割引クーポン&セール情報 毎日更新中
GearBest Banggood GeekBuying TOMTOP Cafago
欲しい機種が決まっている人は5社分まとめてクーポン検索
5社最安クーポン価格比較

Teclast Tbook 16 Pro レビュー 10.1インチフルハイビジョンで2万円強のタブレットPC

Teclastの11.6インチデュアルOS格安タブレット「Teclast Tbook 16 Pro」の実機レビューです。

Teclast Tbook 16 Pro レビュー 10.1インチフルHDで2万ちょい!

Teclast Tbook 16 Pro レビュー

今回もGearBest様からキーボードとセットで実機提供をいただいたのですが、まずは本体の主要スペックの説明からです。

Teclast Tbook 16 Pro 主要スペック

OS windows10 / Android5.1 デュアルOS
ディスプレイ 11.6インチ IPS 1920×1080フルHD
CPU Intel Cherry Trail Z8300 64bit Quad Core 1.44GHz
メモリ/ストレージ RAM 4GB / ROM 64GB eMMc
microSD 最大128GB
カメラ フロント200万画素
WIFI 802.11b/g/n
Bluetooth バージョン4.0
インターフェース Micro USB, Micro HDMI, 3.5mm Headphone Jack, DC Jack
バッテリー 3.7V/7200mAh
入力 AC adapter: 100-240V 5V 2.5A
サイズ/重さ 29.00 x 18.10 x 0.48 cm / 0.722kg

Teclast Tbook 16 Pro レビュー 付属品の説明

本体にセットでOTGケーブルと、microUSBケーブルとDCケーブルがついています。

DCケーブルで充電するにはUSBタイプのアダプターが別途必要になります。microUSBからも充電できます。

OTGケーブルは本体に挿す方がMicroUSBになっているので、通常サイズのUSBのマウスなどを接続することができます。

それぞれのポートはわかりやすくここに挿しますよと本体に記載があります。

注意しないといけないのは、充電。DC(ACアダプターケーブル)を利用して充電する際、同じ大きさのケーブルがあるからと5V以上流れるものを挿しこむとショートしますので、絶対にアダプター側に5Vと書いてあるか確認してくださいね。私は1台それで昇天させましたw

Teclast Tbook 16 Proの専用キーボードについて

Teclast Tbook 16 Proの専用キーボードについて

Teclast Tbook 16 Pro本体側の写真ですが、ここに専用キーボードをしっかり挿しこみ、電源を取ることができるので、別に充電なども要らず、更にBluetoothなどで接続するわけでもないので、遅延もありません。

すぽっと入るので、ディスプレイを掴んで持ち上げた場合落ちるのじゃないかと思ったのですが、磁石が仕込んであるようで、落ちません。これは便利!でもおかげで、反対を向けて穴に入れようと思ったら磁力ではじかれますw

Teclast Tbook 16 Proの専用キーボード

Teclast Tbook 16 Proの専用キーボードの写真になりますが、4千円程度の価格で、アイソレーションタイプな上に、おそらくパンタグラフです。どこをタイプしてもぐらぐらせずに心地よく沈み込み、打鍵感は極上です。

ネイルをしている女性は、アイソレーションタイプのキーボードじゃないと隣のキーを爪でひっかけてしまうので、アイソレーションは最低条件になるのですが、更に軽い力でどこをタイプしてもしっかり入力できるというパンタグラフタイプです。私の体感なのですがw

Teclast Tbook 16 Proの専用キーボードについて

私の普段利用しているAppleのキーボードとの比較ですが、フルサイズのこちらのキーボードとほぼ大きさは変わりません。だから心地よかったんですね!

あと、FキーがFnを押さなくても入力できるのも、私の使ってるキーボードと同じなので、誤変換がなくてよかったです。

打鍵感もさほど変わらないほどのクオリティーですし、見た目も美しく、音は静音とまではいわないけどガチャガチャうるさくなるほどもありません。是非買うべきですね!

Teclast Tbook 16 Proの専用キーボードの裏側の写真

Teclast Tbook 16 Proの専用キーボードの裏の写真ですが、ゴム足がついてて滑らないし傷つかないです。
本体のメタル素材とは違って、プラスチック素材のようでしたが、違いが分からないほどの質感で、もちろん強く打鍵してもたわんだりもありませんでした。
キーボードの左右に通常サイズのUSBポートが2つあるので、本体のマイクロUSBポートと合わせたら、3つ出力できます。

Teclast Tbook 16 Proのインターフェースは割と豊富

Teclast Tbook 16 Proのインターフェース

Micro USB, Micro HDMI, 3.5mm Headphone Jack, DC Jackのすべてが左側に収まります。
下の方にある穴はスピーカーで、これだけ右側にもありステレオになっていました。が・・音質は、よくはないですね。ステレオだから広がりはあるけど、シャカシャカです。

Teclast Tbook 16 Proのインターフェース

Bluetoothでヘッドフォンと接続したら、問題なく良い音になるので、3.5mmのオーディオポートから音声出すか、Bluetoothヘッドセットなどの外部ヘッドセットとの併用がおすすめです。2.4GHzのみの接続になるからBluetoothとの鑑賞を考えたけど、YOUTUBEを数時間聞いた間には、特に途切れたりもなく快適に使えました。

Teclast Tbook 16 Proの日本語化は簡単

もしかして私の前に日本人がレビューしてwindowsで日本語をダウンロードしてたら笑うけどw、日本語化は選択して再起動するだけでOKでした。

Teclast Tbook 16 Proの日本語化は簡単 その説明画像

基本的にSettingのLanguageで、Add languageを押して出てきたポップアップから、日本語を選択してダウンロードする事になるんですが、今回は選択したらここにもう日本語って出ました。

Teclast Tbook 16 Proの日本語化は簡単 日本語化の説明参考画像

Set as defaultを選択したら、次にサインインした時に日本語に変更するねってメッセージが出るので、そのまま再起動したら日本語化されます。これは簡単!android側も、日本語を選択するだけでOKで、デフォルトで日本語がプリインストールされていました。

windowsの方のメモリは36.9GBになっていたので、まったく半分というわけではなさそうです。少し余裕がありますね。マイクロSD入るのですけどね!w

windows側からAndroid側に切り替えは、タスクバーにある緑のアイコンからワンタップでできます。

Teclast Tbook 16 Pro Android側はOTAに対応

Teclast Tbook 16 Pro Android側はOTAに対応の参考画像

これがAndroid側のアプリ一覧です。私がGoogle日本語入力アプリを入れちゃってますが、それ以外がプリインストールのアプリになります。
一番最後オレンジ色のOTAというアプリ。これがTeclastのOTAアプリになるのですが、これ他の機種でもできた事が無かったので、ダメなんだと思ってたけど、GearBestのこのTeclast Tbook 16 Proだけはできました!

Teclast Tbook 16 ProはOTAに対応

Teclast Tbook 16 ProのOTAアプリをタップするとこの画面になるので、ONLINE UPDATEをタップして、アップデートがあるかを確認します。

その時に「ネットワークを確認して」という風に出てだいたいOTAできないのだけど、今回は一応ダウンロードというのが出てくるけど、失敗してできないというのを繰り返してて、レビュー前に最後にもう1度だけタップしてみたら、数%ダウンロードしたので、設定に戻って画面消灯1分ってのを消灯しないようにして見守ってたら全てダウンロードでき、アップデートしてくださいになりました!

Teclast Tbook 16 Pro Android側はOTAに対応 参考画像

ドロイド君が角をピコピコさせてて可愛かったです!

アップデートには10分以上かかるので、充電がしっかり残っているか確認してからやってくださいね。できないだろーとなめてた私はあわててケーブルに繋ぎました。

Teclast Tbook 16 Pro 説明参考画像

android側の説明ですが、上から引っ張って出てくる通知領域にOSの切り替えがあるので、ここを押すとシャットダウンされてWindows側にいきます。よくわからない人に使わせるときには、この通知領域を触らないように言わないといけないですね。
左下の■のアイコンはスクリーンショットです。Teclastでスクリーンショット見たの初めてかも。今までわざわざアプリ入れてたのに、気づかなかっただけなのかな。

Teclast Tbook 16 Pro まとめ

カメラは内側にのみになっており、画質は200万画素。まあよくはないですよねw

SKYPEなどで顔を見せあって通話するとかの際、まあ使えないことはないというレベルです。撮影にはまず使えない。

メモリ4GBで、ストレージが64GBのeMMcというのは、この価格帯ではありがちなスペックです。Intel Cherry Trail Z8300 64bit Quad Core 1.44GHzというのもごくごく平凡なスペック。

じゃあこれで何ができるのかと言われると、ライトな作業ぐらいならWindowsもAndroidも快適に使えます。動画を見る、ブログやSNSの執筆、エクセルなどの利用(オフィスのプリインストールはありますがシリアルキーを自分で入れないといけません)、ニュースなどを見るなどは、なんの不都合もなくできると思います。

GoogleChromeなどでタブをなん十個も開く人には、向きません。メモリが足りずに落ちてしまいます。

おそらく高負荷のゲームにも向かないかなと思います。私がゲームをやらないので未検証ですが、調べものに利用してタブを20個ぐらい開いて、メモにまとめてたら全部消えましたw

でもライトな作業には十分。バッテリーのもちも悪くないなという印象です。私はタブをたくさん開くけど発熱とかもないレベルの使用なので、高負荷をかけていないのかもしれないけど、まずまず使える印象です。

Teclast Tbook 16 Pro レビュー 10.1インチフルHDで2万ちょい!

Teclast Tbook 16 Pro レビュー 10.1インチフルHDで2万ちょい!

自分が写りこまないように、そして画面に電気が反射しないように撮るのが難しすぎてあんまり上手に撮れていないんですが、フルHDのIPSスクリーンは、どの角度からみてもきれいです。動画の鑑賞や写真を見るなども楽しめるスペックです。

これで日本円で22000円ぐらいで購入できてしまうのがすごいと思いませんか?

Teclast Tbook 16 Pro 購入

Teclast Tbook 16 ProはGearBestからご購入頂けます。

OTAができると書いたのですが、これはどこで買ってもできるというわけではありません。カスタムROMが焼かれていたりしてできない場合もあるのですが、GearBestのものは私ができたのでできると言い切れますのでおすすめです!

Teclast Tbook 16 Pro 日本からの購入

Teclast Tbook 16 Pro本体
Teclast Tbook 16 Proの専用キーボード

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

GearBestでの購入方法について

GearBest初心者の方は「GearBestの購入方法まとめ」をお読みください。
サイトの使い方、アカウントの作成方法、クーポンの探し方と使い方、配送注意点、輸入消費税について等、GearBestでの個人輸入に関する情報をまとめています。

GearBestで使えるクーポンはこちらの記事を
GearBestクーポン

GearBestのセール情報はこちらのカテゴリを
GearBestセール情報

その他の中華通販サイトのクーポンコードはこちらの記事で紹介しています。
Banggoodクーポン
Geekbuyingクーポン
TOMTOP クーポン
Cafago クーポン
EverBuyingクーポン

クリックでジャンプ⇒

割引クーポン&セール情報 毎日更新中
GearBest Banggood GeekBuying TOMTOP Cafago
欲しい機種が決まっている人は5社分まとめてクーポン検索
5社最安クーポン価格比較

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください