HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー 4K動画が撮れるアクションカメラ

HawKeye Firefly 8S アクションカメラのレビューです。

このアクションカメラは、HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera No Distortion Versionという90度までしか映さない歪みなしのバージョンと、HawKeye Firefly 8S 4K WiFi Sports Camera 170 Degree FOVという170度の広角レンズを持つ、2種類のタイプがあります。

今回紹介するのは、前者のゆがみのない90度レンズのHawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera No Distortion Versionになります。

 スポンサードリンク

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera No Distortion Version レビュー

HawKeye Firefly 8S 4Kの主な仕様

  • チップセット:Ambarella A12S75
  • ディスプレイ:2インチ LCD 640×480
  • ストレージ:MicroSD 最大128GB
  • バッテリー:1200mAh (充電時間は2時間)
  • 連続使用時間:1.33時間(スタンバイタイムは5時間)
  • サイズ:5.90 x 2.10 x 4.10 cm
  • 重さ:7g
  • レンズの広角:90度
  • その他の機能:リモートコントロール、防水、WiFi、防振、カメラタイマー

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー 4K動画が撮れるアクションカメラ解像度の説明参考画像

静止画ももちろん撮れますが、ビデオモードが豊富で、通常のビデオ撮影、タイムラプス撮影、CARモード、スローモーションとあります。解像度はビデオモードによって違います。種類が沢山あるので表にまとめてみました。

VIDEO CAR
4K 30fps 16:9
4k 25fps SView
2160p 30fps 4:3
2.7K 30fps 4:3
2.7K 30fps SView
2.7K 30fps 16:9
2.5K 60fps 16:9
2.5K 30fps 16:9
1440P 60fps 4:3
1440P 30fps 4:3
1080P 120fps 16:9
1080P 60fps 16:9
1080P 30fps 16:9
1080P 60fps SView
1080P 30fps SView
960P 120fps 4:3
960P 60fps 4:3
960P 30fps 4:3
720P 240fps 16:9
720P 120fps 16:9
720P 60fps 16:9
720P 30fps 16:9
720P 120fps SView
720P 30fps SView
4K 30fps 16:9
4k 25fps SView
2160p 30fps 4:3
2.7K 30fps 4:3
2.7K 30fps SView
2.7K 30fps 16:9
2.5K 60fps 16:9
2.5K 30fps 16:9
1440P 60fps 4:3
1440P 30fps 4:3
1080P 120fps 16:9
1080P 60fps 16:9
1080P 30fps 16:9
1080P 60fps SView
1080P 30fps SView
960P 120fps 4:3
960P 60fps 4:3
960P 30fps 4:3
720P 240fps 16:9
720P 120fps 16:9
720P 60fps 16:9
720P 30fps 16:9
720P 120fps SView
720P 30fps SView
タイムラプス スローモーション
4K 30fps 16:9
2160p 30fps 4:3
2.7K 30fps 4:3
2.7K 30fps 16:9
2.5K 30fps 16:9
1440P 30fps 4:3
1080P 30fps 16:9
960P 30fps 4:3
720P 30fps 16:9
1080P 120fps 16:9
960P 120fps 4:3
720P 240fps 16:9
720P 120fps 16:9
720P 120fps SView
カメラ静止画のサイズ
16M (4608 × 3456 4:3)
14M (4352 × 3234 4:3)
12M (4000 × 3000 4:3)
8.3M (3840 × 2160 16:9)
5M (2560 × 1920 4:3)
3M (2048 × 1536 4:3)

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー アタッチメントの種類と説明参考画像

アクションカメラはアタッチメントがかなり沢山つきますね。アタッチメントで自転車にマウントしたり、服や帽子などにクリップでとめたり、色々な使い方ができます。

ただの紙の箱に入ってきたので、その箱に大事に入れておくか持ち運ぶならば持ち運び用のケースを自分で準備する必要があります。

また、専用のアプリがあるようで、QRを読み込んで使用できます。まだそこまで使い込めてないので、アプリについてはまた後日レビューさせてください。

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー 梱包などの説明参考画像

ちなみに入ってくるケースはこんな感じです。持ち運びに使えないことはないけど、基本的に使うものって決まってるので、ケースは自分の使いやすい物を準備した方がコンパクトにまとめられるので私は好きです。

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー 4K動画が撮れるアクションカメラの防水性能について

HawKeye Firefly 8S 4Kは防水機能があるとの事ですが、アタッチメントケースに入れると水深20m迄耐水の効果があるようです。
ダイビングなどの趣味がある人は面白いかもしれない。


HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー USBコードの説明参考画像

microUSBコードで充電するのですが、少し形が変わっています。

左が通常のmicroUSBで、右がHawKeye Firefly 8S 4K用のMicroUSBになるので、代用は効きません。モバイルバッテリーから充電できるので、充電させるため持ち出したりするとは思うのですが、通常のMicroUSBではダメなので、専用のこのコードを持ち出す必要があります。

厳密に言うと、microUSB mini b が使われているようなので、替えが欲しい人は、microUSB mini b ケーブルを買い増しすればいいし、仮になくしても平気。

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー 三脚固定について

HawKeye Firefly 8S 4Kは本体に三脚固定のメス穴がついているので、気軽に三脚を使う気になるのが良いです。

手振れ補正のジャイロセンサーをONにできなくて困っていましたが、ジャイロをONにできるのには条件があって、動画撮影モードの1080P 60fps 16:9と1080P 30fps 16:9の場合のみがONにできます。この条件に気づくまで、4Kの手ぶれのひどさに悩まされました。

4Kなどで撮りたい場合は、三脚や雲台が必須という事にはなりますが、フルハイビジョン60fpsという高解像度で、ジャイロセンサーで手ぶれが防止できるので、価格に見合った十分に使えるアクションカメラだと思います。

実際どのような映像が撮影できるかサンプルを作成したので、ご自分の目で見てみてください。5分ほどあるので、少し長いですが、とてもきれいに撮影できていると思います。

当初UPした動画がHawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビューではなく、HawKeye Firefly 8S 4K Sports Cameraのアンチレビューみたいになってしまっていたので、新しく編集した動画に差し替えます。初め手ぶれがひどい汚い動画見てびっくりしちゃった人すみません!w

撮影サンプル動画一覧

 

HawKeye Firefly 8S 4Kの使用感まとめ

ジャイロセンサーが発動するのが、1080P 60fps 16:9と1080P 30fps 16:9のみという条件にはなりますので、4Kにジャイロがついていると想像した人はがっかりするかもしれません。どうしても手持ちで4Kを撮りたい場合は、アクションカメラ用のジンバルなどを別途準備する必要があります。

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー 4K動画が撮れるアクションカメラ

撮影した日が外の温度が35度とかで、車のダッシュボードは手で触れないほどの温度になっていたというのもあるのか、カメラが熱くなりすぎて、設定いじっていると何度もフリーズしてしまい、設定の変更に少してこずりました。

真夏日の外気の影響でカメラが異常なほど発熱していたのもあったので仕方ないかもしれないけど、少し熱に弱い印象を受けました。基本4Kを撮っていると発熱は避けられないのである程度は許容範囲ではあるのだけど、フリーズは困りますよね。

カメラのフリーズはバッテリーを引き抜いて強制再起動という力業でなんとか乗り切れるけど、その時に撮影していた映像が保存できなかったりとかもあったのでめちゃくちゃ暑くなる環境での用途は少し厳しいかも。

HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera レビュー 4K動画が撮れるアクションカメラ

HawKeye Firefly 8S 4Kは車のダッシュボードに固定する、またはバイクや自転車などのハンドルに固定するなど、手持ちではなく固定する使い方をすると抜群の映像が撮影できます。

4K動画が撮りたい場合は、三脚固定で雲台なんかを使って滑らかに移動させながら撮影したら、かなり綺麗な動画が撮れると思います。歩いて撮った映像は見るに堪えない映像だったけど、立ち止まって手持ちで撮った風鈴はそこまで悪くない印象。よくもないけど・・

次回三脚固定で、景色を映した動画で再レビューさせて頂こうと思います。外が暑すぎるので、いつになるか分かりませんがw

動画を見て頂いたら分かると思いますが、スローモーションがとてもきれいです。1080pで120fpsで撮れるのもすごいし、720pで240fpsで撮れるのもすごいと思います。

ウッドデッキにカメラを直置きして撮影しているのですが、手で持っていないので、ぶれがなく1080pや720pでもかなり鮮明な動画が撮れています。

例えば滝や、ゴルフのスイングを撮影するなど、三脚で固定して被写体を狙える場合には抜群な性能を発揮するカメラです。

ツーリングやドライブなどは、CARモードを使うとぶれに強くなり良い映像が撮れるので、用途次第では抜群の性能を見せてくれると思います。手持ちの限界は1080pだけど、三脚やジンバル使えば4Kもきれいに撮れるし、スローの描写の美しさはなかなかのものだと思います。

広角が90度なので魚眼っぽくならない、目で見たそのままの映像が残せるという点でも優れているカメラだと思います。

HawKeye Firefly 8S 4K 日本からの購入

HawKeye Firefly 8S 4K 日本からの購入

商品リンク:HawKeye Firefly 8S 4K Sports Camera No Distortion Version

※Gearbest初回購入の方は、こちらからご登録頂くと⇒「GearBestの特別割引50pt」がもらえるようです。
もしメール登録の画面がポップアップで出てこない場合は、一度このページをシークレットウィンドウなどで開きなおして、リンクをクリックしてみてください

ご購入の前にGearBestクーポンページをチェックすると、格安購入できるクーポンがあるかもです!
⇒「GearBest クーポン

クリックでジャンプ⇒HawKeye Firefly 8S 4Kの購入へ戻る