VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint IdentificationをGearBestさんから商品提供頂いたので、レビューをさせて頂きたいと思います。

13.3インチと大きめなディスプレイでほぼノートパソコンのようなウルトラブックですが、360度折りたためるキーボードなど形状などが変わっています。

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identificationレビュー 外観参考写真

ちなみに、VOYO VBook V3 Ultrabookは色々なエディションがあります。オレンジはブランドのメインカラーのようですが、同じような見た目でもエディションがいくつかあって、フラッグシップというハイエンドモデルもこれと別にあります。

私のは「指紋認証センサー」とSIMが入るというのが特徴のモデルみたいですが、SIMに関しては中国でしか使えないのかな?対応BANDなども載っておらず、マイクロソフトとの契約が要るような注意書きが設定のSIMの項目の中にありました。

VOYO VBook V3 Ultrabook 使用レビュー

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identification主要スペック

OS Windows 10
CPU Intel Cherry Trail Z8300
GPU Intel HD Graphic(Gen8)
Core 1.44GHz,Quad Core
メモリ/ストレージ 4GB/64GB
microSD 最大128GB
wifi 802.11b/g/n
Bluetooth 対応あり
ディスプレイ 13.3インチ IPS
解像度 1920×1080フルHD
カメラ 前面200万画素/背面200万画素
インターフェース microSIM×1
USB×2(2.0×1、3.0×1)
microHDMI
3.5mmオーディオジャック
DCジャック
バッテリー 3.7V/1000mAh(8時間動画再生可能)
入力 100-240V 12V 3A
サイズ/重さ 33.00 x 22.00 x 1.60 cm / 1.5kg

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identificationレビュー 付属品の紹介

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identificationには、DCアダプターと、専用のタッチペンが付属します。

画面には、梱包用の保護シートの下に、画面保護シートが貼ってあります。結構きれいに貼ってあるので、普通に満足に使えます。買い足す必要ないレベル。

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identificationの指紋認証センサーの精度

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identification の特徴は、指紋認証センサーを搭載しているという点!

スマホみたいに指をかざすだけで、ロック解除できます。精度はカナリ高くて、指をかざすだけで3秒ぐらいでスリープから復帰してきます。

ロックまでの時間は1分から選べるので、席をちょっと外す時など簡単に解除できるのにプライバシーがしっかり守られます。

試しに登録してない指をかざしてみたら、スリープから復帰してきたと思った瞬間PINロックがかかっていて、「沢山間違えたのでロック解除してください」となりました。ちゃんと読んでます。すごいです。

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identificationレビュー 指紋認証センサーの紹介参考画像

ついでにVOYO VBook V3 Ultrabookのキーボードの配列をちょっと紹介。キーボードの右下の■が、指紋認証センサーです。

特筆すべきは右端の1列。BackspaceたたいてるつもりでHome連打してて、消えずに変になるという事例続出で若干イラつくこのキー配列は私は好きになれません。って私の好みの話なんてどうでもいいですかねw

右端1列の存在のおかげで感覚的なキーの真ん中も若干左にずれてしまい、慣れるまで苦戦しそうだけど、タッチパットの感触はかなりいいです。正確にマウス操作できる感じで、タッチパットは実用に耐えます。マウス無しでも画面直接触れるし余裕。

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identificationレビュー 指紋認証センサーの参考画像

指紋の登録はWindows Helloで行います。

windows10からのシステムみたいですね。Xperia Z4タブレットでは、顔認証ってあって、化粧してる顔としてない顔だとXperiaが同一人物と認めてくれなくて笑った事を思い出しました。まあそれぐらい判断厳しくしてもらわないと精度落ちますからねw

指紋は何本も登録できるようで、少なくとも6本は登録できます。6本で飽きたのでやめたのですが、6人で共有できるという事ですよね。便利。

まず、最初に登録した指紋でロックを解除するとか、PINを入力しない限りは、勝手に登録できないのも安心。

VOYO VBook V3 Ultrabook はタッチペンにも対応

VOYO VBook V3 Ultrabookはタッチペンに対応です。

専用のペンのようで、wacomのドライバーに反応するスタイラスペンでタッチしてみても反応しませんでした。なので、wacomとは違う、特殊で独自なペンのようです。

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identificationはタッチペンにも対応 ペンの説明参考画像

ペンはmicroUSBで充電します。充電が少なくなるとペン自体のスイッチはついても画面に反応がなくなります。

VOYO VBook V3 Ultrabook自体は、動画の視聴が連続8時間とかだけど、ペンはどうなんだろう。私は充電して、3日以上放っておいていざ使ったら2時間もスイッチいれてない状態で反応しなくなったので、わりと小まめに充電が必要かもしれない。

VOYO VBook V3 Ultrabook タッチペンの説明

充電中は赤く光ります。そして、この赤い部分が、使用時は青く光って格好いいです。

タッチペンはマウスの代わりにも使える感じで、長押しすると右クリックも出てきてかなり便利に使えます。画面を直接指で触らなくていいほどすべてがこのペンでできるので、画面の指紋対策に良さそう。

VOYO VBook V3 Ultrabook 付属のペンの説明

一応付属のペンにはビニール製の専用ケースがつきます。

ペン先は鉄製なので、画面に傷入れちゃいそうな感じはあるので、指紋OR傷という感じですね。ガラスシートがあればもっとよかったんでしょうけど、画面の保護シートは普通にビニールでした。私は速攻で傷入れたww

VOYO VBook V3 Ultrabookの日本語化

こちらはwindows10のみのシングルブートになります。
日本語化は日本語パッケージをwifiでダウンロードするだけでOKですが、メニューに少しだけ中国語フォントが残ります。気になる人はクリーンインストールするのがよさそうだけど、指紋とタッチペンのドライバーで苦戦しそう。ONDAで懲りたので、少しクリーンインストールに消極的です。数日潰しましたからね・・

今回はシステムの日本語化に戸惑いましたが、RegionのLanguage prefencesを押して出てくる、Add a Languageでシステムの言語に日本語を追加する事で、全ての日本語化が完了しました。
ここをしっかりダウンロードできたら、再起動すれば全てが日本語になります。Atomなので30分以上かかった印象。

VOYO VBook V3 Ultrabook 日本語化について

私のところに来るデバイスはあらかた誰かが触ったものなので、初期設定など行われているものが多いのですが、このVOYO VBook V3 Ultrabookは日本人が触ってなかったんでしょうかね。

通常よりてこずりましたが、追加料金なしで、普通にwifiからダウンロードで日本語化できます。項目見つけるのに苦戦したけど、難しい操作はありませんでした。

日本語パックをダウンロードし終わった状態で、ストレージは56.9GB中の空き領域33.7GBでした。

microSDも最大128GB分入れられるので、ファイルなどの保存先や、GoogleChromeのキャッシュなどのダウンロード先をmicroSDにしてれば結構使えると思います。

保存先の変更は、「設定」の「ストレージ」のところに変更する項目があって簡単にできます。

VOYO VBook V3 UltrabookはフルHDIPS液晶

VOYO VBook V3 Ultrabook はフルHDIPS液晶

画面が反射しちゃってあまりきれいに映せなくて、シャッター半分おろして写したので、他が暗くなってしまったのですが、IPSのフルHD液晶はカナリきれいです。

この画像はYOUTUBEですが、動画や写真などをきれいな液晶で見たいという人も満足できる液晶解像度だと思います。

VOYO VBook V3 Ultrabookのスピーカーについて

VOYO VBook V3 Ultrabookの裏側の写真ですが、スピーカーはステレオで底面についています。

底についてるのもあって、テーブルからの跳ね返りとかで音はそこそこ良いようには感じます。低音とかそういうのは皆無だけど広がりはある感じ。

VOYO VBook V3 Ultrabookはキーボードが360度折り返せてタブレット仕様にできる

VOYO VBook V3 Ultrabookは液晶角度が自在に決められて、思ったところでピタッと止められるので、狭いスペースでもキーボードをテントのように立てて使う事もできます。先ほどのスピーカーの写真の180度逆版がテントですね。

VOYO VBook V3 Ultrabookが360度キーボードが折り返せる

この写真はキーボードを裏側に折り返したところです。この状態で手に持ってタブレットとして使えますよってのがVOYOさんのコンセプトらしいです。

が、重さが1.5kgあるので、なかなか片手でこの状態で持って快適ってわけにはいきません。使えない事はないって感じで、こんな風に使いたいならキーボード外れるタイプの方がやはり実用的。厚み測ったらジャスト2cmあったし・・

写真の1番左に鍵マークがついてるロックボタンがあると思いますが、これでキーボードのロックができますので、裏返してタブレットモードにした際に、キーボードをさわっちゃって誤入力しちゃう事はありません。

角度調節をテントのようにしたい事があるなどの場合は、VOYOにしかできない事になるので、そこは便利に使えると思いますが、キー配列と重さというデメリットもあるので、そこは好き好きですね。

上記写真は左側面になり、USB2.0と、3.5mmオーディオジャックと、SIMトレイ、音量ボタンに、電源ボタン、タブレットモードにする際のキーボードロックのボタンが配置されています。

VOYO VBook V3 Ultrabook インターフェースの説明参考画像

1番最初の写真も右側面になってて、あっちの方がインターフェースの位置が見やすいかもしれないけど、DCポート、USB3.0、microHDMI、microSDカードスロットになっています。

DCから充電中は青いLEDが点灯します。このはDCは、入力が12Vとなっており、普通のノートパソコンと同じぐらいの電量になります。このスペックでは9Vや5Vが多い中、VOYO VBook V3 Ultrabookは電圧高め。

DCアダプターの形状が特殊なので、無くしたり折ったりしないように気を付けないと代用きかなさそうなので、大事に使ってくださいね。

ちなみに小さいのを入れる分はショートはしないと思いますが、大きいのを入れちゃうとショートする危険性があります。DCアダプターとVOYO VBook V3 Ultrabook本体裏面に、「12V」の記載があるので確認の際はそちらを。

VOYO VBook V3 Ultrabook 購入

VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identification

GearBestリンク:VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identification
EverBuyingリンク:VOYO VBook V3 Ultrabook Fingerprint Identification

まさかのGearBest在庫なしだったので、EverBuyingのリンクもつけてみました。
値段はGearBestの方が安いですが、在庫がないので仕方がない・・すぐに在庫追加されるかもしれませんので、欲しい方は一応両方クリックして在庫確認してみてください。

指紋認証センサーがないタイプのVOYO VBook V3 Ultrabook

VOYO VBook V3 Ultrabook – WIFI VERSION ORANGE
VOYO VBook V3 Ultrabook – WIFI VERSION GRAY
VOYO VBook V3 Ultrabook – SWEET ORANGE(SIM対応バージョン)
VOYO VBook V3 Ultrabook – GRAY(SIM対応バージョン)

VOYO VBook V3 Ultrabook フラッグシップモデル

・CPU: Intel Core m3-6Y30 900MHz,Dual Core
・GPU: Intel HD Graphics 515
・メモリ/ストレージ:4GB/128GB

対応周波数BAND
2G: GSM 850/1800/1900MHz
3G: WCDMA 900/2100MHz
4G: FDD-LTE 800/850/900/1800/2100/2600MHz

という、もはや別デバイスのようなスペックの違いのフラッグシップモデル。
私のにDOCOMO系MVNOのSIM挿しても反応なかったけど、こっちはBAND1対応でDOCOMO系のSIM使えそうなBAND周波数です。指紋とかどうでもいいからこっちがよかったw

VOYO VBook V3 Flagship 4G Ultrabook – 4G VERSION GRAY
VOYO VBook V3 Flagship Ultrabook – WIFI VERSION ORANGE

Intel Core m3-6Y30なので、私が持ってる指紋バージョンのやつより数倍快適なはずです。
お財布に余裕がある人は、CPU性能を取って、フラッグシップモデルでもいいかも!

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

icon

GearBestでの購入方法について

GearBest初心者の方は「GearBestの購入方法まとめ」をお読みください。
サイトの使い方、アカウントの作成方法、クーポンの探し方と使い方、配送注意点、輸入消費税について等、GearBestでの個人輸入に関する情報をまとめています。

GearBestでよりお得に買い物できるかも!?

GearBest 割引クーポン最新まとめ
GearBest セール情報

他の中華通販サイトのクーポンもあります!

Banggood クーポン
GeekBuying クーポン
TOMTOP クーポン
Cafago クーポン
EverBuying クーポン

クリックでジャンプ⇒VOYO VBook V3 Ultrabookの購入へ戻る