EverBuyingさんからDOCOMOが使えるSIMフリースマホのUMI MAXをサンプル提供して頂いたので、レビューしたいと思います。
こちらは同時待ち受けできませんでした。
DOCOMO1枚なら受信確認とれましたが、データ通信を設定した方だけしか電波を受信せずに、どちらか一方が圏外になります。

じゃあ、どういう人に需要があるのかというと、DOCOMOのSIMフリースマホを探している人で、マイクロSDカードに音楽とか沢山入れて持ち歩いたり、写真をスマホでたくさん撮りたい人には向いています。
後、海外によく行く人で、2Gを受信したい人なんかも、2Gだと同時待ち受けできるのではないかと思うので、一応DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)機なので、そういう方には需要があるのではないかと思います。

UMI MAX主要スペック

  • OS:Android 6.0
  • 言語:マルチラングエッジで日本語対応
  • SIMスロット:マイクロSIM×2(DSDS、ただし日本では同時待ち受け不可)
  • マイクロSDカード:最大256GB
  • メモリ:RAM3GB
  • ストレージ:ROM16GB
  • CPU:Helio P10
  • Cores:1.8GHz,Octa Core
  • wifi:802.11a/b/g/n 2.4GHz/5GHz対応
  • Bluetooth規格:V4.1
  • ディスプレイ:5.5インチ ゴリラガラス3対応
  • 解像度:1920×1080フルハイビジョン
  • カメラ:背面1300万画素デュアルフラッシュライト/前面500万画素
  • インターフェース:TYPE-C、3.5㎜オーディオジャック
  • バッテリー:4000mAh ビルトイン

ネットワークタイプ:FDD-LTE+WCDMA+GSM

  • 2G GSM 850/900/1800/1900MHz
  • 3G WCDMA 850/900/1900/2100MHz
  • 4G FDD-LTE 800/1800/2100/2600MHz
AU・DOCOMO・Softbank対応周波数
キャリア docomo au softbank
LTE band 1 (2100MHz)
band 3 (1800MHz)
band 21 (1500MHz)
band 19 (800MHz)
band 28 (700MHz)
band 1 (2100MHz)
band 11 (1500MHz)
band 18 (800MHz)
band 26 (850MHz)
band 28 (700MHz)
band 41 (wimax2+)
band 41 (2600MHz)
band 1 (2100MHz)
band 3 (1800MHz)
band 8 (900MHz)
3G (W-CDMA/UMTS)
band 1 (2100MHz)
band 9 (1700MHz)
band 6,19 (800MHz)
(CDMA2000 BC0系)
BC0
BC6
(W-CDMA/UMTS)
band 1 (2100MHz)
band 11 (1500MHz)
band 8 (900MHz)

それぞれのキャリアのプラチナバンドなどの説明は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでください。

※当ブログは電波の受信状況や使用可否を説明していますが、電波法違反を助長する意図はありません。

※このとおり、DOCOMOとソフトバンクには対応していますが、AUはおそらく受信しません。
800MHzに対応しているので、もしかしたら対応あるかもだけど、手持ちがnanoSIMしかなくて試せません・・・。
800MHzはAUのメインBANDではあるので、もしこれ受信するならすごいかも。

dsc08751

SIMトレイの向きが、nanoをマイクロサイズのSIMにするアダプタをつけると、中に落ち込みそうなタイプです。
アダプタにつけるときにSIMにトレイから外れないように粘着テープなどで引っ付けるようにしておかないと、抜き挿しする時にひっかかってトレイ壊しそうでした。

マイクロサイズに変更して使うのが無難ですね。私は怖くてnanoサイズ入れられなかったです。
なので、検証はSo-netのLTEのSIMのSMS無しの同じものを2枚入れて試しました。SMS付きのやつはナノだったので怖くて入れられませんでした。

UMI MAX 使用レビュー

Antutuスコアは思ったより低め

UMI MAX ANtutuスコア

Xiami redmi proはHelio X25 で 89955 というスコアだったので、Helio P10にもそこそこ期待していたのですが、半分ぐらいの44529というスコアでした。
やはりXiaomi機はすごいのだと確信しましたね。
とは言え、私はiPhone5SからXiaomi redmi note 3 pro、そしてXiaomi MiMaxと来て、現在MiMax使っているのですが、Antutuスコア74160でも超快適なので、体感速度は繋いでいるwifiなどの環境などにもよるのかなと思います。

▼中華スマホ Antutuスコア参考表

デバイス スコア
MAZE Alpha: MediaTek Helio P25(MTK6757) 64115
ASUS ZENFONE 3 ZOOM ZE553KL: Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 64174
OnePlus 5: Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835 183290
ZTE AXON 7: Qualcomm Snapdragon 820 143125
Cube WP10: Qualcomm MSM8909 29377
honor 8: HiSilicon Kirin 950: 96152
yotaphone2 YD206: Qualcomm Snapdragon 801 39096
Xiaomi Mi Note 2: Qualcomm Snapdragon 821 156596
Xiaomi Mi MIX: Qualcomm Snapdragon 821 160884
Xiaomi Mi5S PLUS: Qualcomm Snapdragon 821 149531
Xiaomi Redmi Note 4: Helio X20 82660
Zenfone 3 ZE552KL: Qualcomm Snapdragon625 62569
UMI MAX: Helio P1 44529
Xiaomi Redmi Pro: Helio X25 89955
ZUK Z2 PRO: Qualcomm Snapdragon 820 135109
Zenfone Zoom ZX551ML: Intel Atom Z3580 57186
OnePlus 3T: Qualcomm MSM8996 Snapdragon 821 166094
Ulefone ARMOR: MTK6753 37112
Xiaomi Redmi Note 4X: Qualcomm Snapdragon 625 62500
Xiaomi Mi 6: Qualcomm Snapdragon 835 173237
Xiaomi Mi Max2: Qualcomm Snapdragon 625 63792
Lenovo Moto Z Play: Qualcomm Snapdragon 625 63049

※リンククリックで紹介記事へジャンプします

カメラの画質はさすが1300万画素の一言!

UMI MAX カメラの参考画像

こちらはUMI MAXで撮ったのですが、さすがです。暗い部屋で撮ったけど、Xiaomi MiMaxより明るくキレイに撮れました。
フラッシュ無しなんだけど良いセンサーつんでるっぽいですね。瓶の青の色が本物に限りなく近くキレイに出ています。背面のボケも良い感じ。

OTAは使えない

screenshot_20160908-135545

こちらもカスタムROMが焼いてあるのでしょう。
OTAは私の手元に来た機種ではできませんでした。ネットワーク接続が・・のくだりから推測するとOTAは不可。

指紋認証の精度は良好

UMI MAXは背面に指紋認証がついているのですが、かなり正確に認識し、画面の起動もとても早いです。
1秒もかかってない気がする。NOストレスで使えます。

UMI MAXは日本語に対応

UMI MAXは日本語に対応

完全にEverBuyingのカスタムROMで話をして申し訳ないのですが、日本語対応です。
設定もほぼ日本語でSmart Assistantの部分だけ英語ですが、後はほぼ日本語なのでAndroidになれていない人でも直観で使う事ができる機種です。
メモリ3GBなので、動きもサクサク。

中国語関係のアプリのプリインストールはほぼなくて、ROMは国際版だなという印象でした。
ただ写真みてもらったらわかるかと思いますが、この青いLEDライトがホームボタンと勘違いしちゃってたびたび押しちゃうんですが、ただのライトでなんの反応もありません。
そこが若干不便。
青の○の上にでるメニューは、左の∨みたいなのを触ると消えるので画面は広く使えるのですが、ついその状態だと青いの触っちゃっていらっときますw
下から上にスライドしたら、またこのメニューが出るのですが、あの青い部分にこのメニューを固定で付けてほしかったなと思ってしまう。

UMI MAXはフルハイビジョンで画質はきれい

UMI MAX 解像度の説明

UMI MAXはフルハイビジョンで高解像度なので、画像はキレイです。
見た目の高級感もあって、とても2万円程度のスマホには見えません。ストレージが16GBとカナリ少ないのですが、マイクロSDカードでカバーできるし、DOCOMO使いの人には良いのではないかなと思います。

UMI MAX 外観参考写真

私はROM焼きとかするの好きなんですが、UMI MAXはまだ情報があまりなく、XDAなどでぐぐってもROMが出てきません。
なので、EverBuyingのカスタムROMで使いたいという人には良いかもしれないけど、ROM焼きしたいとか思う人は、LeEco Le Max2やXiaomi機の方が楽しく遊べるかも。
でも機種としては、アルミっぽい質感で高級感あるし好きです。

外観写真をたくさん撮ったので、どれほどの完成度か実際写真を見てみてください。
ちゃちな感じには見えませんよね!

UMI MAX 外観参考写真

UMI MAX 外観参考写真

UMI MAX 外観参考写真

UMI MAX 外観参考写真

UMI MAX 外観参考写真

UMI MAX 購入

2016-09-15_01h17_56

・EverBuyingリンク:Umi Max Android 6.0 5.5 inch
・GearBestリンク:UMI MAX

今回はEverBuyingに商品提供してもらったので、EverBuying推したいのですが、GearBestが現在ビッグプロモやってて、価格では完敗ですね・・w
クーポン出してもらえないか交渉してみます。出してくれたらここに追記したいと思います。
追記:出してもらいました⇒「EBUMAX」です。使用期限は10/17迄で、$163.99で購入頂けます。

もし在庫がなければ、こちらのリンクも参照してください。

G:UMI MAX
B:UMI MAX

2016-08-08_20h17_44

こちらのページにアクセスして、上記画像のように新規メール登録すると$50割引クーポンが貰えるようです!
もし$50OFFの表示が出ない場合は、シークレットウィンドウなどでこのページを開きなおしてください!

EverBuyingクーポン&セール最新情報

EverBuyingのクーポンコードの最新情報はこちらの記事で紹介しています
EverBuyingクーポン 最新まとめ

その他のEverBuyingセール情報は、セール情報カテゴリをご覧ください
EverBuyingセール情報カテゴリ

その他の中華通販サイトのクーポンコードはこちらの記事で紹介しています。
GearBestクーポンコード
GeekBuyingクーポンコード
Banggoodクーポンコード
TOMTOPクーポンコード
Cafago クーポンコード

UMI MAX 購入へ戻る