【クーポンで$99.99】UMIDIGI A1 Pro 実機レビュー B19対応で4G同時待ち受け可能!

※2018/6/30最新割引クーポン&セール情報をが更新されたので、最下部に記載しています。

UMIDIGI A1 Pro 実機レビュー 外観写真

スマホメーカーのUMIDIGIの新機種「UMIDIGI A1 Pro」の実機レビューです。

UMIDIGI A1 Proの総評

素晴らしいと思った点
・4Dカーブで光沢のあるボディーが美しい
・背面には13MP+5MPデュアルレンズカメラを搭載
・3.5mmオーディオジャック&Type-Cポート搭載
・4G同時待ち受け可能
・顔認証機能搭載
・Android8.1対応
・LDAC対応

残念だった点
・ローエンドで少し非力
・顔認証が失敗するなどソフト面が不安定

私の端末は顔認証は登録の時点で失敗して使いものになりませんでした。背面の指紋認証は精度良好なので、とりあえずはそっちで対応というところでしょうか。電源入れて速攻アップデートきていましたので、今後のアップデートに期待ですね。

UMIDIGI A1 Pro は日本語対応で4G同時待ち受けも可能

UMIDIGI A1 Pro 実機レビュー スペック詳細

OS Android 8.1
CPU MTK MT6739 4x Cortex-A53 up to 1.5GHz
GPU IMG 8XE 1PPC 570MHz
メモリ 3GB
ストレージ 16GB
外部ストレージ MicroSD 最大256GB(排他仕様)
ディスプレイ 5.5インチ 画面占有率85%
解像度 720 x 1440, 293 PPI 18:9 HD+
カメラ リア:13MP + 5MP、フロント:5MP
ビデオ:1080p/720p video, 30fps
WIFI IEEE802.11 a/b/g/n
Bluetooth V4.0, Bluetooth HID対応
センサー Pセンサ/Lセンサ/加速度センサ/ジャイロスコープ/地磁気センサ
GPS GPS/GLONASS/BeiDou
言語 日本語対応
GooglePlayStore 初期インストールあり
サイズ 145.3×69.1×8.5mm
重量 182g(実測値)
インターフェース TYPE-C、3.5mmオーディオ
バッテリー 3150mAh 5V/2Aクイックチャージ対応
ネットワーク 2G: 2/3/5/8
3G: 1/2/4/5/8
4G: 1/2/3/4/5/7/8/12/17/19/20/38/40/41

DOCOMO:B6非対応・B19対応で結構快適
AU:BC0通話非対応・通信はB18/B26/B28非対応でB1のみで微妙
Softbank:B8対応で結構快適

SIMサイズは2枚ともnanoサイズ、MicroSDカードのトレイがSIMトレイと排他仕様のため、MicroSD入れる場合は実質シングルSIMになりますが、4Gでの同時待ち受けが可能で、 Dual 4G VoLTEに対応していました。

スクリーンショットの1枚目はDOCOMO系のSIMを2枚入れています。(DSDV)4G VoLTEでの同時待ち受け可能でした。B19に対応でこの4G VoLTE同時待ち受けは素晴らしい。通信通話動作確認できました。AUのCDMA2000への対応はありませんでした。残念!

また初期インストールアプリが少ないのも好感が持てます。Google Play Storeは初期インストール済みです。

UMIDIGI A1 Proの日本語化と初期インストールアプリについて

日本語化については、電源入れて最初に出てくる画面で言語を選ぶようになっていますので、日本語を選択するだけで可能です。設定で躓く事はないので海外携帯のハードルはゼロ。

ここでSIMカードを入れてたら一機に設定完了ですが、スキップもできるので後でゆっくり設定することもできます。

UMIDIGI A1 ProはLDAC・Apt-X HD対応

UMIDIGI A1 ProはOREO、Android8.1というOSなので少し期待していたのですが、クアルコムではないので半分諦めてもいたけど、なんとLDACにも対応していましたー!すごい!!

Apt-Xで接続した際は特に表示が出なかったのでやっぱりApt-X HD対応なしかなって思ってがっかりしていたら、なぜかLDACだけしっかりLDACの表示出ました。コンパクトボディーな上にMicroSD使えるので、Spotifyなどの音楽を再生するLDAC対応機器としてもかなり需要あるのではないでしょうか。イコライザも充実しています!

UMIDIGI A1 Pro 実機レビュー 画面分割に対応

UMIDIGI A1 ProはAndroid8.1なので、画面分割に対応しており、YOUTUBEとGoogle Chromeなど他のアプリと一緒に利用することができます。またピクチャーインピクチャーにも対応しています。

UMIDIGI A1 Proのカメラの性能

UMIDIGI A1 Proのカメラの性能

UMIDIGI A1 Proの売りの一つである背面のデュアルレンズカメラは13MP+5MPという高画質になっています。5素子レンズ・f2.0開口・デュアルLEDフラッシュ・低光度向上・パノラマ・バーストモード・顔認識 ・リアルタイムフィルタという機能が特徴です。

センサーはSamsungのものを採用しており、Bokehエフェクトに対応で被写界深度のある背面をぼかした写真が撮影できるのですが、背景のBokehエフェクトは私が思っていたものとは少し違いました。Bokehは範囲で選択するようで、丸くピントを合わせてそのはみ出た範囲をぼかすみたいな感じで、使わないでオートシーンセレクトの方が思ったように背面がボケた写真が撮影できました。

いくつか撮影サンプルを上げますが、全て幅を1980ピクセルにリサイズしています。元サイズは4160×3120で4MBほどあります。

UMIDIGI A1 Proのカメラの性能レビュー 撮影写真サンプル

室内での撮影だったので、フラッシュが機能しようとしてましたが、フラッシュ無しで撮影した方がキレイにとれました。黒いものを撮影するとフラッシュがあほになるみたいで妙に明るくなりすぎたり、少し調節が下手だなと思いました。

UMIDIGI A1 Proのカメラの性能レビュー 撮影写真サンプル

風が強い中風にゆれまくるつつじをしっかり撮影できました。明るくキレイに撮れていると思います。手振れあり、シーンオートです。

UMIDIGI A1 Proのカメラの性能レビュー 撮影写真サンプル

こちらは被写体が淡い色だからなのか、つつじのすぐ隣で撮影したのに若干暗めに映ってしまいました。ただしっかりピントは合っていて、背景のボケもさすがデュアルカメラという性能でキレイです。

UMIDIGI A1 Proのカメラの性能レビュー 撮影写真サンプル

これは見た目通りの空です。忠実に再現できていると思います。

UMIDIGI A1 Proのカメラの性能レビュー 撮影写真サンプル

風に揺れまくる稲穂を撮影してみましたが、しっかり撮れてます。シャッタースピードは1/100秒で、F2です。この写真はなかなか良いと思いますが、風景を撮影した場合、少しのっぺりとして暗いなと思いましたが、私が比べているのがOnePlus 5Tとかなので、1万円程度のスマホでこのクオリティーと思えば立派だと思います。

フロントカメラ(f2.4開口・セルフカウントダウン ・顔認識)の自撮りサンプルは自重しますが、こちらは取り立てて言う程良いというわけでもなくという感じです。普通。

UMIDIGI A1 ProのCPU性能

Antutu score V7 Geekbench score
Antutu score: 45418
CPU: 21738
GPU: 3056
UX: 16504
RAM: 4120
Single-core: 662
Multi-Core: 1794
RenderScript Score:1388
Battery:2067

他機種とのAntutuスコア比較表のまとめをご覧になりたい方は下記の+の部分をクリックしてください。
※リンククリックで紹介記事へジャンプします

クリックでAntutuスコア比較表が開閉します

▼中華デバイス Antutuスコア参考表 バージョン7

デバイス スコア
OnePlus 6:Snapdragon 845 総合:287591 / 3D:127136
Xiaomi MI MIX 2S:Snapdragon 845 総合:268043 / 3D:107589
ZENFONE 5:Snapdragon 636 総合:139754 / 3D:21294
Elephone P8:Helio P25 総合:80469 / 3D:18377
UMIDIGI S2 Pro:Helio P25 総合:76140 / 3D:15838
UMIDIGI A1 Pro:MT6739 総合:45418 / 3D:3056
Lenovo P8 4G タブレット:Snapdragon 625 総合:74258 / 3D:12005
Xiaomi Redmi 5:Qualcomm Snapdragon 450 総合:69537 / 3D:12529

旧バージョンのAntutuベンチマークアプリとのスコア差をOP5Tで比べてみると28,454点上昇、OP5で見ると26,779点上昇していますので、28000点ぐらいは古いバージョンのAntutuスコアアプリとの差がありそうです。

バージョン7でのスコアでは、総合点数約20万点以上がハイエンド(835)、約14万点前後がミドルハイ以上(660)、約9万点前後はミドルハイ(630)、約5.5万点前後はミドル(430)となり、3D性能の方は、約8万点以上がハイエンド(835)、約3万点前後がミドルハイ以上(660)、約2万点前後はミドルハイ(630)、約1万点前後はミドル(430)になります。

▼中華スマホ Antutuスコア参考表 バージョン6

デバイス スコア
DOOGEE BL5000:MT6750T 総合:44659 / 3D:7719
Elephone S8:Helio X25 MT3767T 総合:92735 / 3D:19570
ZTE Nubia Z17 Lite:Qualcomm Snapdragon 653 総合:83447 / 3D:22638
OnePlus5T:Qualcomm Snapdragon 835 総合:184104 / 3D:75445
Xiaomi Mi A1: Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 総合:60511 / 3D:13158
Xiaomi Mi Mix 2: Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835 総合:180741 / 3D:74708
MAZE Alpha: MediaTek Helio P25(MTK6757) 総合:64115 / 3D:11393
ASUS ZENFONE 3 ZOOM ZE553KL: Qualcomm MSM8953 Snapdragon 625 総合:64174 / 3D:12854
OnePlus 5: Qualcomm MSM8998 Snapdragon 835 総合:183290 / 3D:74856
ZTE AXON 7: Qualcomm Snapdragon 820 総合:143125 / 3D:58946
Cube WP10: Qualcomm MSM8909 総合:29377 / 3D:1708
honor 8: HiSilicon Kirin 950: 総合:96152 / 3D:19130
yotaphone2 YD206: Qualcomm Snapdragon 801 総合:39096 / 3D:6192
Xiaomi Mi Note 2 XIaomi公式ROM: Qualcomm Snapdragon 821 総合:156596 / 3D:-
Xiaomi Mi Note 2 Xiaomi EU: Qualcomm Snapdragon 821 総合:135657 / 3D:49421
Xiaomi Mi MIX: Qualcomm Snapdragon 821 総合:160884 / 3D:63651
Xiaomi Mi5S PLUS: Qualcomm Snapdragon 821 総合:149531 / 3D:-
Xiaomi Redmi Note 4: Helio X20 総合:82660 / 3D:15211
Zenfone 3 ZE552KL: Qualcomm Snapdragon625 総合:62569 / 3D:-
UMI MAX: Helio P1 総合:44529 / 3D:-
Xiaomi Redmi Pro: Helio X25 総合:89955 / 3D:19262
ZUK Z2 PRO: Qualcomm Snapdragon 820 総合:135109 / 3D:-
Zenfone Zoom ZX551ML: Intel Atom Z3580 総合:57186 / 3D:-
OnePlus 3T: Qualcomm MSM8996 Snapdragon 821 総合:166094 / 3D:-
Ulefone ARMOR: MTK6753 総合:37112 / 3D:4547
Xiaomi Redmi Note 4X: Qualcomm Snapdragon 625 総合:62500 / 3D:-
Xiaomi Mi 6: Qualcomm Snapdragon 835 総合:173237 / 3D:70671
Xiaomi Mi Max2: Qualcomm Snapdragon 625 総合:63792 / 3D:13202
Lenovo Moto Z Play: Qualcomm Snapdragon 625 総合:63049 / 3D:-

スペック的にはローエンドになりますが、MT6739が前世代のMT6737よりどの程度進化したかという表があるので参考までに。

MT6739について

MT6739について

目を見張る程ではありませんが、かなり成長していますね!

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

UMIDIGI A1 Pro

UMIDIGI A1 Pro はスピーカーは1つしかついていませんが、3.5mmオーディオジャックは搭載しており、スマホ単体で動作するFMラジオに対応だったりもします。周波数はそんなに多くはありませんが、福岡ではFMラジオは利用できます。Bluetoothのところに記載していましたが、エントリースペックながらにBluetooth HIDにも対応で、Bluetooth接続させてマウスやキーボードを利用することもできます。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

こちらUMIDIGIさんから直接DHLで配送していただいたのですが、化粧箱はローエンド機とは思えないほどしっかりしていました。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

出して写真撮るの忘れちゃってましたが、説明書と一緒にPINも入っていました。フロントパネルにはフィルムの貼り付けサービスありです。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

残念ながら充電器の先っぽが日本仕様ではありませんので、変換アダプターが必要です。それか面倒臭い人はUSBアダプター自体を準備したほうが安上りになりそう。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

ケースに入ったうえに、背面にフィルムを貼ってくれるという気配りあり。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

フィルムとケースを外した状態。光の加減で色が変わる光沢あるボディーです。安っぽさがみじんもないです。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

下部のTYPE-Cポートと3.5mmイヤホンジャック。スピーカーも下部に搭載しており、ここからだけしか音はなりませんが十分な音量が出ます。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

カメラの突起はほんの少しだけです。なので、純正のカバーを付けるだけでレンズが飛び出る事はありません。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

SIMトレイは上部にあります。トレイがガタついたりすることもなく挿入もスムーズで質感の良さを感じました。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

電源ボタン、音量ボタンは正面から見て右側にあり、右利きの人は左手でスマホを持つと思うので人差し指で音量の調節をしやすくて良いです。

顔認証はダメだったと書きましたが、背面の指紋認証の精度は高くストレスを感じません。ただワンクッションある感じはあります。そこはローエンド機という事で妥協ですかね。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー

純正のケースにはストラップホールが設けていて、ストラップを使う人にはありがたいです。

UMIDIGI A1 Proフォトレビュー 720 x 1440 解像度について

UMIDIGI A1 Pro は画面占有率85%という極小ベゼルモデルになります。今流行の18:9解像度の縦長モデルです。解像度が720 x 1440となっていてHD+と少し見劣りしてしまいますが、価格からしてみてこの辺が削られたのだと思います。

写真はYOUTUBEの再生なのでベゼルが太く感じるかもしれないけど、背面カメラなどフルスクリーンにしたらもっとベゼルがなくなります。

UMIDIGI A1 Pro公式のYOUTUBE

公式のYOUTUBEがあったので貼らせて頂きます。外観などは写真で見るより動画の方が分かりやすいかと思います。

公式サイトはこちら:UMIDIGI

UMIDIGI A1 Pro 購入最安値

現在TOMTOPで$99.99でセール中!
購入リンク:UMIDIGI A1 Pro $99.99

UMIDIGI A1 Pro 購入最安値

UMIDIGI A1 Pro 購入リンク
GearBest:$109.99 
Banggood:$99.99
GeekBuyingで検索
TOMTOP:$99.99
CAFAGO:$166.43

※価格は記事再編集時の2018/06/12のものになりますが、リンクより現在の価格・在庫状況・クーポンの有無を検索頂けます

割引クーポン情報

サイト リンク クーポン 価格 終了日
GearBest UMIDIGI A1 Pro $99.99 20
Cafago UMIDIGI A1 PRO 4G Mobile Phone 3GB+16GB $99.99 07/13
TOMTOP UMIDIGI A1 PRO 3GB/16GB フラッシュセール $99.99
GearBest UMIDIGI A1 Pro 4G フラッシュセール $99.99 6月15日

※クーポンクリックでコピーできます

紹介できていないクーポンがある可能性がありますので、下記クーポン情報でチェックしてみてくださいね!表示重たいけど全社価格比較が一気に検索できますよ。

割引クーポン&セール情報 毎日更新中
GearBest Banggood GeekBuying TOMTOP Cafago
欲しい機種が決まっている人は5社分まとめてクーポン検索
5社最安クーポン価格比較

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 15 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By タイガース

    ご紹介のUMIDIGI A1 Pro、デザインがローエンド機に見えませんね。Android8.1とOSも最新で、docomo系の格安SIMがDSDSで使えそうなのでゲームをしなければ普段使いにもいいかもですね。写真もそこそこきれいで、イヤホンの音もいいとなると、サブ機にぴったりかもしれません。サブ機の候補にします。ていねいなをレビューありがとうございました。

    • By taraco18

      タイガースさん
      コメントありがとうございます~!
      私もデザインかっこいいなーって思いましたー!光沢があるボディーだからですかね。ローエンドなのでゲームしたい人には向かないですが、コスパ重視の人には良いですよ。
      LDAC使えるのが私には大きかったですね。ハイエンド機と比べるとカメラの質に粗が見えますが、これはこれで十分な品質だとは思いました!

  2. By takaou

    うちの端末はテザリングがかなりの確率で不発するんですが、そういう検証ってどうですか?汗
    A1Proテザリング状態、しかし他端末では感知できない。
    何回か試すか、もしくはテザリング状態で放置しているといつの間にかつながっているwww
    OCNモバイルONE使用です。

    • By taraco18

      takaouさん
      テザリング試してみました
      wifiテザリングの場合、そもそもwifiが接続先に表示できずにアクセスできませんでした。もしアクセスできる場合は、無限につなげるとか、アイドル状態が5分続いたら切るとかの設定があったので、そこを無限にしてればいいのかもしれないです。
      Bluetoothテザリングは問題なくできましたので、Bluetoothテザリングで代用するのもいいかもしれませんね。

  3. By hagenotuki

    GearBestより購入致しました。私もwifiテザリング手こずっております。BIGLOBEのSIMを入れ、docomo iPhone5sで受けたいのですが、なかなか感知しません。一回だけ感知しましたが、パスワードを入れても繋がらず。

    • By taraco18

      hagenotukiさん
      iPhoneもiOS11からBluetoothテザリングの利用ができるようになっているようですので、Bluetoothテザリングの利用で代用はいかがでしょうか?wifiより電池の消耗が少ないそうですし、私のもwifiテザリングはできなかったですが、BIGLOBEのSIMでBluetoothで代用できたので・・
      Bluetoothでスマホ同志をペアリングしてインターネットの利用をするにチェック入れてるとテザリング可能ですよ。
      私のはwifiとして認識すらしてなかったので、UMIDIGI A1 Pro側のwifiのプロファイリングに問題があるかもしれないですね。

  4. By 変わり者

    最新OSとコスパが決めてですね。
    ゲームは軽いのしかしないので私メイン機で使用です。
    BiglobeのSIMで問題なく通信できてます。Wi-Fiも問題ありません。
    Wi-Fiテザリングができないとのことで試しました。あれ?問題なくつながった。特には何も設定はしていません。
    1時間ちょい触ってみて気になる点が一つ。熱持ちませんか?付属のケース付けてたら若干温いかなぁ?程度ですが、ケースを外すと結構熱い。
    カメラ画質はこのお値段にしては検討していると思います。当方、比べた相手がNokia930なのでa1がかわいそうですが。
    この先もっと使ってみて気になる点などありましたらコメント書きます。

  5. By 変わり者

    顔認証ですが、登録する時にいろんな角度ですればスムーズに認証ログインできました。

    • By taraco18

      変わり者さん
      久々に電源入れて触ってみました。電源を入れた瞬間は少し熱くなりましたが、今30分ほど触ってみても全然熱くなりませんでしたよ。
      相変わらず顔認証を登録時点でアプリが落ちるし、wifiテザリングもできないという状況だったので、一旦初期化してみました。
      するとwifiアプデも来ていてアップデートしたところ、顔認証は登録できました!アプデで改善されたようですね。眼鏡ありで登録し、眼鏡の有無は関係なく認証OKでした。なかなか優秀です。
      ですが、wifiテザリングはOnePlus5Tで検証したところ、Ai Proをwifi検出できないですね。自分で手入力してもダメで、wifiをつかんでくれません。個体によって差があるんですかね。

  6. By T

    デュアルアプリの機能はついていますでしょうか?
    複数simを使う場合、複数のSNSを使用することが多いのでご確認していただけるとありがたいです。

    • By taraco18

      Tさん
      デュアルアプリはありませんでした。デュアルSIMなので、これがあると助かるんですけどね・・

  7. By 変わり者

    電源を切っててわからなかった。
    この機種は緊急地震速報など受信できる??

    • By taraco18

      変わり者さん
      福岡住まいの私も地震がきてないので分かりません・・

  8. By 3Tom

    はじめまして
    いつも優しく親しみやすい文章を読ませて頂いてます
    テザリング問題ですが自分の環境ではA-1PROの発信してる電波は初代htc-jからは見えるのにJumperタブ、HPラップトップから見えないのでhtc-Jにwifi-Analyzerを入れて確認した所、他のwifiを感知する場合は毎回14ch発信でした。
    近隣で1から12chのうち幾つかが使われてたら優先的に日本独自規格の14chになるっぽいですね。
    というわけで一覧に表示されない問題は受け側が14ch非対応だったと。

    日本市場を意識したB19搭載という機種故か2.4Ghzテザリングは日本独自規格の14ch発信にも対応にしたかと思われますがいらぬお世話ですな┐(´д`)┌ヤレヤレ
    14chが使われてない国での挙動が気になります。。

    • By taraco18

      3Tomさん
      いつも読んでくれてるなんてありがとうございます!うれしいです~
      wifiにチャンネルとかあるんですね!そういえばwimaxで母艦のちゃんねるいじった記憶がある・・
      14chを利用するから、中華機でのwifi表示がないって事なんですね!納得がいきました!
      分かりやすい説明ありがとうございます!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください