タブレットやパソコンにスマホなど、ウイルスソフトを入れなければいけないガジェットが増えてしまったので、1ラインセンスで無制限で使えるウイルスソフトを検討してみました。

台数制限なしのウイルスソフト比較

現在、1アカウントで台数無制限で使えるウイルスソフトは、マカフィーとカスペルスキーのみ。

どっちを選ぶのが良いか、基準になるところは、人それぞれだと思うので、以下の表を参考にしてみてください。

台数制限なしのウイルスソフト比較
  カスペルスキーicon
カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ 体験版icon
マカフィー リブセーフicon
マカフィー・ストアicon
Win ウイルス対策
動作の軽さ
ファイアウォール
Webサイト安全評価
ID/パスワード管理 ×
ネットバンキング保護
迷惑メール対策
フィッシング対策
保護者による保護
指定文字列送信防止 ×
パソコン最適化
スマホ ウイルス対策
フィッシング対策
保護者による保護 ×
盗難対策
特定連絡先非表示 ×
SMS/着信拒否
Mac ウイルス対策
Webサイト安全評価
ファイアウォール ×

台数無制限のウイルスソフト選び方まとめ

マカフィーリーブセーフは何もしなくても無制限に入れられるようですが、カスペルスキーはちょっと面倒くさくて、10台以上の使用になる場合は、サポートに電話してシリアルキーを出して貰う必要があります。

カスペルスキーのホームページには「10台以上はサポートに電話」と書いてあったのですが、実際10台以上使ってもシリアルキー無限に使えてます。15台は登録してるけど何も聞かれないです。面倒くさくないです!

私はPCはカスペルスキーとESETしか使ったことないのですが、カスペルスキーは動作も軽くて、直観的にも使いやすく、ネット銀行などを利用する時は、セキュリティーでロックされた別画面が自動で立ち上がります。

GoogleChrome用のカスペルスキーの拡張機能もあって、ネットサーフィン中の予期しないwebトラッキングを防止する機能がついています。

カスペルスキーは本当に優秀で、危ないページだったら、このページは開いてはダメ!と警告して教えてくれたりします。開けません。

また署名などがはっきりしていないページでは、このページは怪しいので今すぐ接続を遮断してくださいなどと教えてくれます。

ウェブカメラへのアクセス制限とかもあって、今時のノートパソコンについているウェブカメラへのアクセスを拒否する制限があるので、PC作業中にハッカーなどから撮影されるという危険からも守ってくれます。女性としてはうれしいサービスです。

ESETの時にあったような、ウイルスソフト側のエラーでデータベースが更新止まってしまった等のトラブルは1度もなく、非常に安定しています。

なによりウイルスの脅威に圧倒的に強いです。完全にカスペルスキー上げになってますが、ネットバンキングの保護などもマカフィーにはないサービスで、これだけでも十分に選ぶべきポイントになると思っています。

スマホバージョンなどは、無料バージョンがあります。

30日までは有料と同じサービスが受けられて、30日過ぎても無料でそのまま使えるのですが、その際はウイルスソフトが自動アップデートされません。

つまり自分で気を配ってアップデートをし続ける必要があります。

毎朝起きたらウイルスソフトのアップデートを日課にするみたいなマメな人は無料版でも生きていけるかもしれないけど、有料版はアップデートの自動機能だけでなく、スキャンの自動機能もついていて、自動で安全な状態のスマホをキープできます。

毎日自分でデータベースの更新とスマホのスキャンをしたくない人は有料を買うと楽になります。

スマホバージョンはマカフィーの方が使いやすいし、セキュリティーの項目が多いかなと思ったけど、カスペルスキーも悪くはないです。普通に使えます。

スマホ重視で考える人はマカフィーも選択肢に上がると思いますが、PC重視で考える人にはカスペルスキーがおすすめです。私はカスぺルスキー派!

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ 体験版icon
「防御力」「速さ」「軽さ」で選ぶなら カスペルスキーicon

マカフィーも見てみたいという人はマカフィーもどうぞ!

マカフィー・ストア