miband5

Xiaomi Redmi 5 Plus ベンチマーク・対応SIM・割引クーポンなどまとめ

最新割引クーポン&セール情報は、最下部に記載しています。

ガジェットフリーク

コスパの良いミドルレンジスマホのXiaomi Redmi 5 Plusの紹介です。

Xiaomi Redmi 5 Plus スペック詳細

Xiaomi Redmi 5 Plusは、5.99インチ、メモリ3GB、ストレージ32GB、Snapdragon 625 搭載のコスパに優れたミドルレンジスマホになります。搭載のカメラはXiaomi redmi 5と一緒のものになりますので、カメラの画質を見たい人はXiaomi Redmi 5 実機レビューの記事を読んでみてください。

Xiaomi Redmi 5 Plus

OS MIUI 9
CPU Snapdragon 625 Octa-core, Up to 2.0Ghz
GPU Adreno 506, 650MHz
メモリ/ストレージ 3GB/32GB
4GB/64GB
外部ストレージ MicroSD 最大128GB
ディスプレイ 5.99インチ
解像度 2160 × 1080 FHD+ 403PPI
カメラ リア:12.0MP f/2.2
フロント: 5.0MP
ビデオ:1080p/720p:30fps
WIFI 802.11a/b/g/n
Bluetooth V4.2
センサー G-sensor, P-Sensor, L-sensor, Infrared
インターフェース 3.5mmオーディオジャック、Micro USB
GPS GPS/Glonass/Beidou
言語 日本語対応不明
GooglePlayStore 初期インストール不明
サイズ 158.5×75.45×8.05mm
重量 180g
バッテリー 4000mAh(typ) / 3900mAh(min)
対応BAND 周波数
通常
中華バージョン
2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
CDMA 1X BC0
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
CDMA 2000 BC0
TDS-CDMA B34/B39
4G: FDD-LTE B1/B3/B5/B7/B8
TDD-LTE B34/B38/B39/B40/B41

DOCOMO:B6非対応・B19/B28非対応だけど街中では使えます
AU:通話対応・通信はB1のみで微妙
Softbank:B8対応で結構快適

グローバルバージョン 2G: GSM 850/900/1800/1900MHz
3G: WCDMA 850/900/1900/2100MHz
4G: FDD-LTE B1/B3/B4/B5/B7/B8/B20
TDD-LTE B38/B40

DOCOMO:B6非対応・B19/B28非対応だけど街中では使えます
AU:通話非対応・通信はB1のみで微妙
Softbank:B8対応で結構快適

AU・DOCOMO・Softbank対応周波数(緑はプラチナバンド)
docomo LTE:B1/B3/B21/B19/B28 3G:B1/B9/B6(B19を内包)
AU LTE:B1/B11/B18/B26/B28 3G:BC0/BC6
Softbank LTE:B1/B3/B8/B28/B41 3G:B1/B8/B11

それぞれのキャリアのプラチナバンドなどの説明は「キャリア別対応周波数の説明」を読んでください。
※当ブログは電波の受信状況や使用可否を説明していますが、電波法違反を助長する意図はありません。

通常バージョンとグローバルモデルでは周波数が違います。Globalモデルと聞けばよさそうに聞こえますが、そうでもなくて、AUの通話に非対応になったりするので、チャイニーズバージョンの方が周波数的にはよさそうです。

搭載のSnapdragon 625の性能はAntutuスコアテストでは新スコア(総合:74258 / 3D:12005)、旧スコア(64174 / 3D:12854)という実績があります。クラス的には何度も書いていますが、ミドルレンジになるので、重たいゲームなどをする人には向かないスペックにはなりますが、ネットサーフィンやSNS中心の使い方などをする人は普通に使えると思います。

カメラもXiaomi Redmi 5 と同等のものを積んでおり、手ごたえ的には悪くない印象です。背面のぼかしはハイエンド機ほどというわけにはいきませんが、なかなかキレイな写真が撮れましたよ。なにより良いのが2160 × 1080 FHD+という解像度。読み物などするときは、表示できるデータ量が多く使いやすいです。



Xiaomi Redmi 5 Plus 外観写真

Xiaomi Redmi 5 Plus 外観写真

Xiaomi Redmi 5 Plus 外観写真

Xiaomi Redmi 5 Plus 外観写真

Xiaomi Redmi 5 Plus 購入

Xiaomi Redmi 5 Plus 購入

Xiaomi Redmi 5 Plus 価格比較 最新割引クーポン
GearBestで探す
Banggoodで探す
GeekBuyingで探す
TOMTOPで探す
CAFAGOで探す
GearBestクーポン
Banggoodクーポン
GeekBuyingクーポン
TOMTOPクーポン
CAFAGOクーポン

割引クーポン情報

サイト リンク クーポン 価格 終了日
Banggood Xiaomi Redmi 5 Plus Global Version 3GB/32GB $159.79 09/30

※PCでアクセスの場合はクーポンはCopyをクリックでコピーできます。スマホの場合はお手数ですがご自分でコピーしてください。

よく読まれている記事

COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 6 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By nacky1616

    こんにちは。
    xiaomi Redmi 5 plus を香港で購入してきて、日本で日本語でMIUI10最新版にて使用しておりますが、これが中国本土版かglobal versionか判定する方法はありますか。箱の裏は中国語だけで説明書も中国語なのに、充電器は日本のコンセントに合うものが同梱されておりました。

    • By taraco18

      nacky1616さん

      詳しい型番とか載ってると思うので、それで検索したら出てくるのではないでしょうか?
      たぶん設定のデバイス情報のベースバンドバージョンかカーネルバージョンとかで分かりそうな気がします。
      というか香港で買った上に、説明書も中国語ならばおそらく、本土版なんじゃないでしょうか。

      • By nacky1616

        返信ありがとうございました。
        この機種をauのガラケーsim、いわゆるオレンジsimをカットしてnano sim でDSDSで使っている方がいらっしゃればコメント下さい。もう一つはdocomoでもsoftbankでもいいです。simをカットする勇気がないので。ちなみに、カットしなくてもいいMI MAX初代は認識できませんでした。

        • By taraco18

          nacky1616さん

          Mi max初代で認識しなかったSIMってAUのオレンジSIMですか?
          私がいれたときは認識してましたけど、どうしてでしょうかね・・今はアップデートで塞がれたとかですか???

          GratinaのSIMであることという大前提があるのですが、そこは大丈夫でしょうか?
          もしそれで認識しないというのならば、*#*#4636#*#*にダイヤルしてCDMA onlyなどにしてみるなどして、それでもダメならもしかして利用できなくなってるとかですかね?
          古いROMだと確実に使えるとは思うのですが・・・・

          • By nacky1616

            本題と離れておりますが、MI MAX初代にて設定してみました。gratina2のオレンジsimです。PRL60に設定しております。楽天のDoCoMoのsimと2枚入れて*#*#4636#*#*を実行しました。電話1が楽天で電話2がauのオレンジsimです。楽天はデータ専用ですが通常にデータ通信できます。auはCDMA onlyに設定したところ、電話番号は表示されますが、電波が立たず緊急通報のみになってしまいます。MIUIの最新版を入れていますが、他のROMを焼いて試してみたいと思います。

          • By taraco18

            nacky1616さん
            EUとかMODとか、または古いROMとかも試してみると良いと思いますよ。
            昔は使えていたので、使えるはずだと思います!
            MIUIの最新だともしかしてCDMA2Kは無理なのかな?VoLTE使えるようになってCDMA2Kが使えなくなってる傾向にあるので・・

            昔のROMからファームだけ抜いて焼くのも良いかもですね!
            私もMi6でCDMA2Kが使えなかった時にやりましたよ。
            Xiaomi mi6がCDMA2000をつかまない件を解消する方法の記事で書いてますので、こんな感じで対策するのもいいかもです。

コメントをする

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください