります。

DSC06858

手に持って縦にして使うとこんな感じですね。

右下にあるメニューで簡単にタブレットモードへの切り替えもできるので、タッチで使いたい場合などは便利だと思います。

日本語化は95%はできるがメニューの一部は中国語

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー 日本語化の仕方

中華タブレットPCになるのですが、こちらは日本語化はある程度できます。

写真のように、完璧には日本語にならずところどころ漢字というか中国語が混ざってしまったりしますが、主要というか大事なところは全て日本語化できるので、まあ使用に問題はありません。

それでは、 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC の日本語化のやり方について説明していきます。

Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC の日本語化

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー日本語化の説明

まず起動したら英語になっているので、電池マークから数えて、3つ隣のマークを押すと、言語の選択が可能になりますので、そこで日本語をダウンロードします。

歯車マークのLanguageというところをクリックしたら、次の画面がでてきます。

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー 日本語化の仕方

まず、Country or regionというところを、Japanにします。

次に、+マークの「Add a Language」というところをクリックして、日本語をダウンロードしますが・・

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー日本語化

この沢山の中から日本語というのを選ぶだけで、後は勝手にダウンロードしてくれます。

そして、この画面の下の方に下がっていくと、音声の方も日本語に設定する項目があるのですが、日本語の音声はAYUMIと決まっているようなので、Ayumiを選択してください。Ayumiって誰だwww

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー 日本語化の方法

これで大方は日本語化できたのですが、後は時間などを東京に合わせたりぐらいですかね。

マイクロソフトでログインしていないと、案外word mobileなどが英語のままだったりするので、outlookなどのメールを作ってマイクロソフトでログインしてください。

そして、アプリストアで、word mobileをダウンロードしたら、日本語のword mobileが使えます。

Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC まとめ

Onda OBook10 Ultrabook Tablet PCのスペックなのですが、見た目はコンパクトなのにとてもハイスペックです。

ちょとしたノートパソコンだとメモリが2GBのものとかもあるけど、これはこのサイズ感なのに、メモリRAMは4GBもあるんですよ!

windows10は動作が軽いので、Google Chromeのタブを何個も同時に開いたりしても、フリーズしたりせずにキビキビ動いてくれます。

 Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC レビュー スペック詳細参考画像

RAMの4GBもすごいのですが、CPUが64bitのIntel Z8300 1.44GHzクアッドコアなのも最先端ですごいです。それでこの2万円強という価格ですからね。

GPUは、Intel HD Graphic(Gen8)になります。

私が紹介している実機に関してはWindows 10モデルになりますが、 Windows 10 + Android 5.1のモデルもあります。

ストレージはeMMC ROMで64GBで、安価なSSDにはなりますが、処理速度はさすがSSDだけあって早いです。

wifiは802.11b/g/nで、Bluetoothは4.0、バッテリーは6000mAhで画面の彩度をしぼってエコモードで使うと5時間ぐらい充電が持つ感じですかね。

ホームページには6時間と書いてあるけど、私の体感では5時間な感じです。

フロントにカメラがついているので、スカイプなどでビデオ通話もできます。

そのフロントカメラの画素数は200万画素なので、映らなくて良いものは映らない感じの粗さで、私的にはむしろ丁度いいと思いますw

さきほどそこそこ重さがあると書きましたが、ホームページによると575gという事です。

モバイル性をうたいまくっている国産のものに比べたら重いなと持った感じでは思ったのですが、持ち運べない重さではありません。

外周というか大きさは、25cm x 16.40cm x 0.80cm で薄さは8mmと薄型になります。キーボードをつけるとその倍になりますけどw

解像度は、1280 x 800 ( 16 : 10 )で、 WXGA IPSスクリーンです。

フルハイビジョンではないのですが、IPSスクリーンなのでとてもキレイな画面で、10.1インチだけどドットがギュッと詰まってるので、文字が小さくとも見やすいです。

グレア画面になるので、写真なんかはとってもキレイだし、文字も見やすく美しいのですが、映り込みは結構ありますね。でもノートなので背後からの反射とかはあまり気にしなくていいはずだし、ストレスはそんなにないと思います。

使った感想は、すごい!の一言です。

私は13インチのノートを持ち運び用に購入したのですが、このONDAを先に商品提供して頂いていたら、わざわざ13インチのパソコンを買ってなかったのに!って思います。

HDMIコードも使えるので、大きい画面で使用したい場合は、外部出力も可能になりますし、モバイル用途に小さいパソコンを探している人は、このウルトラブックの Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC は、丁度いいのではないかと思います。

Onda OBook10 購入

Onda OBook10
Onda OBook10 Ultrabook Tablet PC

ONDA Obook10には、Windows10 + Remix OS2.0バージョンもあります
ONDA Obook10 Windows10 + Remix OS2.0

専用キーボードはこちら
Onda OBook10専用キーボード

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestで使える$50分のポイント」が貰えます。

下記で、現在のセール情報を出しています。

icon

GearBestでの購入方法について

GearBest初心者の方は「GearBestの購入方法まとめ」をお読みください。
サイトの使い方、アカウントの作成方法、クーポンの探し方と使い方、配送注意点、輸入消費税について等、GearBestでの個人輸入に関する情報をまとめています。

GearBestでよりお得に買い物できるかも!?

GearBest 割引クーポン最新まとめ
GearBest セール情報

他の中華通販サイトのクーポンもあります!

Banggood クーポン
GeekBuying クーポン
TOMTOP クーポン
Cafago クーポン
EverBuying クーポン