前回Jumperの14インチの格安パソコンを紹介したのですが、今回もほぼ同スペックのノートパソコン「PiPO Work-W9S」をまたEverBuyingさんに商品提供頂いたので、レビューさせて頂こうと思います。

PiPO Work-W9Sは、クラムシェル型の大きな画面のノートパソコンが欲しいんだという人には数少ないコスパの良いパソコンになります。液晶サイズは、PiPO Work-W9Sも14インチです。

PiPO Work-W9S レビュー

PiPO Work-W9S 使用レビュー

  • CPU: Intel Cherry Trail Z8300 Quad Core 1.44GHz, up to 1.84GHz
  • GPU: Intel HD Graphics Gen 8 processor
  • OS:windows10 64bit
  • メモリ/ストレージ: 4GB / 64GB eMMC
  • 外部ストレージ: MicroSD最大128GB
  • ディスプレイ: 14インチ 解像度1366 x 768 16:9 TN液晶
  • wifi: 802.11b/g/n
  • Bluetooth: Bluetooth 4.0
  • カメラ:フロントに300万画素
  • サイズ:35.10 x 23.30 x 2.00 cm 1468g
  • バッテリー10.000mAh (7時間ビデオ再生可能)
  • 言語:日本語をダウンロードで日本語化可能

wifiがEverBuyingにもGearBestにも「802.11a/b/g/n/ac」という記載だったのですが、実際は2.4GHzのみで5GHzは使えませんでした。

なので、まさか重さやビデオの再生時間も話盛ってるんじゃなかろうかと思いは買ってみましたが、重さは我が家のTANITAでは1464gと4g軽めに出ました。角度とかで誤差の範囲なので、これは正直と判明。しかも重い方に話盛る必要ないですしねw

で、ビデオの再生も7時間余裕です。ずっとyoutube流してみたのですが、余裕で7時間持ちました。バッテリーパフォーマンスはすごいです。さすが10000mAhつんでるだけありますね。

PiPO Work-W9S 使用レビュー CPUなどのスペック詳細参考画像

私の腕前のせいで文字が滲んだ写真になりましたが、コンピューターのプロパティーです。当たり前ですが、書いてある通りタッチパネルではないです。

液晶の美しさ、外見などの見た目は1枚目の写真の通り、そこそこの質感です。プラスチックなんですが、パッと見はアルミに見えるらしく、このパソコンの価格を知らない友達は、2万ちょいという激安だと知ったらとっても驚いてました。

PiPO Work-W9Sのメリットは、安くて軽くて大画面で普通のノートPCとして使えることで、デメリットは英字配列なのが使いにくいぐらいです。JumperのEzbook2と違って、キーボードに余計なものがついていないのもポイント高いです。

ただし本体がプラスチックなので、強く打鍵すると少したわみます。私は指の力が強くてガシガシ叩いてしまうので少しその辺が気になってしまいます。Enterをタンターン!ってやる人なんかはすごく気になると思うw

逆にブラインドタッチができないレベルの両親なんかは、これのどこが打ちにくいのか?と言っているので、キータッチに関してうるさくない人は気にならない程度なんだと思います。

PiPO Work-W9S 使用レビュー

キーボードの配列は英字だけど、無駄なキーがありません。これは馴染みやすいです。

そして、アイソレーションタイプで、キーピッチも数ミリ単位でしっかりとってあり、標準的なノートパソコンのキーボードといった感じです。

Jumper Ezbook2よりキーストロークが深めで、そこは好き嫌いが分かれそうですので、数ミリ単位で深めだったとだけ。

PiPO Work-W9S 使用レビュー

左側には上から、DCジャック、USB2.0ポート、マイクロHDMIポートとついています。

PiPO Work-W9S 使用レビュー スピーカーの詳細参考写真

底面にはステレオのスピーカーがあり、音質は悪くはないのですが、よくもなく普通と言ったところ。ハイエンドPCのようにウーハーなどはつんでないようで、低音が弱い印象。期待はしない方が良いです。音に拘る人は3.5mmジャックの活用を推奨。

PiPO Work-W9S 使用レビュー

ディスプレイは160度ぐらい倒れます。この使い方するメリットはなさそうだけど一応できます的に紹介w

右側には、上からUSB3.0、3.5㎜イヤホンジャック、マイクロSDスロットとついています。

しかし薄いですねーー!1468gを重いととるか軽いととるかにもよりますが、持ち運べない事はない大きさ重さです。

そして、持ち運びでぶつけたり落としたりして壊しちゃうかもってことを懸念して、安いやつでいいんだよって人には、ものすごくぴったりな1台になると思います。

PiPO Work-W9S 使用レビュー

日本語化についてですが、Language ⇒ Language opution のところから追加します。

今カーソルを置いているところに、言語パックをダウンロード中は、コネクトなんたらってでますので、しばらく待ってるとこのようにクリックできる状態になりますので、待ってみてください。

私は30分ぐらい待った気がする。そこはさすがAtomですね、非力さを感じずにはいれませんでした。

PiPO Work-W9S 使用レビュー

この40MBぐらいをダウンロードするのに1時間近くかけたのかなw

そんで、この後、windows10のアップデートをダウンロードして、パッチをあてるのに全部で4時間ぐらいかかってると思います。ほったらかして寝たから確かな時間は不明ですが、恐ろしく亀の歩みだったのは確かです。

その後の構築にも数分かけて私をドキドキさせてきたのですが、更新が終わったらSSDの俊敏さを発揮してくれて、やっぱ使えるねこれ!という印象です。

PiPO Work-W9S 使用レビュー 外観写真

付属品と蓋の上から見た感じです。付属品はシンプルに線のみです。

この蓋の印字だけだと、中華パソコンとは分からないんじゃないかなって思います。知る人ぞ知るですよね。パット見は高級感あるので、格好悪くはないです。触らなければプラスチックだとはばれませんw

eMMCですが、さすがSSDだけあって立ち上がりはとても速いです。スリープからの復帰は1秒。ほんと一瞬でパッと立ち上がります。シャットダウンしてたとしても15秒ぐらいかなという印象です。

スリープして30分でコンピューターの電源が切れるように設定しているのですが、24時間でのバッテリー消費はわずか5%未満でとても優秀です。

PiPO Work-W9S 購入

PiPO Work-W9S 購入

EverBuying:PiPO Work-W9S Laptop Windows10

GearBest:PiPO Work-W9S Laptop Windows10

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

ご購入の前にGearBestクーポンページをチェックすると、格安購入できるクーポンがあるかもです!
⇒「GearBestクーポン

GearBestでの購入方法について

GearBest初心者の方は「GearBestの購入方法まとめ」をお読みください。
サイトの使い方、アカウントの作成方法、クーポンの探し方と使い方、配送注意点、輸入消費税について等、GearBestでの個人輸入に関する情報をまとめています。

GearBestでよりお得に買い物できるかも!?

GearBest 割引クーポン最新まとめ
GearBest セール情報

他の中華通販サイトのクーポンもあります!

Banggood クーポン
GeekBuying クーポン
TOMTOP クーポン
Cafago クーポン
EverBuying クーポン

PiPO Work-W9S購入に戻る