Xiaomiの人気ノートパソコン「Mi Notebook Air」のレビューです。サイズは、12.5インチと13.3インチがあり、当記事はXiaomi Mi Notebook Air 13.3の実機レビューになります。

Xiaomi Mi Notebook Airは、Core M の12.5インチがコスパに優れていて人気機種ではありますが、上位機種である13.3インチの方は、Core i5が選べたり、SSDもPCleが選べたりと、ハイエンド思考の所有者の所有欲を満たす仕上がりになっています。

Xiaomi Mi Notebook Air スペック詳細

Xiaomi Mi Notebook Air スペック詳細 参考画像

Mi Notebook Air 12.5インチモデル詳細

  • OS:windows10
  • CPU:Intel Core m3-6Y30
  • CORE:2.2GHz
  • ディスプレイ:IPS Screen with 1920 x 1080 フルハイビジョン 176ppi
  • メモリ/ストレージ:4GB / 128GB SATA SSD
  • インターフェース:USB type-C ×1、USB3.0 ×1、3.5mmイヤホンジャック ×1、HDMI ×1
  • バッテリー:5000mAh (11.5時間の稼働)
  • カメラ:前面に100万画素/130万画素のカメラ有り
  • wifi/Bluetooth:802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth 4.1

サイズは、29.2cm × 20.2cm × 1.29cmで、重さは1.07kg。
現地価格は、約52,500円となっています。

日本での購入はこちらから可能になります。

Mi Notebook Air 13.3インチモデル詳細

  • OS:windows10
  • CPU:Intel Core i5-6200U
  • CORE:2.7GHz
  • ディスプレイ:IPS 1920 x 1080 フルハイビジョン 166ppi
  • メモリ/ストレージ:8GB / 256GB PCle SSD
  • インターフェース:USB type-C ×1 、USB3.0 ×2 、3.5mmイヤホンジャック ×1 、HDMI ×1
  • バッテリー:5000mAh (9.5時間の稼働)
  • カメラ:前面に100万画素/130万画素のカメラ有り
  • wifi/Bluetooth:802.11 a/b/g/n/ac
  • Bluetooth 4.1

サイズは、30.96cm x 21.09m × 1.48cmで、重さが1.28kg。
現地価格が約75,000円となっています。

日本からの購入は、こちらから可能になります。

Xiaomi Mi Notebook Air スペック詳細 キーボードの概観

キーボードはアイソレーションタイプで、隣のキーとしっかりキーピッチがとってあり、打鍵に関しては問題無いです。キーストロークも心地良く、打ってる感はあるけど程よく柔らかい。この打鍵のし易さは幅広く受け入れられると思います。音もカチャカチャばらずに消音です。

Enterキーの小ささや、キー配列など、国産のノートパソコンしか使ったことなかったので少し違和感はありましたが、主要のキーの配列はほぼ一緒なので、ブラインドタッチできなくなるほどの不都合はありません。

キーボードにLEDバックライトが搭載なので、飛行機の中などの照明が落された場所でタイピングする場合でも、照明なしの単独でも使用できる仕様です。

Xiaomi Mi Notebook Air スペック詳細 キーボードはアイソレーションかつLEDライトつき

PCに求める環境に左右されると思うのですが、軽いメールやインターネットサーフィンでの利用という位置づけなら、メモリ4GBでCore MシリーズのCPUのXiaomi Mi Notebook Air 12.5インチでも快適に使えると思います。

でもツールやソフトをいくつも開いたり、サイズの大きな写真を処理したりする用途なら、メモリは8GBあった方が良いので、Xiaomi Mi Notebook Air 13.3を選んだ方が幸せになれると思います。

PCのメモリはよく机の広さに例えられます。13インチの8GBは、12インチの4GBの2倍の広い机で作業ができると思ってもらったらイメージしやすいと思います。Coreは分かりやすく言えば頭の良さなので、処理能力が低くなるだけですが、メモリは机の広さなので大きな作業をする場合フリーズの原因になります。

Core Mの性能についてですが、Core MシリーズはAtomシリーズの後継になりますので、Atomと思ってもらったら良いと思います。Core i7>i5>i3>Pentium>Celeron>Atom となります。

Core Mという新コアに関しては、省電力、発熱を抑えるという事に特化したエンジンになりますので、CPUの性能は低くはなりますが、TDP 4.5 Wとなり、発熱が1/10~1/20に抑えられ、ファンレスなどが可能になります。

性能が劣るとは書きましたが、Intel® HD Graphics 515とグラフィック性能はCore i3より高めになったりで、Core Mに関しては省電力に特化し、グラフィック性能を高めることで処理能力をあげていくという仕様になるようです。

Coreは天才1人の頭脳がものを言う、グラフィックは労働者の数で勝負みたいに言われますので、沢山の人が協力しあって性能上げてく感じなんですかね。

その点13.3インチは、Core i5にPCleと、ビジネス用途で更にメイン使用と考えても十分に戦えるスペックを搭載しています。

自宅に届いてから毎日1日中使用していますが、快適すぎてもう前のPCには戻れません。Core i7の8GBだけどHDDだったので。SSDに慣れると、HDDに戻れなくなるってのは本当ですね。

メインマシンと考えて、快適にネットライフやPCライフを楽しみたい人は、$300頑張ってXiaomi Mi Notebook Air 13.3がおすすめです!

Xiaomi Mi Notebook Air インターフェースについての参考画像

ちょっと残念なのがXiaomi Air にはSDスロットがない事ですね。

その分USBスロットがいくつもあるわけだから、普通に外付けでHDDとかメモリスティックとかをつなげばいいんでしょうけどね。

Xiaomi Mi Notebook Air メモリについての参考写真

でも、Xiaomi Air13.3インチの方の256GBのPCleはSSDを増設するスロットを搭載しているようなので、ストレージの容量が欲しい人も、是非13.3インチを購入すべきですね。

もとも256GBで12.5インチの128GBより倍の容量ある上に、増設するという選択肢まであります。しかしこの価格ならばSSDの書き込み容量なくなったらさっと買いなおせる価格ではありますけど、設定とか面倒くさいので、やっぱり$300初期投資した方が幸せになれると思います。

Xiaaomi Air 使用感

写真はMi Notebook AirについているHDMIポートとUSBポートを利用して、手持ちのモニターを2つぶらさげてみました。DUETアプリを利用したiPad2とHDMIを利用した液晶ディスプレイで、3画面になりました。

このように複数のディスプレイをぶら下げて、Google Chromeを3つの画面にそれぞれ5タブずつぐらい、さらにメイン画面ではバックグラウンドに写真変換ソフトに、高画質な写真を同時に開いていても”固まる”などということはありません。

SSDなのでとても静かです。耳を近づけたらわずかに機械音がするだけ。だけど発熱もしていない。

Mi Notebook Air本体のキーボードは英字ですが、外付けBluetoothなど使った場合、日本語キーボードにするか英字キーボードのままで利用するかはMi Notebook Air側の設定で選べますので選択肢はあります。

現在は、「Basicest USB 3.0 to HDMI グラフィック 変換 アダプター ケーブル Displaylink チップ使用 Win10対応【相性保証付き】」を購入して、Xiaomi Mi Notebook AirのHDMIとUSBポートで、大きな外付けディスプレイ2画面に出力しています。Xiaomi Mi Notebook Air自体のディスプレイと合わせたら3画面に拡張出力ができます。紹介記事は「Basicest USB 3.0アダプター」。

前のパソコンは頑張っても2画面まででしたが、3画面出力可能とか、こういうところにも性能の高さが出ますね。外付けはどちらも1920×1080のフルハイビジョンの高解像度で出力して1日中使用してますが、サクサク動いて調子良いです。

他にもEverBuyingで現在セールをやっている MINIX NEO Type-C Multiport Adapter with HDMI Port Hubなどを利用する手もあります。

こちらは1920×1080のフルハイビジョンHDMI、有線LANポート、マイクロSD、SDカード、USB3.0×2という出力がついた、バスパワーのアダプターです。壁からのコンセントを挿すTYPE-Cポートもあり、セルフパワーアダプターとしても利用できます。充電と併用して使えるので、TYPE-Cポート1つですべて済む手軽さが良いです。紹介記事は「MINIX NEO マルチアダプター」。

Xiaomi Mi Notebook AirにはChinese VersionとEnglish Versionがある

現在GearBestなどの中華サイトで売られているXiaomi Mi Notebook Airは、ほぼChineseバージョンですが、Xiaomi Mi Notebook AirにはEnglishバージョンもあります。

単に言語だけの違いならEnglishバージョンが欲しいと思われるかと思いますが、GearBestのサイトでは ”Windows 10 Home Chinese Version, Not Activated Windows 10 Home English Version” となっており。Englishバージョンでは、自分でWindows10を購入して入れる必要があります。

だったらWindows 10 China editionで良いやってなると思うのですが、単言語になりますので日本語化するには、windowsをクリーンインストールする必要があります。実際やってみたら結構簡単でしたので、心配は無用です。

Xiaomi Mi Notebook Air 言語についての注意点

Windows 10 China editionでも英語なら選択できるようですが、このように若干メニューが中国語のままになるおそれがあります。GearBest側はWindows 10 China editionでは、ここが英語にはなりませんという風に表記してあります。

windows10のクリーンインストールは難しく考える必要はありません。USBメモリにインストール用のwindowsを作って適応させるだけでOKでした。windows10のクリーインストールは日本語でできるので、意味が分からないとかはなりません。

Windows 10 China editionを日本語化するのは簡単なので、あえて英語版を高い値段出して買う必要はありません!

設定方法は、別の記事で説明しています。→Xiaomi Mi Notebook Air 日本語化とクリーンインストール

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

私が撮ったのでへたくそですが、Mi Notebook Airの外観写真です。
薄くて軽くて、どこから見ても画面がきれいっていうもが伝わるか不安ですが、高級感溢れる外観になっていますよ。

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真6

Xiaomi Mi Notebook Air 外観写真

黒いPCはVaio S13です。Xiaomi Airの背面にロゴがないツルッとしたメタルデザインは格好いいですね。底を見ないと、何のパソコン使ってるか分からないミステリアスなPCですw

スピーカーはステレオで、ドルビーが使えるので、音質は低音がなるとかいう方向性ではありませんが、深みがあって良い音です。音自慢の他メーカーのノートパソコンにも負けてないです。

今のところ不満点はSDカードスロットがないこと、外部出力がHDMIポートしかないことぐらいです。メイン機として1日中使っても発熱もなくトラブルも今のところはない、とても完成度の高いノートパソコンです。

Xiaomi Mi Notebook Air 購入

2016-07-29_17h59_53

GearBestリンク

Xiaomi Air 13 Laptop – SILVER

クーポン:Air13Lの入力で74365円です!

Xiaomi Air 12 Laptop – SILVER

EverBuyingリンク

Xiaomi Mi Notebook Air 12.5 inch
Xiaomi Mi Notebook Air 13.3インチ

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

ご購入の前にGearBestクーポンページをチェックすると、格安購入できるクーポンがあるかもです!
⇒「GearBestクーポン

Xiaomi Mi Notebook Air 13にぴったりのケースを見つけたので、紹介したいと思います。
VAIO S13にもぴったりでしたが、VAIOより小ぶりなMi Notebook Air 13は更に余裕があり薄目の書類なんかだと一緒に入れられそう。

Xiaomi Mi Notebook Air 13 用のケース 収納参考写真

在庫なき場合はこちらのリンクもご利用ください

B:Xiaomi Mi Notebook Air 12.5 inch
B:Xiaomi Mi Notebook Air 13.3インチ
G:Xiaomi Mi Notebook Air 13.3 inch
G:Xiaomi Mi Notebook Air 12.5 inch

クリックでジャンプ⇒Xiaomi Mi Notebook Airの購入へ戻る