【クーポンで$199.99】Elephone S8 の実機レビュー AUのCDMA2000が使える6インチスマホ

3辺狭額縁2Kディスプレイが美しいElephone S8の実機レビューです。最近やたら縦長のスマホが多い中、Elephone S8はディスプレイがやや横に広いスマホになっているので、読み物やネットサーフィンが捗る端末になります。

Elephoneの中で最高スペックのSシリーズであるElephone S8のCPUはコスパの良いミドルレンジで、ディスプレイ分割機能や、ネット回線を必要としないFMラジオアプリ搭載など、見所満載の機種です。現在GearBestがクーポン価格$219.99でセール中です。かなりお買い得ですよ~!

Elephone S8 実機レビュー 外観参考写真

Elephone S8 実機レビュー

基本スペック

OS Android 7.1
CPU Helio X25 MT3767T
GPU Mali-T880
ストレージ 64GB
メモリ 4GB
外部ストレージ MicroSD 対応なし
ディスプレイ 6.0インチ
解像度 2560 x 1440
カメラ リア:21.0MP
フロント:8.0MP
WIFI 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth V4.0
センサー 周囲光センサ、重力センサ、ジャイロスコープ、ホールセンサ、近接センサ
言語 日本語対応あり
GooglePlayStore 初期インストールあり
サイズ 15.80 x 8.00 x 0.80 cm
重量 180g
インターフェース 2 x Nano SIM Slot,Micophone,Speaker,Type-C
バッテリー 4000mAh
対応BAND 周波数
2G GSM 1800MHz/1900MHz/850MHz/900MHz
3G WCDMA B1/B8
4G B1/B20/B3/B7/B38/B40
日本の3キャリア対応BAND周波数
DOCOMO 3G: 1(2100MHz)/9(1700MHz)/6,19 (800MHz)
4G: 1(2100)/3(1800)/21(1500)/19(800)/28(700)
AU 3G: BC0(800)/BC6(2000)
4G: 1(2100)/11(1500)/18(800)/26(850)/28(700)
softbank 3G: 1(2100MHz)/11(1500MHz)/8(900MHz)
4G: 41(2600)/1(2100)/3(1800)/8(900)

それぞれのキャリアのプラチナバンドなどの説明は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでください。
※当ブログは電波の受信状況や使用可否を説明していますが、電波法違反を助長する意図はありません。

DOCOMO系はプラチナバンドであるLTEのB19とFomaプラスエリアである3GのB6への対応はなく、B1での対応になるので少しエリアが狭いです。
Softbank系は、LEDプラチナバンドであるB8への対応ははなく、B1での対応になるので少しエリアが狭いです。
AU系は、3G通話はスペック上では対応なしですが、実際は使えました。LTE通信はB1で対応がありますが、エリア極小の為ほぼ使えないと思ったほうが良いですね。

Elephone S8 実機レビュー SIMトレイ参考写真

動作確認したところ、DOCOMO系でDSDSできました。通話も通信もSMSもOK。SoftbankもDOCOMOと同じなので、使えるはずです。

びっくりしたのが、AUのCDMA2000の通話に対応していました。DOCOMO系の通話付きSIMとDSDSできてびっくり。周波数に記載ないのに対応してるとか・・!なんで周波数にCDMAのBC0と書かないのだろう。勿体ないですね。

Elephone S8 実機レビュー AUで使える!

CDMA2000使えてこのサイズ感、AUユーザーに人気でそうですねー。

付属品としてTPUケースとフィルムがつきます

Elephone S8 実機レビュー 同梱の付属品参考写真

Elephone S8の箱の中身は、透明のTPUケースと日本語には対応ではない説明書、3.5㎜イヤホンジャックをTYPE-Cに変換するアダプター、PIN、TYPE-Cコード、日本に対応ではないUSBアダプターなどがつきます。

充電用のUSBアダプターを持っていない場合は別途準備する必要があります。100V~240Vまでのもので、5V/2Aでした。特に特殊なものではないので、通常その辺に売っているものを利用して大丈夫です。

Elephone S8 実機レビュー アダプターと充電コードの参考写真

3.5㎜イヤホンジャックをTYPE-Cに変換するアダプターがあるということで察している方もいらっしゃるかと思いますが、Elephone S8 には3.5㎜イヤホンジャックがありません。イヤホンを使用するには、付属のTYPE-C to 3.5mmイヤホンジャックを利用する必要があります。

Elephone S8 実機レビュー 保護フィルムの参考写真

フィルムは工場出荷時に貼り付けて出荷してくれますので、その上の保護フィルムだけを外せば使えます。フィルムは指紋が付きやすいのが少し残念ですが、なかなか合うフィルムを探すのが大変な中華スマホなので、専用フィルムをつけてくれるサービスはありがたいです。

角度によって見え方が変わる鮮やかカラーのボディーが美しい

ガジェットフリーク

角度によって見え方が変わる鮮やかなカラーのボディーはとても美しいです。つるつるしているので、少し指紋が付きやすいですが、そこは付属のカバーで解消できます。

Elephone S8 実機レビュー 外観参考写真

カバーがクリアカラーなので、Elephone S8の鮮やかなカラーの邪魔をしていませんね。

Elephone S8 実機レビュー 外観参考写真

カバーは専用のものになるので、ディスプレイの方を下にして机に置いても傷が付かないように、若干画面を覆うようにデザインされていて優秀です。

Elephone S8 実機レビュー 外観参考写真

背面のカメラは突起しています。結構な高さがあるので、レンズの傷つきや、テーブルの傷つきが気になりそうです。

Elephone S8 実機レビュー 外観参考写真

ですが、付属のカバーが背面のカメラレンズの高さまでしっかりあり、衝撃から保護してくれます。カバーは背面部分に少しドットの模様が入ったデザインになっています。

Elephone S8 実機レビュー 外観参考写真

側面の電源ボタンは、触ってわかるように縞模様の加工がしてあります。また目で見てもわかりやすく赤い色になっています。

Elephone S8 最安購入と割引クーポン

ディスプレイは解像度2560 x 1440の2Kでとても美しく6.0インチの大画面は視野性が良いです。読み物にスマホを使う人、老眼が気になる人などにはありがたい大きさ。




指紋センサーはフロントに搭載

充電は下部についたTYPE-Cポートで行います。ちなみにスピーカーはステレオ風に穴が開いてますが、右側からしか鳴りません。

Elephone S8 実機レビュー 指紋センサーはフロントに搭載

指紋センサーはフロントにあり、デスクに置いたまま使う人には使いやすいです。精度は高めで、タッチで瞬時にストレスなくロック解除できます。顔認証の機種が増えてきましたが、個人的にはデスクに置いて利用する際に使いにくさを感じてしまうので、指紋センサーをフロントに残したElephoneは分かっているなと思います。

指紋センサーは物理ホームボタンとしても機能しますが、ナビゲーションバーが出ていない時は、戻るボタンにもなります。欲を言えばホームボタンの横に戻るボタンと最近のアプリのボタンを置いてほしかったですが、スライドでナビゲーションボタンの表示の有無を切り替えられるので、不便は感じません。

右下には、内側カメラがあります。インカメラを使用するときは、スマホを逆に持って撮影をするので、ちゃんと上から撮って輪郭を細めに写ることができますw

画面固定機能が面白い

Android 7以降でたまに見かける機能ですが、アプリを画面に固定させることができる機能があります。

Elephone S8 実機レビュー 画面固定機能が面白い

ナビゲーションバーの右下にある画面を小さくするよみたいなマークをタップすると、画鋲のマークが付いた小さな画面になります。小さくなった画面は、好きなところに固定させておく事ができます。

メリットとしては、同時に2画面の開く際にただの画面分割として真ん中で割れるのではなく、好きなサイズで固定ができること。

Elephone S8 実機レビュー 画面固定機能が面白い

この機能を使えばYOUTUBEを再生しながら他の作業もできます。例えばbiglobeのエンタメフリーの契約をしている場合などは、通常ではバックグラウンドでは再生できないYOUTUBEの公式アプリを、ほかのアプリと同時に併用できる事にメリットに感じるのではないでしょうか。

Elephone S8 実機レビュー 画面固定機能が面白い

画面は重ねたりもできるので、YOUTUBEを後ろにして利用すれば完全にバックグラウンド再生のような状態になります。この状態はYOUTUBEを上にしていますが、後ろのアプリをスクロールさせても前後は入れ替わりません。アプリ表示の前後もサイズも、自分で好きなように指定できます。

日本語に対応、プリインストールも少なめ

Elephone S8は日本語に対応で、初期設定時に日本語を選択するだけで日本語化ができます。パソコンにつないでコマンドを打ち込むなどの設定が必要ないので、誰でも簡単に設定を済ませることができます。プリインストールアプリも少な目で使いやすいです。

ジェスチャー機能など、機種依存の設定のところに少し英語が残っていますが、ほぼ日本語表示になっています。

また、スクリーンショットや撮影した写真をPCに転送する際は、Elephone S8の開発者モードをONにする必要があります。PCに接続したら自動でONにする項目が立ち上がるので、開発者モードをONにして、ファイル転送モードをONにする流れです。他に変わってるなという操作は見当たりませんが、ここだけは戸惑いました。

電波なしでFMラジオが聴ける

Elephone S8 は標準アプリでFMラジオに対応です。イヤホンがアンテナの代わりになるようで、スピーカーから鳴らすことはできませんが、有線イヤホンでラジオを聴くことができます。

Elephone S8 実機レビュー 電波なしでFMラジオが聴ける

こんな感じで、付属のTYPE-C to 3.5mmイヤホンジャックのアダプターを利用してイヤホンを接続します。ラジオの周波数はおそらく中国仕様のようで、福岡では2つの番組が聴けました。地域によって使える局数や周波数は異なるので、福岡の人は使えるといえますが、他県のことはわかりません。ラジオの録音もできます。

サウンドはイコライザーまではありませんが、音声強化モードで動画モード・音楽モードなどの選択ができ、音質自体はよかったです。

画面の録画機能もついています

画面の録画機能もついています

Androidアプリで沢山録画機能のあるアプリは出回っていますが、標準で画面の録画機能もついています。音声がマイクからの収音になるので、動画を録画したい場合などは音声は悪くなりますが、説明をしながら画面を録画したいなどの場合は便利に使えますよね。

カメラのシャッター音は消せません

カメラの設定はシンプルで、シャッター音は消せません。画質は21MPとかなり高画質。動画も4K対応です。

Elephone S8 実機レビュー

PIPモード搭載で、例えば背面カメラで撮影中に、前面のカメラで写した写真を入れた写真が撮影できますので、景色の写真を撮影する時など面白い写真が写せそうです。逆もできます。

上の3枚は左がElephone S8 で、右がOneplus 5Tです。少し酷な比較ですかね。Elephone S8で撮影した写真もかなり綺麗だとは思いますが、背景のぼけ味や写真の鮮やかさはやはり見劣りがしますね。

左がElephone S8 で、右がZTE Nubia Z17 Liteです。Elephone S8は少し白く写る傾向にありますね。料理が黄色い方がおいしく見えるので、少し残念なことになってますが、加工でなんとでもなるしってことで、カメラ自慢の機種にも負けないこの画質は素晴らしいと思います。

Antutuベンチマークスコアは92735点

Antutuベンチマークスコアは総合92735点、3Dは19570でした。ミドルレンジスマホではKirin 950に次ぐ良い結果が出ました。

Elephone S8の購入最安価格と割引クーポン

Elephone S8はGearBest様よりサンプル提供を頂きレビューをさせて頂きました。ありがとうございます。今回紹介したElephone S8はGearBestバージョンになりますので、他社での購入の場合、箱の中身やROM内容・対応周波数が少し違うかもしれません。AmazonのものもAU不可と書いてあるので、ご注意ください。

購入リンク
・GearBestリンク:$219.99(クーポン「HNYear579」適用価格)
・Banggoodリンク:$239.89
・GeekBuyingリンク:$228.99
・TOMTOPリンク:$249.99
・CAFAGOリンク:$250.07

2018/2/21現在各社在庫があります。GearBestがクーポン「HNYear579」の入力で$219.99でセール中です!
在庫も価格も日々変わるので下記のリンクで最安価格と商品の在庫状況はご確認ください。

最新価格を検索 最新割引クーポン
GearBest
Banggood
GeekBuying
TOMTOP
CAFAGO
GearBestクーポン
Banggoodクーポン
GeekBuyingクーポン
TOMTOPクーポン
CAFAGOクーポン

毎日更新している『4社まとめて検索&価格比較』の記事では、4社で出ている最新の割引クーポンが一括で検索頂いけます。

クーポンとセール情報は見つけ次第上から追加しています。有効期限切れでもたまに使える場合があります。利用不可の場合でも再発行できる可能性が高いのでコメント欄にてリクエストを下さい。



※現在Banggoodさんのサマープライムセールの協賛企画で、Alldocube iPlay 20を抽選で1名様にプレゼント企画やってます!


●応募方法
1. @Banggood_JP@taracotaraoをフォロー
2. ハッシュタッグ #AllDoCubeiPlay をつけて、リンクのツイートをRT
⌚応募締切7/24

よく読まれている記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 4 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By kinta

    こんにちは。
    機種が違いますが、ELEPHONE U Proを購入したのですがfomasimとYmobileのデータsimでfomasim通話着信ができなく困っています。Ymobileのデータ通信は問題なくできます。fomasimの通話には対応していないのですかね。どっちもsimは認識されていますが発信も着信もできません。どちらのスロットにも入れても同様でした。

    • By taraco18

      kintaさん
      SIMの設定がいじれるなら通信設定をいじってみるのはいかがでしょうか。
      UMIDIGIの機種で、DOCOMO系のSIMで通話ができて通信ができない事はありましたが、通話ができなかったことはないですね。fomaは3Gになると思うので、LTEではなくWCDMA固定とかで対策できるんじゃないかなとか思うけどどうでしょうか?
      実機がないので、適格なアドバイスできないです。すみません・・

      • By kinta

        こんにちは。お店に返送し動作確認してもらいましたが4gで問題なく利用できるといわれたので
        諦めて9割分返金となりました。(4gの通話シムないので使いようないので)
        mi mixやmate9など問題なく出来ていたので残念でした。

        • By taraco18

          kintaさん
          ELEPHONE U ProはFOMAだめなんですね。実際実機がないと分からなかったりするので、こればっかりはかけですね。
          残念でしたが、返金してもらえてよかったですね。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください