Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3レビューです!

ニンテンドースイッチだけじゃなくスマホやiPhoneやiPadなどにも利用可能で、MUSON MK3トランスミッターを接続する事によりBluetoothコーデックをaptX-LLに、BluetoothバージョンをBluetooth5.0にアップグレードする事ができます。

しかも難しい設定やドライバーのインストールは不要で、TYPE-Cポートに挿すだけで接続可能ですので、誰でも簡単に使えます!

MUSON MK3トランスミッターの特徴

私はニンテンドースイッチを所有していない為、写真はAmazonのサイトからお借りしていますが、まずはMUSON MK3トランスミッターの利用方法や特徴などを説明していきます。

Nintento Switchを簡単にBluetooth化できる

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

MUSON MK3トランスミッターを利用すれば、Nintento Switchを簡単にBluetooth化できます。

Nintento Switchの下部にあるTYPE-CポートにMUSON MK3トランスミッターを挿し込み、接続したいイヤホンなどをペアリングモードにするだけで最適なBluetoothコーデックで接続される仕組みです。

40msのaptX-LLコーデックに対応

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

MUSON MK3トランスミッターの対応コーデックは、SBCとaptXとaptX LLの3種類で、接続するイヤホンなどの最高コーデックを自動で選択して接続されます。

ゲームでの遅延は致命的となりますが、MUSON MK3トランスミッターは低遅延と言われるaptX-LLコーデックに対応なので、aptX-LL対応のイヤホンなどをつないだ場合は遅延のないゲームが楽しめます。

パススルーのUSB-C端子搭載で充電しながら利用が可能

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

Nintento Switchに接続するのは、写真では『1』になっているTYPE-Cメインコネクタになります。そして、Nintento Switchを充電しながら利用したい場合は『4』のTYPE-CセカンダリーコネクタにTYPE-C充電ケーブルを挿すことによって、パススルー充電をしながらの利用が可能となります。

また接続されるBluetoothコーデックによって、光り方が変わる青と赤のステータスインジケータを搭載しています。

SBCの場合:青がゆっくり点滅
aptXの場合:赤がゆっくり点滅
aptX LLの場合:赤が点灯

という風にどの接続コーデックになっているかを、ランプの色や光り方で実際に確認する事が可能です。

マイク端子も付属

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

こちらの写真はMUSON MK3トランスミッターのパッケージ内容になりますが、MUSON MK3トランスミッター本体と別に、マイク端子と、MUSON MK3トランスミッターをUSB TYPE-A接続する為のTYPE-Cの雌ケーブルも付属します。説明書は日本語に対応ですので、使い方の詳細は説明書で確認できます。

マイク端子を利用する事で、ボイチャもできるようになるとのこと。またイヤホンによっては、マイク端子無しでMUSON MK3トランスミッターのみの接続でもイヤホンのマイクを使ってボイチャができる場合もあるようです。

パソコンにもスマホにも接続可能

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

こちらはUSB メス端子搭載のUSBケーブルです。MUSON MK3トランスミッターをこのケーブルに挿し、PCなどにUSB接続する事でPCでaptx LLコーデックが利用可能です。

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

こちらは実際にスマホに接続しているところです。スマホ自体のコーデックにはAptXがありませんが、スマホ側のBluetoothは利用せずにMUSON MK3トランスミッターでイヤホンとBluetooth接続をしている為、AptXで接続できています。BluetoothバージョンもV4.0だったのですが、MUSON MK3トランスミッターで接続する事によりV5.0になるというメリットもあります。

AptX LL/Bluetooth5.0非対応のデバイスでも、MUSON MK3トランスミッターを接続するだけで簡単にアップグレードできるのはすごいですね。またMUSON MK3トランスミッター自体の充電の必要はなく、スマホのバッテリーを利用する為、使いたい時にいつでも使えるのが利点です。

私はゲームをしないのでAptX LLのメリットはあまり感じませんが、Bluetoothのバージョンが上がった事により途切れが少なくなった事、AptX非対応だった端末が対応になった事など、スマホに接続させただけでもメリットを感じられます。音質もAAC接続時より良くなるので、ひと手間をかけることで幸せになれます。

またイヤホンとのペアリングはMUSON MK3トランスミッターが行うので、デバイスを変更する場合はMUSON MK3トランスミッターを差し替えるだけでOKというのも利点かなと思います。ニンテンドースイッチのようにイヤホンによるのかもしれないけれど、Mi MAX3 + MUSON MK3トランスミッター + SOUNDPEATS TrueCapsule2の場合は、この状態で高音質で通話も可能でした。マイク端子は不要です。

またMUSON MK3トランスミッターは2台同時接続可能なので、2台のイヤホンやヘッドフォンだけでなく、TWSイヤホンで左右別々に接続する True Wireless Stereo Plus(TWS Plus)イヤホンでも別々に接続する事が可能です。

スマホにBluetoothでスマートウォッチを数台接続しているのもあって、接続の際干渉を起こしTWS Plusのイヤホンが片耳しかつながらない時もありましたが、その場合は一度イヤホンをケースの中に戻し、イヤホンのBluetoothをリセットしてあげるとうまく接続できました。MUSON MK3トランスミッターのリセットは真ん中のペアリングボタンを8秒長押しです。どうしてもうまく接続できない場合は8秒長押しして、スマホに挿しなおせばだいたいうまくつながります。




MUSON MK3トランスミッタースペック詳細

Nintento Switch に接続するだけでBluetoothイヤホンが使えるトランスミッターMUSON MK3 レビュー

素材:ABS素材
重さ:30g
接続可能距離:約10m
周波数範囲:2.402GHZ-2480GH
サポートプロトコル:aptXLL、aptX、SBC、A2DP、AVRCP
対応機器: 任天堂スイッチ、スイッチライト、ワイヤレスイヤホン、Bluetoothイヤホン、Bluetoothスピーカー、PC、PS4/PS5など

MUSON MK3トランスミッターの購入

MUSON MK3トランスミッターはAmazon・楽天・Yahooショッピングから購入可能です。

Amazonリンク:MUSON(ムソン) MK3 Switch Bluetooth トランスミッター
100円割引クーポン:I44WWXRXCopy
価格:2880円

Amazon特別割引クーポン入力方法

Amazon特別割引クーポンの入力方法の説明です。クーポンの利用方法が分からない方は参考にしてくださいね。

カートに入れるを押し、レジに進むを押し、注文最後の『確認』の画面まで進みます。

Amazon特別割引クーポン入力方法

スクショは他の商品の使いまわしで申し訳ないですが、赤い四角で矢印をつけているところにI44WWXRXCopyと入力し、適用を押してあげるとクーポンが適用できます。

最後に右端の注文内容のところで、ご請求額にクーポン分の割引が適用されている事を確認したら『注文を確定する』を押してあげてください。これで割引クーポンを適用させた注文は完了です!




よく読まれている記事

コメントをする(スパム対策で認証制にしています)

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください