GearBest様から実機提供頂いた、Teclast TBook 12 Pro のレビューです。
Teclast TBook 12 Pro は、12.2インチで、解像度は1920 x 1200 (WUXGA)ながらにOGSディスプレイを採用した、デュアルOSのタブレットになります。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー 外観参考写真

Teclast TBook 12 Pro 主要スペック

  • OS:Android 5.1,Windows 10 デュアルOS
  • ディスプレイ:12.2インチ OGS
  • 解像度:1920 x 1200 (WUXGA)
  • CPU: Cherry Trail Z8300
  • GPU: Intel HD Graphic(Gen8)
  • Core: 1.44GHz,Quad Core
  • メモリ RAM: 4GB
  • ストレージ ROM: 64GB
  • 外部メモリ:マイクロSDカード最大128GB
  • WIFI: 802.11b/g/n
  • Bluetooth:バージョン4.0
  • カメラ:前面200万画素シングルカメラ
  • インターフェース:マイクロUSB×1、マイクロHDMI×1、3.5mmオーディオ×1、DC×1
  • バッテリー:ビルトイン 3.7V/7200mAh
  • 充電入力:AC adapter 100-240V 5V 2.5A
  • サイズ/重量:29.90 x 20.20 x 0.80 cm , 0.911 kg

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー 同梱商品の説明参考画像

付属のものは、マイクロUSBケーブル、DCケーブル、OTGケーブルです。
キーボードは別売りになりますが、キーボードとセットにするとまるでノートパソコンのように使えます。
DCケーブルはついていましたが、USBアフダプタは自分で用意する必要があります。

特別な高出力なアダプターでない限りは、普通に携帯のものなどを代用できますが、充電に必要な電力が2.5Aなので、1Aでもできないことはないけど時間がかかるので、古いiPhoneのものなど1A専用みたいなものは避けた方がいいです。

Teclast TBook 12 Pro キーボードについて

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー キーボードの配列説明参考画像

こちらがTeclast TBook 12 Pro 専用のキーボードとドッキングさせた写真になります。
キーボードの電源はタブレットの方からとれるので、別途アダプタなどは必要ありません。使いたい時に接続するだけで使えるのでとても便利です。
キーボードの配列は英字配列になりますが、キーが数個違うだけで、よく英字キーボードにある右端に変なキーが配列されているという事もなく、日本語キーボードを普段使っている人でも、さほど違和感なく使えます。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー キーボードの打鍵感の説明参考画像

キーボードはパンダグラフ、かつ、アイソレーションになっています。
フルサイズのキーボードとほぼ同じ大きさで、キーピッチもしっかりあるので、打鍵感は悪くないです。少し硬めだけど、慣れるとこれはこれで平気。
強くタイプしてもたわみなどもなく、音もそんなにカチャカチャ言わないので快適です。
タッチパットの精度も問題なく、左クリックも普通に効きます。タッチパットはセパレートしてないのですが、左下と右下を押すと、小さくカチカチ言うので分かりやすいです。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー キーボードとの接地面参考画像

背面と、キーボードを下に置いてどんな感じで刺さるかの参考画像です。
しっかり挿し込めるうえに、おそらくマグネットがしようされているようで、両手で持って外そうと思わない限り、タブレットの画面を持って持ち上げてしまっても抜けて落ちたりはしません。
5つのピンで電源がとれるようになっています。他のと併用できるかは画面の画像とサイズ感を合わせてやってみてください。

ちなみにスピーカーはここにステレオでついています。
置く場所によると思いますが、固いテーブルの上にキーボードにドッキングして置いていたら、音が反響してわりと広がっていました。悪くはないけど、良いかと言えば普通にスカスカという具合。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー

右から見たところです。USBの穴は、キーボードの穴です。
キーボードを使用すると、キーボードの左右に1つずつあるUSBポートが利用できるので、タブレットにつくマイクロUSBポート×1に加えて、USBポートが2つ追加されるのも良いところ。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー 左側面のインターフェースについての参考画像

上部からみたところですが、かなり薄いです。
GearBestのHPに指でつまんで持っていた写真が載ってましたが、普通に重いのでそういう風には持てませんがw、形状的に上の方が相当薄くなっているのは間違いないです。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー

Teclast TBook 12 Pro を左から見たところですが、インターフェースは全てここに収まっています。
USBポートがつかずに、OTGケーブルがついているのですが、キーボードを買わない人は、ケーブルを駆使すれば、USBなどは接続できます。

Teclast TBook 12 Pro のCPU性能

Teclast TBook 12 Pro のCPU性能

windows10 側ですが、日本語パックをダウンロードして再起動するだけで、簡単に日本語に設定できました。
私の前に誰かレビューしてたようなので、アカウントとかは既に作成してあったのですがw

Teclast TBook 12 Pro のCPU性能

Antutuスコアアプリを入れてしまった後のスクショですが、windows側には36.9GBのストレージがあてられていました。
その中で空き容量は16GBになっているので、やはりマイクロSDカードを入れた方が良さそうですね。

Teclast TBook 12 Pro のCPU性能 スマホとの比較

Teclast TBook 12 Pro のAntutuスコアテストの結果は、71829でした。
スマホと比較すると、どうしてもタブレットの方が性能が落ちてしまうのですが、Intel Cherry Trail Z8300ということで、前回レビューした、CUBE iWork 1Xより、若干劣りますが、まずまずの平均的なスコアだと思います。

▼中華タブレットPC Antutuスコア参考表

デバイス スコア
Jumper EZbook 3 Pro / Intel Celeron Apollo Lake N3450 119469
Cube Mix Plus / Core M3-7Y30 191962
Teclast TBook 12 Pro / Cherry Trail Z8300 71829
CUBE iWork 1X / Intel Atom X5-Z8350 77700
Cube i7 Book / Intel Core m3-6Y30 188751
Teclast Tbook 16 Power / Intel Atom x7-Z8750 102975
TECLAST X5 Pro / Intel Core m3-7Y30 209595
CUBE Thinker / Intel Core m3-7Y30 216746

※リンククリックで紹介記事へジャンプします

screenshot_2017-01-01-10-50-44

次はAndroid側ですが、ストレージは16.22GBのパーテーションが切られているようです。
Antutuアプリのみを入れて、もともとプリインストールされていたアプリと合計で、14.6GBの空きがあるようです。

sTeclast TBook 12 Pro のCPU性能

Antutuスコアテストの結果は54793でした。
同じCPUを使用してても、Android側はWindows側より低く出るんですね。

Teclast TBook 12 Pro のOGSディスプレイについて

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー

こちらandroid側で立ち上げています。
プリインストールアプリはこの画面の物のみです。割とすっきりしています。
日本語化は選択するだけで可能でした。

Teclastはもともと少し黄色がかった液晶が多いのですが、OGSディスプレイでも少し黄色っぽいです。
Android側はそう分からないのですが、YOUTUBEなどを開くとやはり少し黄色っぽい、尿液晶気味だなという印象です。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー

こちらwindows側ですが、この時フルハイビジョンIPSと比べちゃったので、少し画面の鮮やかさが劣るなと感じてしまいましたが、Teclast製品の中では、それでもきれいだし、画面が奥に見える感じのない印象です。
OGS液晶って、中華タブ特有の画面とガラスの間に隙間があるっぽく見えるのを改善したディスプレイのようです。ゴリラガラスのような強度はなく加工しやすいらしいです。強度がないというのがひっかかりますが。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー3

左が、フルハイビジョンIPSのCUBE iWork 1Xで、右がTeclast TBook 12 Pro です。
やはり少し黄色がかった感じに見えますよね。どちらも彩度100%に合わせて撮っています。

Teclast TBook 12 Pro 実機レビュー

寄ってみました。右というか上にきている方が、Teclast TBook 12 Pro です。
青みが無い方が目には優しいし、キーボードとセットで使う場合は、画面の比率はTeclast TBook 12 Pro の方が使いやすいです。
Androidも使えるノートパソコンやラップトップ的な使用を考えているなら良いのではないでしょうか。

Teclast TBook 12 Pro 日本からの購入

2017-01-01_13h39_57

Teclast TBook 12 Pro

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

在庫なき場合はこちらのリンクもどうぞ
Teclast TBook 12 Pro
Teclast TBook 12 Pro

Chuwi Tablet Sale: Win Free Gifts and Grab Exclusive Price @GearBest

GearBestでの購入方法について

GearBest初心者の方は「GearBestの購入方法まとめ」をお読みください。
サイトの使い方、アカウントの作成方法、クーポンの探し方と使い方、配送注意点、輸入消費税について等、GearBestでの個人輸入に関する情報をまとめています。

GearBestでよりお得に買い物できるかも!?

GearBest 割引クーポン最新まとめ
GearBest セール情報

他の中華通販サイトのクーポンもあります!

Banggood クーポン
GeekBuying クーポン
TOMTOP クーポン
Cafago クーポン
EverBuying クーポン

クリックでジャンプ⇒Teclast TBook 12 Pro の購入へ戻る