SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンの実機レビュー ANC対応・45時間再生・有線接続対応

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー

ヘッドフォンで有名なOneOdioのサブブランドとして、新たに若者向けに登場した『SuperEQ』。記念すべき第1作目となるノイズキャンセリングヘッドフォン『SuperEQ S1』の実機レビューです。

実機レビューにあたり、Amazonで使える割引クーポンも頂いておりますので記事最下部に記載しています!

SuperEQ S1 の主な特徴とスペック詳細

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー

SuperEQ S1 の主な特徴
ANC ハイブリッド アクティブノイズキャンセリング搭載
最大45時間再生可能なタフなバッテリー性能(ANCオフ時、ANCオン時は40時間)
外部音取り込みモード搭載
HiFi高音質と優れた重低音
有線接続とワイヤレス接続(Bluetooth5.0)の2通りの接続に対応
2台同時接続のマルチペアリング対応でウォークマンで音楽再生しながらスマホの電話待ち受けが可能
ポップでお洒落なデザイン
技適マークありで日本での利用にも安心

SuperEQ S1 の仕様
対応コーデック:AAC / SBC
周波数応答:20Hz-20KHz(Bluetooth接続時)、16Hz-40KHz(AUXケーブル接続時)
スピーカー定格入力電力: 20mW
スピーカー最大入力電力: 40mW
スピ一カ一直径:40mm
騒音低減の深さ: 28~33 dB
充電時間:約2時間




SuperEQ S1 レビュー

パッケージ内容

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー パッケージ内容

パッケージに含まれるものは日本語対応の説明書と保証書、飛行機用のアタッチメント、3.5mmオーディオケーブル、MicroUSB充電ケーブル、収納袋、SuperEQ S1本体となります。

小さく折りたためて持ち運びがしやすい

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー 小さく折りたためて持ち運びがしやすい

SuperEQ S1はこのように折りたたみが可能です。

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー 収納袋の素材

付属の収納袋は表はレザー調。中は柔らかなポリエステル素材になっており、SuperEQ S1を優しく包み込んでくれるけど毛羽立ちなどはなく、清潔感のある白いボディーに黒い毛羽の付着などはありません。実際の色味はこの写真が1番近いです。

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー 収納袋に入れたところ

このデザインならば男女問わずに使えそうですね。この状態での重さは315gでとても軽く感じました。

SuperEQ S1は金属も使用されておりますが、基本的にはプラスチック素材が主で、ヘッドフォン自体の重さは285gと超軽量なので長時間の利用でも首への負担を感じません。

ケーブル同梱で有線接続可能、飛行機用の接続アダプターもあり

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー

左からMicroUSB充電ケーブル、3.5mmオーディオケーブル、飛行機用の有線接続パーツ。

有線接続した際もANCをONにできるので、飛行機での長時間フライトでゆっくり寝たい場合や映画をお気に入りのSuperEQ S1で視聴したい場合もこのアダプターを付ければ利用可能です。

ただ、この3.5mmケーブルは品質がSuperEQ S1の性能に追いついていないようです。手持ちのケーブルに差し替えたら音が全然違ったので、有線接続を楽しみたい人は是非リケーブルしてみてほしい。ケーブルによって低音の出方が全然変わります。

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー

ポートやリモコン関係は全て右側に集約されているのですが、写真は上からMicroUSB充電ポートと3.5mmオーディオジャックになります。

マルチリモコン搭載

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー マルチリモコン搭載

下の方にあるのがノイズキャンセリングボタンで、このノイズキャンセリングボタンが音量ボタンと少し離れたところにあるので、迷う事なく操作可能です。また各ボタンは大きさが程よくとってあり、更に点や〇などがついており、指で触っただけでどのボタンを触っているか分かりやすいので操作がしやすいです。

曲送り/曲戻し、音量のアップ/ダウン、着信への応答/拒否/切断などの操作が可能です。

スライダー付きで頭の大きさに合わせて調節可能

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー スライダー付きで頭の大きさに合わせて調節可能

スライダーで頭の大きさに合わせて調節可能です。側圧はやや強めですが、耳をすっぽり包み込む形状なので耳が痛くなることもありません。割と小さな頭の人でも付けられるサイズ感だと思うので、小学校高学年ぐらいの子供から大人まで使えるのではないかと思います。

イヤーパットはふかふかで気持ちいい

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー イヤーパットはふかふかで気持ちいい

イヤーパットはふかふかで弾力があり、しっかり耳を包み込んでパッシブノイズキャンセリングを発揮します。この包み込む感じは若干蒸れる感じがあるので冬は暖かくて良いと思うのですが、夏は少しきつそう。

SuperEQ S1 Bluetoothヘッドフォンレビュー イヤーパットはふかふかで気持ちいい

頭に当たる部分も同じくふかふかなレザー調の素材になっており、長時間の利用でも脳天が痛くなるようなことはなく快適です。

ANCノイズキャンセリング性能と音質について

公式サイトには、外部音取込みモード・屋外モード・屋内モードとありますが、実機で試した限りでは外部音取込みモード・ノイズキャンセリングON・ノイズキャンセリングOFFという切り替えになります。屋内モードがイヤーパットによるパッシブノイズキャンセリングの事なんでしょうかね。

外部の不要な音を遮断するために、SuperEQヘッドホンは4個の外向きのマイクを搭載しています。最大の騒音低減効果は33㏈となっており、バスや電車や飛行機などの騒音の多い環境でも、音楽の邪魔にならない程度には低減されるようです。

実際に試したところ、扇風機や空気清浄機や掃除機や足音などの騒音に対しては、かなり効果を発揮していました。人の話声などはあまり消えない印象でしたが、環境騒音に関しては強いように思いました。

アンビエントサウンド(外部音の取り込み機能)はかなり自然で、キーボードの音までしっかり取り込んでくれており、ヘッドフォン越しとは思えない自然な感じで音を取り込んでいました。これなら音に気を付けていないといけない場面でもいい音楽を聴きながら外部音に注意を払う事ができますね。

音質はスマホへの接続の場合は、Bluetoothの方が有線接続より音が大きくまた低音にも厚みがあるように聴こえました。AndroidはOneplus 8 PROを利用しましたが、ケーブルを変えてもBluetoothの方が良いと思えるのは一緒でした。

接続先をウォークマンにするとこれが逆になり、有線接続(SONYのケーブル)が1番良く、低音から中高音までバランスよく鳴っていました。明らかにBluetoothより良い音でしたので、SuperEQ S1の低音をしっかり鳴らすにはクオリティーの高いケーブルと出力パワーが必要なのかもしれないです。良い意味で可能性の多いヘッドフォンなんだなと思いました。

また通話に関しては、Oneplus 8 PROにBluetooth接続をして試しましたが、相手からはクリアで良い音声と言ってもらえたので、通話ヘッドセットとしての利用も問題なくできると言えると思います。通話時も外部音取込みとノイズキャンセリングの切り替えは可能ですので、自由度は高いです。

有線接続とBluetooth接続の両方で音像定位を試してみましたが、しっかり定位をとらえており、ゲーム利用にも耐えうる性能だと思います。左右のチャンネルも正確で、遅延も肉眼で分かる範囲では確認できませんでした。OneOdio Pro50より価格が張るヘッドフォンですが、外部音取込み機能を搭載していたりと機能も豊富だし、納得という仕上がりです。これでクーポン利用価格で5千円を切る価格というのは驚きしかありません!




SuperEQ S1の購入最安価格と割引クーポン

Amazon-SuperEQ正規代理店:SuperEQ S1
クーポンコード:MHBRDYSBCopy
セール価格:4199円(30%オフ)
有効期間:2021/6/19まで

OneOdio公式サイトではSUPEREQ初登場を祝して特選タイムセール中です!
セール会場:OneOdio公式サイト

A10:4799円(50%オフ)
SuperEQ S1:4799円(46%オフ)
Pro50 ハイレゾ対応高音質モニターヘッドホン:3199円(41%オフ)
FusionA70 Bluetoothヘッドホン 950mAHバッテリー搭載:3199円(41%オフ)

などなどお得なセールになっているので、是非一度公式サイトものぞいてみてくださいね。
物によってはAmazonよりお得で、2年間長期安心保証付き、平日の注文ならば24時間以内に発送、送料無料でPaypalに対応などメリット沢山です!




よく読まれている記事

コメントをする(スパム対策で認証制にしています)

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください